【2期7話視聴前に】ラブライブ!サンシャイン‼︎2期7話を「ゾウサモナク」楽しむポイント

この記事ではその回のネタバレをなるべくしないように、最新回を見る際に押さえておきたいポイントを記事にしてみよう。という感じでやります。

押さえておきたいポイントということはそれに関することが起きるわけで、遠回しなネタバレなるかもしれないです。そこはご了承ください。

以下ネタバレ防止スペース

 

 

f:id:gleebear:20171118235230p:image

いつものごとく最速の感想なのだけれど、今回は結構な急ぎで書いてるわ

 f:id:gleebear:20171118235329p:image

というのも、筆者が明日開催のとあるカードゲームイベントに行くのだけど諸々の準備がまだなの。

 

f:id:gleebear:20171118235507p:image

ああ、例の28点入れたら勝ちの「キャンセル!」とか叫ぶ、白とか黒とかゆうやつ?

 

f:id:gleebear:20171118235625p:image

元々カードゲームはそれなりにやってたけれど、「ラブライブ!」が参戦しているカードゲームってことで興味を持って今はそれがメインよ。

 

f:id:gleebear:20171118235958p:image

どんなに良いデッキ、完璧なプレイングをしても負けるときは負けるいわゆる「運ゲー」の要素が強いのが特徴ね。

 

f:id:gleebear:20171119000133p:image

しかし、その中でいかに「運」ではない部分で勝ちを引き寄せるかという楽しみ方もあれば

ファンデッキでガチデッキを倒すことも一応は可能という楽しみ方もある

 

 f:id:gleebear:20171119000453p:image

ここまで書いといてなんだけど別にそんなに強くないけどね。わかる人にはわかるように書くと「クライマックス8枚戻りしたのに4点とか5点が通る」「3連続でクライマックスをトリガー」っていうのが多発するのが筆者のヴァイスシュヴァルツらしいよ。

 

 

以前どこかで書いた気もしますが、ヴァイスシュヴァルツやってます。

どっちかというとファンデッキ寄りのプレーヤーで勝率とか勝てるデッキとかきかれると困るんですが…。

明日は弱いなりにがんばルビィ⌒°( ・ω・)°⌒してきます。

 

 

ここから先はネタバレ覚悟の方のみスクロール

 

 

 

 

 

 

 

Aqoursのルート確定 

これが見たかった。

その一言が今回のすべてです。サンシャイン‼︎のストーリーって2通りのルートが予想されていたかと思うんですが、今回でルート確定します。

 

・予選突破は?統廃合阻止は?

あまり書くのは避けたいのですが、人生そんなに甘くないです。

 

・まさかの挿入歌

意外な曲が挿入歌として使われました。

 

・鞠莉回だったの?

鞠莉がおいしいポジションだったような、そうでないような。

 

・「それまで泣かない!泣くもんか!」

2期1話で千歌が言ったセリフ、統廃合阻止までは泣かないという決意ですが、あるシーンでこのセリフが効いてきます。

【感想記事】ラブライブ!サンシャイン‼︎ 2期第6話「Aqours WAVE」

今までのやり方では乗り越えられない強大な試練、

そして知る、あまりの危険さに封印された必殺技の存在、

かつてその技に挑み、大切なものを失った先輩は反対をする。

それでも挑戦したいんだと、危険を承知でひたむきに挑戦する姿はいつしか反対していたはずの先輩の心を動かしていく。

 

だが、あと一歩何かが足りずに成功しない。

そんな時、訪れる一つの気づき

 

そして、満を持して披露される

f:id:gleebear:20171118135330p:image

新必殺技!

 

まさかラブライブ!でこんな展開があるとは。

 

熱いです!

燃えつきるほどヒートです!

少年のハートをわしづかみにすること間違い無しのラブライブ!サンシャイン‼︎第6話「Aqours WAVE」感想記事、今回も駄文100%でお送りします。

 

○アバン

前回のラブライブ!サンシャイン‼︎はルビィ。

5話、本当に良かった。

 

 f:id:gleebear:20171118131618p:image

パソコンを食い入るように見つめる1・2年生。

また何かあるのか?と思ったら

 

地区予選の会場発表でした。

 

地区予選は前回と同じ会場、日本ガイシホールで行われることになりました。

まさに前回のリベンジです。

 

その頃、3年生は…

 f:id:gleebear:20171118131751p:image

なにやら問題発生の予感。

 

前回、50人を達成して余裕かと思われた統廃合回避、現在の入学希望者は57人。一気にペースが落ちました。

 

あと一ヶ月足らずで100人を集めなければいけない。ちなみにその期限はラブライブ!地区予選の日でもあるようです。

f:id:gleebear:20171118132013p:image

つまり、次の地区予選が…

 f:id:gleebear:20171118132058p:image

Yes, last chance!

 f:id:gleebear:20171118132133p:image

そこに懸けるしかないということですね。

 

ラストチャンス!知らぬ間に電車は動き出していたり、街の灯に自分を重ねてみたり…

 

f:id:gleebear:20171118132235p:image

そんな感じでオープニングです。

 

○前半パート

 f:id:gleebear:20171118132416p:image

地区予選に向けて練習にも気合いが入ってます。今回の練習の指揮は鞠莉です。

曲作りだけでなくダンス指揮も複数人でできるのがAqoursの強みです。

 

f:id:gleebear:20171118132552p:image

腕の角度を合わせたい。このポーズは後々ちゃんと出てきましたが、それよりも…

 f:id:gleebear:20171118132707p:image

でけえ!国木田山脈は今日も雄大にそびえ立っています。

渡辺さんも思わずガン見です。

 

そんな渡辺曜さんがあるものを発見しました。

 

ネットで全国大会出場が有力視されているグループなるものがあったようです。

 

f:id:gleebear:20171118132804p:image

その中にはあのSaint Snowも。さすがは北海道の期待の星です。

前回の地区大会ではトップ通過、決勝では8位入賞したそうな。

 

こいつらも成長してた!東京のイベントで9位だったのが全国のトップレベルまでいった。

是非ともその経緯をスピンオフ作品とかで見てみたいです。

姉の聖良は今回がラストチャンス。

最後にかけてみたいんだ!このままじゃ終われないから!

キブミーアチャーーンス!

 

 

 

ラストチャンス

ラストチャンス

 

 

 宣伝は基本です。

 

 

そして、Aqoursも有力グループに入っていました。

 

予備予選(マイマイ)のパフォーマンスが評価されているようです。

 

f:id:gleebear:20171118132952p:image

ふふふ…

 f:id:gleebear:20171118133041p:image

このヨハネの堕天使としての闇能力を持ってすれば

 f:id:gleebear:20171118133112p:image

その程度造作もないことです!

 

はい、いつものやつ

 f:id:gleebear:20171118133151p:image

そう、造作もないことです!

 

 

 

 

増えたぁぁぁぁ!?

 

まさかの梨子が、厨二病に感染です。

f:id:gleebear:20171118133319p:image

きっかけは前回のあれですね。

 

ここにリトルデーモン・リリーが誕生しました。

ようこそ、深遠なる闇の世界へ。

 f:id:gleebear:20171118133421p:image

うぇるかむ とぅ へるぞーん♡

 

f:id:gleebear:20171118133607p:image

1期のこれが嘘みたいな厨二っぷりです。

 

 

 

さて、梨子がこちら側になったことをもっと祝福したいところですが、そうも言っていられない新事実が。

 

地区予選の審査は会場とネットの投票で行われるらしいです。

会場には出場校の生徒が応援に来る、ということは会場の投票は生徒数の多い学校の方が有利。梨子を入れても75人の浦の星は圧倒的に不利…ということらしいです。

 

ならば地域の人たちの協力で…と思いましたが、それは鞠莉の言う「自分たちで」に反するのでNGなのでしょうか?

 

f:id:gleebear:20171118133731p:image

圧倒的に不利な状況、それを打開する鍵が前回も出てきたこのノートのようです。

 

f:id:gleebear:20171118133837p:image

ダイビングショップ兼自宅(リアルではカエル館)前で夜風に吹かれる果南、

 f:id:gleebear:20171118133924p:image

あのノートもあります。

 

 

f:id:gleebear:20171118134017p:image

ダイヤと鞠莉がやってきました。かつてスクールアイドルをしていた3人にはこの窮地を打開する策がある、ということですね。

 

かつてのAqoursにまつわるノート、そこに書かれているものを成功させられれば今のAqoursはさらに上を目指すことができる。

 

f:id:gleebear:20171118134221p:image

可能性に懸けるしかない、あの頃と想いは変わっていないと言う鞠莉

学校の存続のためにやれることはやる、それが生徒会長としての義務だ、それに今は9人いるのだと言うダイヤ

 

それでも果南は挑戦を拒否します。

高みを目指していたのは果南も同じ、しかし届かなかったばかりか鞠莉のケガの原因を作ってしまった。

 f:id:gleebear:20171118134352p:image

鞠莉はケガをしているのに無理をしてまでスクールアイドルにこだわった。それは鞠莉自身の未熟さですが、そうさせてしまった責任は果南にだってあった。

鞠莉がどのような経緯でケガを負ったにしろ、果南が高みを目指してしまったことが鞠莉に危険を冒させてしまった。

 

ましてや今は1・2年生もいます。

かつてAqoursの挑戦したもの、となれば反対する者はいないでしょう。それは後輩たちを危険な目に合わせることになる。

ケガをする者が出るかもしれない。

 

届かないものに手を伸ばしたばかりにかつてのAqoursはバラバラになってしまった。

今のAqoursもかつてのAqoursのように亀裂が走ってしまうかもしれない。

 

1期8話で果南が言った「誰かが傷つく前に諦めるべき」という意見はかつての果南への言葉でもあったのでしょう。

 

果南は挑戦を拒否します。

 

f:id:gleebear:20171118134627p:image 

おそらくは2年間大事に持っていたであろうノートを海に捨てる果南

 

ノートさえなくなればもう届かないものに挑戦して誰かを傷つけないですむ。

f:id:gleebear:20171118134741p:image 

f:id:gleebear:20171118134818p:image

しかし、それをさせまいと鞠莉は海に飛び込みます。

 

見事にノートを回収した鞠莉は

f:id:gleebear:20171118134917p:image 

過去を否定しないと果南に言います。

 

鞠莉にとって2年前のAqoursとしての日々は輝かしい未来を犠牲にしてまで掴んだものでした。それが鞠莉を執着させ、歪ませてしまったものだったとしても鞠莉にとって2年前の Aqoursは意味のあるものだった。

 

1期9話あたりのテンションでいくとこの後に延々とかなまりダイについての考察を書くところですが、まだ前半パートも終わってないので

 

あの時に夢見たことをやり遂げて私たちのAqoursを完成させたい

 

という鞠莉の言葉を胸に刻んで次のシーンへ

 

梨子が何やら唸ってますが、

f:id:gleebear:20171118135138p:image 

しいたけに念を送ってこっちを向かせたかったようです。

すっかり堕天してやがる。

 

前回まで犬を見るだけで逃げ出していたのがこうなるのだから人生はわからないものです。

 

千歌は電話中、

 f:id:gleebear:20171118135442p:image

相手はもちろんSain Snowの聖良です。

 

生徒数の少ない浦の星はどうしたらいいか。

聖良の答えは「圧倒的なパフォーマンスで生徒数のハンデを逆転する」です。

 

ならば技術を磨けばいいかといえばそうでもない。

「技術的にどんなに高いレベルにあってもラブライブ!を形づくった先駆者ほどの輝きはない。手の届かない光がある。」と聖良は付け加えました。

 f:id:gleebear:20171118135612p:image

f:id:gleebear:20171118135658p:image

余談ですが、久しぶりに理亞も登場しました。

 

千歌はメンバーにききます。

f:id:gleebear:20171118135942p:image

私たち= Aqoursの輝きとはなんなのか?

 Aqoursらしさとはなんなのか?

 

それを見つけることが大切だとわかったのに、それがなんなのか形になっていない。

 

f:id:gleebear:20171118135806p:image

それを聞いた3年生、

かつてのAqoursが成し遂げられなかった

かのノートに記されし、禁断の技の存在を明かします。

f:id:gleebear:20171118140039p:image 

最高のタイミングで舞い込んできたなにやら少年誌っぽい展開に千歌は食いつきますが、

 

果南は反対します。

危険で、センターはもちろん他のメンバーにも負担が大きい。そこまでしてやる意味はあるのか?

 

ここからはもはや少年誌ならばおなじみの展開

 f:id:gleebear:20171118140454p:image

今そこまでしなくていつやるの?

 

今でしょ!

※アニメに林修は出ていません。このセリフもありません。

 

今こそ足掻いてやりたいことは全部やる時だと千歌は食い下がり、ダイヤと鞠莉の後押しもあって、

危ないと感じたら棄権してでも止める

という条件のもと千歌は封印された技に挑むことになりました。

 

さて、練習にとりかかる千歌ですが、

f:id:gleebear:20171118140638p:image

ふすまをぶっ飛ばすほどの勢いで失敗します。

 

f:id:gleebear:20171118140811p:image 

家では練習できず砂浜で練習する千歌、

 f:id:gleebear:20171118140845p:image

見守るかなまり、

かつての失敗を知りながらも今の可能性を信じる鞠莉、かつての失敗を知るからこそ今の可能性を潰したくない果南。

あの時やりたかったことの命運を後輩に託して

 f:id:gleebear:20171118142351p:image

ここでアイキャッチ

 

○後半パート

 

浦の星の体育館での練習、

 f:id:gleebear:20171118142459p:image

挑戦を決めてから5日、失敗続きの千歌は明らかに無理をしています。

f:id:gleebear:20171118142606p:image

なぜそこまでするのか。

 

1期3話でのファーストライブ、さらにそれから先も何度も千歌は周りに助けられてここまで来ました。

メンバーはもちろん、浦の星の生徒たち、地域の人たちにも。

そんな人たちへの恩返しをしたいと千歌は挑戦を続けますが、

 

うまくいない。千歌を心配する曜と梨子に果南は「二人で止めれば」と言います。

 

しかし、二人は千歌が頑張るその根底にあるコンプレックスを知っている。だから止められない。

曜が千歌の普通コンプレックスに気づいている。これはさらっと重要な情報が出ました。

 

輝いている周りの人を見ているだけの無力感、

自分を卑下するあまり自分自身も輝いているのだと気づかない劣等感、

一歩引いてしまう臆病さ、

自称「普通怪獣ちかちー」

それが千歌です。

しかし、それゆえに自分の力でなんとかしようと思う。

届くはずのものまで届かないと思い込んで、それでも手を伸ばす。

 

果南にとって妹とも言える千歌のひたむきさが果南を動かします。

f:id:gleebear:20171118142812p:image 

果南は千歌にある条件を伝えました。

 

その夜、梨子は千歌がまた練習に出かけたことを知り、

f:id:gleebear:20171118142907p:image 

千歌の練習を見守る曜と合流しました。

 

果南が千歌に出した条件、それは

明日の朝までにできなければ諦める

 というものでした。

 

挑戦していたからこそ、果南は千歌が無理をしていることを、無理をしてでもやり遂げたい気持ちを、無理をした先にある危険を、理解できてしまう。

 

あと少しなのにできない。

どこがダメなのか?千歌は悩みます。

f:id:gleebear:20171118143209p:image 

f:id:gleebear:20171118143303p:image

千歌に手を差し伸べる梨子と曜、

 f:id:gleebear:20171118143345p:image

1年生も駆けつけてきました。

 

成功しなければと意気込む千歌、

 

しかし、飛べない。

f:id:gleebear:20171118143428p:image 

みんな応援してくれているのにどうしてできないのか?なにもできていないのに終わりたくない!

千歌を襲うのは焦りと無力感。今まで何度も「何もできない」と思い知らされてきた千歌にとってのトラウマの引き金です。

 

だが、それを打ち砕く存在が今の千歌にはいました。

 f:id:gleebear:20171118143507p:image

普通怪獣りこっぴー! 

普通怪獣ヨーソロー!

 

お前たちのような普通がいるか!とツッコミかけましたが…彼女たちもまた千歌と同じ普通に過ぎないのです。

 

千歌にとって一番足りないものを気づかせるために、二人はラブライブ!サンシャイン‼︎の根幹とも言える、しかし千歌が見落としている重要な事実を千歌に伝えます。

 

f:id:gleebear:20171118143807p:image 

千歌のおかげで Aqoursは始まった

のです。

 

千歌は自分を「普通」と卑下するが、普通と思い込んでいながらも千歌は諦めずに挑みつづけた。「何もできないから何もしない」ではなく「何もできないから何かしたい」ともがき続けた。

それが8人のメンバーや学校や地域を動かしたのがラブライブ!サンシャイン‼︎です。

 

1期8話でもあったように、千歌と一緒にいることを「自分で決めて」Aqoursは9人になったのです。助けたくて千歌を助けたのです。

だから千歌は恩返しなどしなくて良い、千歌の思うままに飛べばいいのです。

 f:id:gleebear:20171118143922p:image

f:id:gleebear:20171118143949p:image

千歌の前に来る1年生、よく見るとボロボロです。千歌が成功すると信じていたから自分のポジションの練習をしていたのでしょう。

 

 f:id:gleebear:20171118144100p:image

夜が明けて、果南との約束の時間です。

3年生もボロボロ。

反対していた果南ですが…もうこの時点で果南の答えも出ていたようです。

 f:id:gleebear:20171118144143p:image

やってきたことの意味に胸を張って千歌は駆け出します。その先に待つのは果南、

 

挑戦することで失うものを知り、同じ思いはさせまいと千歌を止めようとした果南、

 f:id:gleebear:20171118144217p:image

「ありがとう。千歌。」

抗いつづけて可能性を見せてくれた千歌を、意志を受け継いでくれた千歌を、感謝の言葉で果南は迎えます。

 

そして、誕生した伝説のフォーメーションを引っさげて、演奏されるのは

Aqoursの地区予選曲

 f:id:gleebear:20171118144404p:image

「miracle wave」です。

 f:id:gleebear:20171118144537p:image

これ、あんちゃんが飛ぶんですよね。

果南が言ってましたが、センター以外も負担の大きい曲っぽいです。

 

無事に演奏も終了し、

千歌が色々言ってましたが、最後の一言

みんな信じてくれてありがとう

これだけでもうお腹いっぱいです。

 

f:id:gleebear:20171118144634p:image

果たして、 Aqoursは地区予選を突破できるのか?統廃合阻止は達成できたのか?

そんな不安も後回しに今は余韻に浸りつつ、ラブライブ!サンシャイン‼︎2期第6話「 Aqours WAVE」終了です。

 

○まとめ

ラブライブ!は青春スポコンアニメ」と言われてかなり経ちますが、ここまでスポコンをやるのは初めてな気がします。

この話では二人のメンバーに焦点が当てられました。千歌と果南です。

 

・千歌

今回千歌は何度も飛ぼうとしては失敗しました。そして、千歌自身が今までの自分を肯定したことで飛べた。

「飛べるかどうか」このフレーズはラブライブ!をμ'sから応援してきた人にはピンとくるものがあると思います。無印劇場版では穂乃果が「飛ぶ」シーンが二つありました。

今回の千歌の飛べるまではその二つと重なります。

 

無印劇場版冒頭のシーンで穂乃果は何度も水たまりを「飛ぶ」ことに失敗しては、「どうしてできないのか」とやけになります。そんな時、どこかから聴こえてきた歌によって穂乃果の思考は「なぜできないのか」から離れます。そして、穂乃果は水たまりを飛ぶことができました。

 千歌も「なぜできないのか」に気を取られ、やけになっていました。「なぜできないのか」を問いつづける限り、千歌は飛べなかった。

 

劇場版で穂乃果が2回目に「飛んだ」のは物語の終盤、「いつだって飛べるあの頃のように」でおなじみのシーンです。

アニメ2期でμ'sは3年生の卒業とともに活動を終えることを決めました。しかし、劇場版でスクールアイドルとして成功を修めたμ'sは3年生の卒業後も活動を続けることを周囲から期待されます。

周りの期待に応えるためにどうあるべきか。μ'sを終わらせることは間違いなのか。穂乃果は悩みます。

結局、穂乃果はμ'sを終わらせるという自分たちの選択を信じました。周りの期待のため以外に飛ぼうとしたことで穂乃果は「飛ぶ」ことができました。

千歌は周りの期待に応えるために飛ぼうとしました。そして飛べなかった。

 

「なぜ、できないのか」と問うことも周りの期待に応えることも大事です。しかし、千歌に必要なのは自分を認めることでした。

1期の頃から千歌のテーマは「無力感」です。何もできないというコンプレックスが千歌の根幹にあり、何もできないからこそ何かを成し遂げたいというのが千歌の原動力です。

曜と梨子の言葉によって千歌は普通である自分を否定ではなく肯定しました。

コンプレックスを抱きながらも走り続けたここまでの道が千歌の武器である、これが今後の鍵になるはず。

 

・果南

5話で「2年前のことが果南の中で引っかかっているならそこで一波乱あるかも」と書いていたのがまさかこんなに早く実現するとは。

 

「自分のせいで誰かが傷つく」というのが果南にとっての急所のようですね。2年前の鞠莉の一件しかり、自分の選択のせいで不幸になるであろう人がいるなら選択すること自体が悪になる。

2期にしてようやく果南自身の掘り下げがされてきたかなという感じがします。

 

1期8話あたりの記事で「果南が止まっているなら、それを動かすのは普通コンプレックスを抱きながらも挑戦する千歌なんじゃないか」と書いたのですが、

【考察記事】ラブライブ!サンシャイン‼︎ 第8話「くやしくないの?」 - 音ノ木坂&浦の星 非公式研究室

実現しました。1期9話で果南はあまり挫折してなかったかのような描かれ方をしていて、盛大に外したと思っていましたが…。

実はがっつり挫折が尾を引いていたようで、当時の私の考察はそれほど的外れではなかったようです。

 

果南にとって今のAqoursは可能性の塊なのだと思います。だから、かつて自分たちが越えられなかった壁に挑戦させるわけにはいかなかった。

可能性を守るために夢を見ない。

今回判明した果南の現実的な一面ですが、

鞠莉の可能性のためには廃校阻止という夢を捨てたのはもちろん、家のために休学をしたり1期でも果南は現実側の人間でした。

 

「夢を見て、届かないものに手を伸ばして、できるかどうかわからないけどやってみる。 」

などというのは今の果南のするところではない。ノートを大事に抱えながら、失敗する恐怖から挑戦することを否定するしかなかった。

先輩という立場からしても、果南は夢を見ることができなかった。

 

しかし、果南が届かないと諦めたものに千歌は挑戦し続け、果南の心をまた夢に引き戻してくれた。

 

だから「良くやった」でも「お疲れ様」でもなく、「ありがとう、千歌」なのです。

 

次回は第7話「残された時間」

 f:id:gleebear:20171118145436p:image

f:id:gleebear:20171118145551p:image

f:id:gleebear:20171118145520p:image

f:id:gleebear:20171118145708p:image

6話ラストが100人ノルマの期限なので統廃合するかどうかは答えが出るはず。

統廃合関連だとして鞠莉回でしょうか?

….鞠莉回ですよね!

 

この記事内の画像については、個別に表記していないものはすべて
©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
出典:U-NEXT
となっています。

【サンシャイン‼︎曲感想+α】第2期エンディング「勇気はどこに?君の胸に!」

ラブライブ!サンシャイン‼︎曲感想記事

2期の第2回はエンディングテーマ

勇気はどこに?君の胸に!」です。CD発売までに書こうかなと思っているうちに今週発売です。

※なお、この記事は2期6話「Aqours WAVE」の放送週に書いています。

 

○この曲は…

ラブライブ!サンシャインの第2期のエンディングテーマです。(2回目)

ラブライブ!のエンディングテーマは各回の最後のシーンでイントロが流れはじめる演出がおなじみですね。

イントロを聴くと各回のラストが脳裏に浮かんできます。

 

○映像

エンディングの映像を追いながら一言くらいずつコメントしていきます。

勇気を出してみて 本当はこわいよ

僕だって最初から できたわけじゃないよ

 f:id:gleebear:20171113220130p:image

まずはひたすら千歌が走ります。

ハシッテンナー。 

 

 

いっぱいつまづいた

悔しい思いが

f:id:gleebear:20171113220539p:image

 f:id:gleebear:20171113220355p:image

アンニュイな表情から微笑む梨子

 f:id:gleebear:20171113220650p:image

そしてヨーソロー

 

強さをくれたんだ

f:id:gleebear:20171113220843p:image 

一人ずつ顔を出す1年生

 

諦めなきゃいいんだ

 f:id:gleebear:20171114054923p:image

2年生→1年生、とくれば当然3年生

場所はもちろんスクールアイドル部の部室

 

信じてみたいと君の目が濡れて

 f:id:gleebear:20171114055105p:image

羽の舞う中で夕焼け空を見上げている千歌、

f:id:gleebear:20171114055259p:image 

目が濡れるどころか涙が溢れる。

千歌は1期で「廃校阻止まで泣かない」と宣言しました。これは廃校を阻止したようには見えませんが果たして…

 

迷う気持ちも 涙も ばいばい 

海に落ちる千歌

 f:id:gleebear:20171114055426p:image

一瞬驚くものの、

 f:id:gleebear:20171114055639p:image

勢いよく海から飛び出す!

2期での千歌の力強さを象徴するようなシーン

一つ前のシーンとは対照的に表情は明るい。

 

ずっとずっと

f:id:gleebear:20171114060154p:image 

サンシャイン‼︎2期で唯一ともいえる鳥が飛ぶシーンです。

 

何度だって追いかけようよ 負けないで

心配なんてだれでもあるよ

 f:id:gleebear:20171114064023p:image

バス内でわちゃわちゃする2年生

今まではメンバーが一列になっていたサビ始めですが、バス内のシーンになってます。

 

夢は消えない 夢は消えない

 f:id:gleebear:20171114064144p:image

2年生だけだった盛り上がりにダイヤと1年生が参加しました。

それまでいつも通りだったところからいきなり参加するというフラッシュモブみたいな感じになってます。

 

何度だって追いかけようよ負けないで

こっちに手を振る7人

しかし、果南と鞠莉は淡島なので帰りにバスを使わないためここにはいない。

 

と、思いきや!

 f:id:gleebear:20171114064309p:image

座席の陰から果南と鞠莉が登場!

 

だって 今日は

今日で だって

 f:id:gleebear:20171114064427p:image

9人でめちゃくちゃ手を振ってます。

 

目覚めたら違う朝だよ

無印2期のエンディング「どんなときもずっと」では空から降ってくる羽根を掴むシーンがあり、そこに登場するメンバーが1話ごとに変わっていました。

 

それに相当するのがここの部分です。

バスから降りてくる→海を背景にポーズ、のメンバーが毎回変わります。

ここについてはこの後で1話ごとに振り返っていきます。

 

ああ 太陽が 笑いかけるよ

 f:id:gleebear:20171114064549p:image

f:id:gleebear:20171114064654p:image

海辺で手を繋ぐ 9人

1期エンディングでも同じシーンがありました。

 

そして、妙にリアルな波打ちぎわからの

 f:id:gleebear:20171114064803p:image

砂に書かれた「Aqours」の文字で終わる。

 

無印の2期やサンシャイン‼︎の1期エンディングでも似たシーンがありました。今後のシリーズ(あるという前提で)でもグループ名で締める流れができそう。

 

○バスから降りてくるシーンの変遷

目覚めたら 違う朝だよ

の部分は毎回違う映像になります。

1話ごとに振り返っていきます。

・1話

 f:id:gleebear:20171114065151p:image

f:id:gleebear:20171114065252p:image

千歌が降りてきて微笑む。

 

・2話

f:id:gleebear:20171114065600p:image

f:id:gleebear:20171114065426p:image

花丸でした。ソックスが長いので足の時点で気づけた人もいたのでは?

 

・3話

特殊エンディング(君ここ)だったので無し

 

・4話

f:id:gleebear:20171114065753p:image

f:id:gleebear:20171114065840p:image

曜です。もちろんヨーソローしました。

ただ、この話はダイヤの個人回。なぜダイヤではないのか?

 

その疑問に一つの可能性を示したのが

・5話

 f:id:gleebear:20171114070158p:image

f:id:gleebear:20171114070219p:image

梨子

f:id:gleebear:20171114070301p:image

からの! 

 f:id:gleebear:20171114070342p:image

善子アンド梨子、まさかの二人です。

 

・6話

特殊エンディング(miracle wave)なので無し。

 

 ○今後の予想

ここからは予想です。

外れるのを前提で書いていきます。

まず、4話でダイヤではなく曜だったこと、5話では善子と梨子の二人だったことから予想されるのは

 

ダイヤは今後2人組の片方で出てくるから4話では出なかったのではないか?ということです。

 

では、誰か?

残りはルビィ、果南、鞠莉です。

 

やはりここは姉妹回があり、ルビィと組ませるのではないかと思います。

姉妹回がいつかというのは

・すでに7話のサブタイトルは出ているので8話以降

・3話と6話が特殊エンディングだったので3の倍数は特殊エンディング?ということで9話を除外

・11話〜13話は恐らく話のまとめに入るので外す

 

として、8話か10話に姉妹回があり、ダイヤとルビィがバスから降りてくるのではないかと予想します。

 

上記のことを踏まえてさらに残りの話でバスから降りてくるメンバーを予想していきます。

 

まず、次回の7話は誰か?

「残された時間」というサブタイトルから考えていきます。

これは100人ノルマまでのリミットが6話終了時点でほぼなくなっていることから、統廃合問題の話になるのでは?

そして、次回予告のシーンで鞠莉だけがなぜか一度も出てきていないというのが気になります。

 

あえて出さないことで後から見返して「そういえば」というのを狙っているのでは?というところから7話は鞠莉に焦点が当たる→鞠莉がバスから降りるのではないかと思います。

 

次に12話と13話についてです。

ここはどちらかで9人全員がバスから降りてくるのではないかと予想します。そして9人全員出ない方が特殊エンディングになるのでは?

 

さて、これまでの話を整理すると

7 鞠莉

8 黒澤姉妹

9 特殊エンディング

10 黒澤姉妹(8話でやってない場合)

11 

12 9人or特殊エンディング

13 特殊エンディングor9人(12話でやってない方)

 

となり8話と10話のどちらか、11話が空いています。どれかが果南になるとしてあと一つはどうなるのか?

 

ここで思ったのは、

もしかしたら誰も降りてこない話があるのではないでしょうか。

なんらかの理由でAqoursが活動休止せざるを得なくなる。活動を続けるのが困難になる。

そんな状況になって誰も降りてこない。

これは物語の終盤にやってほしいところなので、11話は誰も降りてこないということにしておきます。

 

ということで… 

【最終予想】

 7 鞠莉
8 黒澤姉妹or果南
9 特殊エンディング
10 果南or黒澤姉妹(8話でやってない方)
11 誰も降りてこない
12 9人or特殊エンディング
13 特殊エンディングor9人(12話でやってない方)

 このように予想します。多分1つでも合ってればいい方です。

 

 ○まとめ

1期エンディングのユメユメ以上に力強く、「君ならできるんだ!」とひたすら励まされる曲ですね。2番以降も聴いてみたいです。

バス降りるシーンの予想は…当たってほしいですが、外れるの覚悟です。

夢は消えなぁぁぁぁい!

 

この記事内の画像については、個別に表記していないものはすべて
©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
出典:U-NEXT
となっています。

 

 

 

 

 

【2期6話視聴前に】ラブライブ!サンシャイン‼︎2期6話を「運命的に」楽しむポイント

この記事ではネタバレをなるべくしないように、最新回を見る際に押さえておきたいポイントを記事にしてみよう。という感じでやります。

押さえておきたいポイントということはそれに関することが起きるわけで、遠回しなネタバレなるかもしれないです。そこはご了承ください。

以下ネタバレ防止スペース

 

f:id:gleebear:20171112000659p:image

前回は梨子ちゃんが犬嫌い克服で全国を沸かせたわけだけど、

 なんだかんだで1クールのうち1/3は過ぎちゃったね。

 

f:id:gleebear:20171112001109p:image

あと8話でどこまでやれるのか、楽しみだね。

 

f:id:gleebear:20171112001741p:image

巷ではルビィとお姉ちゃんの姉妹回がほぼ確定みたいに言われていたりいなかったりするけど、

そうなるとお姉ちゃんは2回目の個人回になるんだよね。

   

f:id:gleebear:20171112001912p:image

そこはちゃんとルビィをメインに、わたくしがそれを引き立てるサブでありながらも姉妹の絆を鮮やかに演出するに違いないですわ!

 

f:id:gleebear:20171112002122p:image

それにかのμ'sでも矢澤にこさんは個人回が2期あったとか。わたくしが2回あっても問題なし、ですわ!

(にこさんは1期と2期で1回ずつだったんだけど、それは言わないでおこう)

 

2期も中盤に突入、これからが楽しみでもあり終わりが近づくのが寂しくもあります。

なんだかんだで3期とか劇場版もやりそうですがまだ発表がないうちはどうなるかわからないですね。

 

 

 

 

 

今回の見どころを知りたいという方はこのままスクロールを。

 

 

 

 

 

 

 

・100人ノルマ達成に暗雲が

達成できると思われた100人ノルマ、なかなかうまくいかないようです。だからAqoursは全力を出さないとなのですが…

 

・前回の後遺症

前回は善子と梨子の話であり、ふたりの距離がぐっと縮まりました。そう、善子と梨子は仲良くなったのですが…それが思わぬ影響を与えてしまいました。

 

・千歌が必殺技?を習得

ギャグ的な意味ではなく、千歌が必殺技を手に入れます。これはある人物がかつて挫折した思い出と結びつくために封印されていたものです。じつは前回にその前フリが。

 

・2年前のAqoursの一件

実は果南にも原因の一端はあったようです。それが今回明かされるのですが、「そこはたしかに1期では伏せていたよな」と思いました。

 

Saint Snow

今回も出番あり。しかも、2期に入ってから一番多いです。

 

・千歌の武器とは何か?

今回の話のテーマです。1期でもそんな話があったような。

 

・新曲

あります。しかも、Aqoursのです。

 

 この記事内の画像については、個別に表記していないものはすべて
©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
出典:U-NEXT
となっています。 

【感想記事】ラブライブ!サンシャイン‼︎ 2期第5話「犬を拾う。」

2017年11月4日、この日…

歴史が動いた!

 

歴史的和解、終戦記念日、しいりこの壁崩壊、後の人々がどう呼ぶかはわからない。

一つたしかなことは

 f:id:gleebear:20171110225528p:image

桜内梨子は自らの意志で扉を開いたのである。

 

さて、第5話「犬を拾う。」

予想通りやってくれました。ついに梨子が犬嫌いを克服。しかも、そこに善子が関わるというこれ以上ない展開です。

 

では、早速ですが梨子と善子の軌跡を辿っていきましょう。

 

○アバン

前回のラブライブ!サンシャイン‼︎は果南。

今回はなかなかうまくまとめていました。

 

プラザヴェルデでの練習シーンからスタート

また雨が降ってます。

 f:id:gleebear:20171110224707p:image

予備予選が10月はじめだったとすると、作中では10月の中旬でしょうか。

 

台風の影響か雨と風が強くなり練習を早めに切り上げることになりました。

 

入学希望者は50人まで増えたらしいです。このペースで増えると100人まですんなりいきそうですが、ここからまだ一波乱ありそうです。

 

f:id:gleebear:20171110224937p:image

鞠莉の渾身のギャグ、待てば海路(カイロ)の日和あり

これは海路とカイロをかけた…

 

 

 雨風が強いので迎えの車で帰るようです。

高海家車→千歌、梨子、果南、曜

もう一台→ダイヤ、ルビィ、花丸、鞠莉

 というグループ分け。

 

 f:id:gleebear:20171111105607p:image

もう一台は鞠莉が助手席に乗ったところを見ると小原家でしょうか?今回については危険なので小原家の手を借りるのもやむなしでしょう。

 

善子は家が近いのでそのまま歩いて帰ることに。近いといってもプラザヴェルデから津島家(リバーサイドホテル近く)はそこそこ距離があるので歩きは危ないです。

 

 f:id:gleebear:20171111081153p:image

厨二病特有の"なんか嵐とかくるとわくわくするよね〜"テンションの善子、

傘が飛ばされてしまいました。

 

嵐にもかかわらずひっくり返らない傘のフレーム強度に驚きつつも

 

f:id:gleebear:20171111081304p:image

傘の飛ばされた先には何かがあった!

 

f:id:gleebear:20171110225747p:image

ここでオープニング

 

○前半パート

場面も日にちも変わって千歌の家、

 f:id:gleebear:20171111081412p:image

梨子がしいたけを克服しようとしています。

 f:id:gleebear:20171111081603p:image

しかし、やはりしいたけに触れられない梨子

 

犬には見ただけで敵と味方を見分ける「不思議な力」があると千歌は言います。

「不思議な力」というキーワードが出ました。

 

 f:id:gleebear:20171111081707p:image

メンバーで集まって次の曲のテーマを話しあうことにしたようですね。テーマから考えるのは2話でもやった方法です。

 

今のところ出ているのは善子の「暗黒」のみ

 

すかさず千歌は「輝き」を提案!

 

またか!1期1話から輝きを目指し続ける千歌。

一貫性があるのは良いことですが新しい発想も必要。

 

 f:id:gleebear:20171111083506p:image

前回少しだけ出たSaintSnowは新曲を発表していました。

 

そして、鞠莉は

 f:id:gleebear:20171111083602p:image

寝ていた!

きっと理事長としてなんやかんやで疲れているのでしょう。

1期でやった起きてます偽装はあっさり見破られてしまいましたが、今回は2段構えという謎のこだわりです。

 

f:id:gleebear:20171111083851p:image 

 さらに善子はいつのまにか逃亡。

 

前回のフリマといい、鞠莉と善子は我が道を行っています。

ヨハマリがきています。

 

f:id:gleebear:20171111090031p:image 

逃亡した善子はジャンボエンチョーで買い物です。ジャンボエンチョーって何?って人もいるかもしれませんが、一言で言うならホームセンターです。

 

場面は変わって桜内家です。

f:id:gleebear:20171111090121p:image

梨子が善子ママが忘れて行った携帯を届けに行くことになりました。

善子ママと梨子ママの交流は2期1話で出ていました。

 

ということで内浦から沼津まで携帯を届けにきた梨子。

ここまでどうやってきたのか?内浦→沼津のバスの最終は早いと1話で言っていたような。

 

f:id:gleebear:20171111090220p:image

善子の家の近くの神社(上土神社)で謎のケージを発見…と、その時

 f:id:gleebear:20171111090459p:image 

背後からの奇襲!

 

オープニング前に善子が見つけたのは犬でした。

 

犬が苦手は梨子は「かわいい」と言いながらも離れていきます。

 

そんな梨子に犬をけしかけるという

まさに鬼畜の所業!

 

さらに、

津島家は動物禁止のため飼えない

他のメンバーは

黒澤姉妹、花丸→色々と面倒

果南→家が客商売だから

鞠莉→ホテルなので

千歌→しいたけがいる

という理由でダメなので飼い主を探す間、一時的に犬を預かってほしいと梨子に頼む。

 

んー、うん。まあ…

千歌はしいたけがいたとしても一時的に一匹増えるくらいなら引き受けそうだったり、

曜は理由らしい理由がないのにダメだったり、

梨子は犬がダメというのは理由になるんじゃないかだったり、

話してもいないうちから許可を取るのが面倒とか言うのはどうなのかなとか、

つっこみたいところはたくさんあります。

 

終盤の善子のセリフからすると、もしかしたら「たまたま通りかかった梨子」というのが重要なのかもしれません。

 

まあ、話の整合性とかおかしくなるのは今に始まったことではないのである程度は「そういうものなんだ」と割り切りましょう。

 

梨子に対してまた犬をけしかけたり、要約すれば結構自己中な主張をしてる善子については後回しです。

 

しぶしぶ犬を預かることになった梨子、 

まずはおやつをあげることに

 f:id:gleebear:20171111090944p:image

…なるほど、これならば犬に近づくことなくケージを開けられる。巧妙なトリック…

ん?どうやって閉めるのか?

知らないです!

 

ここまで運んでくることはできていたり何気にすんなりと犬を受け入れていることからすると実は戻すくらいはできたのかも。

 

日は変わって練習中です。

f:id:gleebear:20171111091039p:image 

おそらく、新曲のフォーメーションです。

 

練習終了をまってましたとばかりにそそくさと帰る梨子、最近はずっとこんな感じなんだそうな。

 f:id:gleebear:20171111091134p:image

事情を知る善子はその理由を察しました。

 f:id:gleebear:20171111091210p:image

ジャンボエンチョーによって家に帰った梨子、

 

早く帰る理由は…

f:id:gleebear:20171111091417p:image

 f:id:gleebear:20171111091259p:image

まさかの犬!

預かってから何日経ったかは知りませんが、

毎日犬とのふれあいのために早くに、しかもおみやげと称して犬用のおもちゃを買ってかえるほど、

梨子は犬にメロメロでした。

 

だったらケージから出してやれよ!

とツッコミはするとして、

 

これがあの梨子なのだと思うと嬉しくもあり、寂しくもある。複雑な感情が込み上げます。

 

しかし、犬との幸せな日々はそう長くは続きませんでした。

f:id:gleebear:20171111091552p:image 

善子が桜内家にやってきたのです!

 

「梨子は犬が苦手だから私が預かる」と今さらとってつけたように言って犬を取り返そうとする善子、

「善子の家はダメだから私が預かったんだ」とゆずらないばかりか犬を「ノクターン」と呼ん所有権を主張する梨子、

対抗して「ライラプス」と私の犬感を込めた名前を主張する善子!

 f:id:gleebear:20171111091647p:image

まるで元カノと今カノのやりとりとのごとく、

まるで子供の親権であらそう親のごとく、

一匹の犬をめぐる女の戦いが繰り広げられる!

 

かと思いきや、

f:id:gleebear:20171111091827p:image 

f:id:gleebear:20171111091903p:image

元の飼い主が見つかってしまいました。

 

さて、余談ですが、

梨子がつけた「ノクターン」とは夜想曲、主にピアノで演奏される夜の情緒を表す叙情的な楽曲です。 

 

f:id:gleebear:20171110231624j:image 

ちなみにこれはのんたん!

 

ピアノをやっているから音楽用語からつけるのはわかるとして、なぜノクターンなのか?

もしかしたら今後アニメで出る曲に関係があるのかもしれないです。

 

善子がつけた「ライラプス」はギリシャ神話に出てくる"どんな獲物も捕まえる"犬です。

神話では"絶対に捕まらない"テウメッサの狐を捕まえるために駆り出されますが、両者の性質ゆえに決着はつかず、それを哀れんだゼウスによってテウメッサの狐とともに石になりました。

そして、ゼウスによって功績を称えられたライラプスは天上の星、おおいぬ座となりました。

おおいぬ座といえばシリウスがあることで有名です。

今後、おおいぬ座シリウスという単語が出てきたらライラプスのことを思い出してあげてください。

実はシリウスはすでにμ'sのある曲で登場してますが

 

 

 

さて、本編に戻ります。

 

無事に飼い主が見つかってノクタ…ライラプ…「あんこ」は引き取られていきました。

 f:id:gleebear:20171111092008p:image

別れ際にあんこが梨子の手を舐めたことで梨子は偶然ですが、犬に触れることになりました。

f:id:gleebear:20171111092216p:image

号泣する善子と不意に一歩踏み出すことになった梨子、というところで…

 

f:id:gleebear:20171111005922p:image

アイキャッチ

 

 ○後半パート

善子と梨子と犬の諸々とは少し離れて
f:id:gleebear:20171111092346p:image
部室のホワイトボードにはそれぞれが思い描くテーマが並びます。
ここでも「輝」きが出ています。盛大に誤字ってますが。米軍き!ってアメリカかい!

 

それを見つめる果南、

f:id:gleebear:20171111092455p:image 

Aqoursダンスフォーメーションアイディアノート」というノートを抱いてますが、千歌には見せないようにする。アイディアはあるかと千歌にきかれても無いと答える。

 

これが最後のラブライブ!だから後悔のないようにしたい。

ダイヤと鞠莉と3人だったAqoursは想いが繋がって偶然が重なってここまで来られた。だから最後までやりきりたい。

 

これを果南が言う、それだけで涙腺にきます。

 

ダイヤと鞠莉で3人で始めたAqoursは一度壊れてしまった。というか…鞠莉のためとはいえ、果南自身が壊してしまった。

しかし、千歌たちによって果南はもう一度Aqoursになれました。

Aqoursを否定しなければならなかった果南だからこそ、Aqoursでいられる今がどんなにすごいかわかるのでしょう。

 

そして、3年生にとってこれは思いもしなかった最後のチャンスです。

 

そう、最後のチャンスなのです。

なのにアイディアノートを隠した。

果南にとってはAqoursは過去の象徴でもあるわけで、「果南のやりたいことをやる」=「2年前にできなかったことに1・2年を巻き込む」だからでしょうか。

 

果南の中で2年前のAqoursが引っかかっているのだとしたら今後そこに一波乱を期待したいそころです。

 

その頃、善子と梨子はというと…

f:id:gleebear:20171111092644p:image f:id:gleebear:20171111092745p:image

校庭に絵を描いたり、

f:id:gleebear:20171111093051p:image 

棒を投げて見えない何かに取って来させようとしたり、

 

一言で言うならペットロスにかかっていました。

あの犬はペットじゃなかったわけですが。

 

f:id:gleebear:20171111093155p:image

善子が不調なので花丸が厨二枠を引き受けています。

ずらん!

 

ペットロス(のようなもの)から立ち直ろうと練習に打ち込むものの、

 

そう簡単にはいかない。

 

あの人が飼い主という証拠はない!

買っていたのは違う犬かもしれない!

という謎理論まで出ます。

 

そして、「ライラプス」を取り戻すために飼い主(暫定)の家へ行くことに。

 

善子あなた疲れているのよ。

 

f:id:gleebear:20171111093311p:image

善子と梨子、一匹の犬を求め二人は飼い主(暫定)の家にたどり着きます。

 

なお、途中で善子が犬の波動の出る家を間違えてしまいましたが、

心身ともに疲れていたから

ではないかと。

 

f:id:gleebear:20171111094916p:image 

善子は「ライラプス」を呼び出そうと試みます。

 

それに答えるかのように

 f:id:gleebear:20171111093559p:image

飼い主(暫定)が登場!

さすが善子╭( ・ㅂ・)و̑ グッ

 

 

想定外の事態に戦略的撤退をした善子と梨子、

f:id:gleebear:20171111093943p:image

善子は家から「ライラプス」が出てくるのを待つようですが、

f:id:gleebear:20171111093913p:image

梨子は母親から連絡があったのもあり「ノクターン」に会わずに帰ることに。

 

…したところで雨が降り出してしまいます。

なんか雨が降ってばかりのこのアニメ、番組名はラブライブ!「サンシャイン‼︎」です。

 

f:id:gleebear:20171111093759p:image 

善子が気がかりな梨子は戻って善子と一緒に「ノクターン」もしくは「ライラプス」を待ちます。

 

犬との出会いをディスティニー=運命と言い張る善子に梨子は「なぜ運命なのか?」とききました。

「ディスティニーはディスティニー」といつもの調子でよくわからない回答をした善子ですが、

 

f:id:gleebear:20171111094037p:image

「堕天使っていると思う?」

 

と一つの問いを梨子にしました。

そして…我々リトルデーモンが待ち望んだ瞬間がやってきました。

 

f:id:gleebear:20171111094154p:image 

私さ…小さい頃からすっごい運が悪かったの。

 f:id:gleebear:20171111094333p:image

外に出ればいつも雨に降られるし、 

転ぶし、何しても自分だけ上手くいかないし、

 

それで思ったの。

 f:id:gleebear:20171111094237p:image

きっと私が特別だから見えない力が働いているんだって

 

きましたー!

 

思い返せばこのブログは

 

 

gleebear.hatenablog.com

 

【アニメ前考察】津島善子 †堕天使ヨハネは厨二病か否か† - 音ノ木坂&浦の星 非公式研究室

 

「善子は厨二病キャラって言われてるけど、本質は違うんじゃないか!?」

「自分が不運なことをマイナスではなくてプラスに捉えるための武器が堕天使ヨハネという設定!」

「そういう発想ができる前向きさが善子の魅力なんだ!」

という主張から始まりました。

 

1期5話で花丸が唱えた「普通がいやだった」説に対しては「それは花丸の見方であって善子がそうとは限らない」と何度も書いてきました。

 

そして…ついに、アニメで明言してくれました。

 

 堕天使ヨハネは不運に負けないために善子が考えた設定なのです。

 

善子自身はそれがあくまでも設定であることをどこか認めてしまっている。

f:id:gleebear:20171111094444p:image

しかし、「本当に不思議な力はないのか?もしかしたらあるのかもしれない。」とも善子は思い続けている。

 

不運な自分を「不思議な力」で肯定する善子は周りから見れば変な子です。厨二病をこじらせた言動は正直な話、リトルデーモンの私から見ても目に余ることがあります。

 

しかし、堕天使ヨハネがいなければ自分を肯定できなかった善子は「不思議な力がある」と信じつつけることから生まれるパワーを知っている。

彼女にとって厨二病であることはファッションではなくて戦いなのです。

 

だから、犬との出会いも偶然ではなくて不思議な力の巡り合わせと信じることにした。

自分を支える不思議な力が与えてくれた運命なのだから犬との出会いを大切にしたかった。

それゆえに暴走もしてしまった。

…ということなのだと思います。やはり色々と思うところはありますが。

 

f:id:gleebear:20171111095201p:image

善子は梨子に「ライラプス」と言いながら「あんこ」と書かれたぜんざいを渡し、梨子は「ノクターン」と返す。

こういう何気なく言葉遊びするのはサンシャイン‼︎の持ち味です。

 

f:id:gleebear:20171111044001j:image

ちなみにこれは「のんたん」。

 

f:id:gleebear:20171111095343p:image 

雨も上がり、例の犬を連れて女の子が散歩に行こうと出てきました。

 

 f:id:gleebear:20171111095417p:image

善子は運命の力を信じて例の犬「ライラプス」に念を送ります。

 

f:id:gleebear:20171111095543p:image

ライラプス」は一瞬、善子を見ますが、善子のことは覚えていませんでした。

 

結局、そのまま帰ることにした2人、

 

やっぱり偶然だったようね。

f:id:gleebear:20171111095634p:image 

この堕天使ヨハネに気づかないなんて。

などと寂しそうな善子です。

 

梨子は善子を

f:id:gleebear:20171111095958p:image

一瞬だけど見てくれた、信じている限り誰の中にも不思議な力はあるんじゃないか励まし、

 

少しだけ元気になった善子は梨子を上級リトルデーモンに認定しました。

 f:id:gleebear:20171111100839p:image

善子と梨子はバスに乗り、それぞれの家へ。

 

会ったところで「ライラプス」も「ノクターン」も戻ってこなかった。

f:id:gleebear:20171111100314p:image

それでも信じて動いてみたことで、願いが叶わなかったことで、善子はちゃんと「ライラプス」と別れることができました。

 

そして、梨子と「ノクターン」の出会いのもたらしたものは…

 

今回はあまり出番がなかった主人公の千歌、

 f:id:gleebear:20171111100941p:image

「偶然が重なってここまできた」という果南の言葉を噛み締めます。

 

そして、家に戻った千歌は

 f:id:gleebear:20171111101058p:image

しいたけに触ろうとする梨子と会います。

 

善子と「ノクターン」との一件で梨子はあることを思いました。

 

この世界に偶然は無いのではないか?

人の想いが見えない力になって引き寄せあう。

それが出会いなのではないか?

すべてに意味があるのではないか?

 

梨子にとっても今回の迷走は良い経験になりました。
犬というものに向き合えたのはもちろん、一緒に迷走したのが不思議な力を信じつつける善子だったことで、信じ続けて生まれる力の存在を梨子は知りました。


今まで梨子は千歌から影響を受けて進んできました。しかし、千歌だけが梨子を変えるわけではないのです。

 

「すべてに意味がある」と言った梨子が手にしているのは「ノクターン」にあげるはずだったビスケット。

f:id:gleebear:20171111101420p:image

もしかしたら、あげられなかったことにも意味があるのでは?

 

例えば、あげられなかったビスケットを他の犬にあげられれば。

 

f:id:gleebear:20171111101617p:image

それをきっかけにして触れることもできる。

 f:id:gleebear:20171111101745p:image

出会いから16話、ついに、梨子はしいたけに触れることができました。

 f:id:gleebear:20171111101908p:image

いくつもの想いがつながって見えない力になっていく、想いの連鎖が呼んだであろう一歩に感動しつつ、ラブライブ!サンシャイン‼︎2期第5話「犬を拾う。」これにて終幕です。

 

f:id:gleebear:20171111102016p:image 

エンディングのあのシーンは梨子

f:id:gleebear:20171111102131p:image 

かと思いきや、よしりこ!

 

○まとめ

今回は善子と梨子が話のメインでした。

 

起こる出来事は偶然か必然か、不思議な力や人の想いで未来は変わるのか。

それは私たちには答えの出せない問いかもしれません。しかし、神や不思議な力を信じることもまた、私たちの想いの一つなのです。

 

3話で「ラブライブ!サンシャイン‼︎での『奇跡』は人の想いがあってはじめて起きるものだ」と書いてから少しですが、人の行動や想いと未来について考えていました。

バタフライエフェクトっぽい話になるのですが、私たちが「運」と呼んでいるものは辿っていくと起こるべき因果関係がどこかにあるんですよね。物理的にも精神的にも。

もちろんそれらの中には自分ではコントロールできない部分もあって、それはもう「運」と呼んでしまうしかないものなのですが、それすらも誰かの行動や意思によって左右されている。

 

もしもある瞬間における全ての物質の力学的状態と力を知ることができ、かつもしもそれらのデータを解析できるだけの能力の知性が存在するとすれば、この知性にとっては、不確実なことは何もなくなり、その目には未来も(過去同様に)全て見えているであろう。

 

— 『確率の解析的理論』(ラプラス・1812)

 

なとどと言う言葉が200年前からあるくらい、実は運や偶然というのは「無い」んですよね。

すべてを把握してコントロールできない以上は不確定なものがあるのもまた事実ですが。

 

あまりここについて語ると果てしなくなりそうだし、厳密には今回のテーマとずれているので方向修正します。

 

今回はそんな運や偶然の受け取り方の話でした。

梨子がしいたけに触れるようになったのは「ノクターン」に会った偶然のおかげ、というのも一つの見方です。

でも、梨子が犬を引き取ると決めたこと、善子が梨子に世話を頼んだこと、善子が雨の中車に乗らずに帰ったこと、他にもいくつもの意思決定と行動がこの偶然につながったのです。

梨子の言ったようにすべてはつながっているという見方をすることもできる。

3話で千歌が言った奇跡の話にも通じてくる話ではないかと思います。

 

リトルデーモン視点からは…総合的にはプラス評価というところでしょう。

一応は善子の個人回ということで掘り下げはあるのかな?梨子のこともあるしどうかな?と思っていたところ、

なんと、一番触れてほしいゾーンに触れてきました。善子の堕天使設定を不運への対抗手段と明言してくれたというだけでも満足できる個人回でした。

 

ただ、やはり色々とひっかかったのは避けては通れない。

特に梨子が犬を引き受けるまでの展開はもう少し上手いやりかたがあったのではないかなと思います。

嫌がってる梨子に犬をけしかける、犬が嫌いなの相手になかば無理やりに犬を押し付ける、

こういうのは善子なのかなと、ちょっと疑問でした。

周りに合わせて自分の支えである堕天使ヨハネを捨てようとする、堕天使に合わせてくれた千歌たちがかえってうまくいかなくなってしまったことに責任を感じる、地区予選控え室で「ありがとう」をルビィと花丸に言う、

一見、我が道を行くようで周りに気を遣っているのが善子じゃないかなと思います。

 

でも、あの上土神社シーン周辺での善子はそういう気遣いみたいなのがなかったんですよね。

自分の家は無理だから預かってという主張を当然のように犬嫌いの梨子に言う、しかも善子ではなく堕天使ヨハネのあのテンションなので真剣さが伝わってこない。

・梨子が嫌がるようなことを進んでさせない

・犬を預かってもらうのを堕天使モードではなく素の善子として頼む

・梨子にしか頼めない理由をはっきりさせる

これをするだけでまだ良くなったはずです。

 

善子が頼むのではなく、善子を見かねた梨子が自分から預かると言い出す。善子はそれに驚く。

という展開もあったのかなと。

 

そして梨子について、

「犬嫌いを克服してほしい」「他の学年とも絡んでほしい」の両方をやってもらえてよかったです。

なにより、1期からの梨子の犬嫌いがネタではなくて成長エピソードの一部になったのが大きい。

ネタだ、やり過ぎだ、いじめ一歩手前だと不満爆発だった梨子が犬を嫌がるシーンをこれからは「こんな時期もあったな」と懐かしく見守ることができます。今まで避けてきたぶん、これからは存分にしいたけと仲良くしてほしいです。

 

次回は第6話「Aqours WAVE」

f:id:gleebear:20171111102350p:image 

f:id:gleebear:20171111102511p:image

f:id:gleebear:20171111102552p:image

f:id:gleebear:20171111103144p:image

f:id:gleebear:20171111103246p:image

なんだかシリアスな雰囲気が。

 

この記事内の画像については、個別に表記していないものはすべて
©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
出典:U-NEXT
となっています。

【2期5話視聴前に】ラブライブ!サンシャイン‼︎2期5話を「ちゃんと」楽しむポイント

もう5話、もう11月。

時が経つのは早いものであと8週間でサンシャイン‼︎2期も今年も終わりです。

 

この記事はその回のネタバレをなるべくしないように、最新回を見る際に押さえておきたいポイントを記事にしてみよう。という感じでやります。

押さえておきたいポイントということはそれに関することが起きるわけで、遠回しなネタバレなるかもしれないです。そこはご了承ください。

以下ネタバレ防止スペース

 

f:id:gleebear:20171105090342p:image

前回はダイヤ個人回ということで全国のダイヤ推しはもちろん歓喜したわけだけど

 

f:id:gleebear:20171105104719p:image

「姉妹回じゃないダイヤ回があったのならルビィ回もあるよな」という感じでルビィ推しも少なからず喜んだのではないかと思うの。

 

 

そして、そんな期待を背負ってありしゃソロだったエンディングでバス停から降りるシーンの担当が

f:id:gleebear:20171105101154p:image 

曜!

 

次回のサブタイトルが

f:id:gleebear:20171105104852p:image 

「犬を拾う。」

という、いつぞやの「シャイ煮はじめました」ばりのパンチのきいた構成になっていたわ。

 

ただ、実はもっと衝撃的な事態が密かに起こっていたの。それは…

f:id:gleebear:20171105093218p:image

f:id:gleebear:20171105100830j:image 

ダイヤが善子の胸を揉んでいる!

 

最近、ネタバレ防止スペースの駄スペース度が下がってきたので完全に捨てに行きます。その前にまともなのも書いていたのですが…

別の機会に使うネタとしてとっておきます。

 

ネタバレになるかもしれなくても良い方はこのままスクロール。

 

 

 

 

 

 

 

・今回は誰の個人回?
前回の次回予告を見てください。扱いとしては1期4話に近いかなと思います。

 

・新曲

思わぬ形で新曲が出ます。

 

・長かった和解までの道

ついに!ついに、和解です!1期からここまで長かったです。

誰と誰がってのは書かなくてもわかるかと。どうやって、何がきっかけでというところに注目。

 

ヨハネ誕生秘話

さらっとやってくれました。これだけで1話作れたとも思いますが、善子は1期で個人回あったしこれでいいかな。

 

・前回のエンディングがなぜ曜だったのか

バスを降りるシーンがダイヤではなく曜だったことについて、今回のエンディングの該当シーンを見たときに「もしかしたら」と思うものがあるかも。忘れてなかったら感想記事で書きます。

【感想記事】ラブライブ!サンシャイン‼︎ 2期第4話「ダイヤさんと呼ばないで」

ついに個人回シリーズ開始です。

 

一人ずつキャラクターの掘り下げをしてくれると嬉しいですが、枠を考えると下位組のダイヤ・鞠莉・ルビィ、1期で掘り下げがあまりなかった果南、1期で消化不良だった曜になるのかなと思います。

次回予告からすると梨子も犬がらみで何かありそうですが…

 

あと一応報告というか、無事メカエリチャン入手しました。

 

では、4話の感想スタートです。

 

○アバン

前回のラブライブ !サンシャイン‼︎は花丸

ずらが妙なところに入ってます。

あと、微妙に元々のストーリーと変わってる気が。

どっちを選ぶか?→どっちも選ぶ!がメインだったのでは?

まあ、前回の〜が微妙に要約にならないのは今に始まったことではないです。

 

○前半パート

f:id:gleebear:20171104052140p:image 

朝から元気な千歌で前半パート開始です。

 

今日は予備予選の結果発表のようですがまったく緊張した様子のない千歌です。

 

もしかしたら忘れているのでは?と心配されますがそうではない。

通過すると確信しているから心配ではない。

f:id:gleebear:20171104052243p:image 

Saint Snowの聖良からのお墨付きも貰えて上機嫌で発表を待つ千歌

やはり(9位とはいえ)自分たちよりも格上の相手に認められるのは嬉しいのでしょう。

 

結果はもちろん通過、しかもトップ通過です。

 f:id:gleebear:20171104052350p:image

トップ通過に喜ぶ花丸・果南ペア

 f:id:gleebear:20171104053710p:image

そしてヨハマリ!ヨハマリ!

2話での衝突が嘘のように、いやむしろ衝突を乗り越えたからこそというべきか

かなり仲良くなっています。

 

 f:id:gleebear:20171104053746p:image

それを意外そうに見つめるダイヤさん

f:id:gleebear:20171104053837p:image 

千歌とハイタッチ!

 

f:id:gleebear:20171104054045p:image

ここでオープニング

 

○前半パート

 

何やら悩みのあるダイヤさんでしたが、そこはひとまず置いておいて、Aqoursに新たな問題が

 

活動資金の不足!

 

f:id:gleebear:20171104062249p:image

現在の残金は5円

これは御縁が…げふんげふん

 

このままでは活動もままならないです。

f:id:gleebear:20171104062432p:image

何とかしなければとやってきたのが淡島の銭洗弁天

 

神頼みとはスピリチュアルやね

 

資金面は理事長が上手いこと取り計らってくれれば…とも思いましたが、やはり小原家には頼めない。

 

そういえば、黒澤家(網元)や国木田家(寺)や高海家(老舗旅館)なんかもお金はありそうですがどうなんでしょう。

 

和気藹々と楽しそうなAqoursですが、

 f:id:gleebear:20171104062559p:image

やはりダイヤさんは何かが気になっているようです。鞠莉ちゃん・果南ちゃんという呼び方に反応していたり、サブタイトルからしてもう予想はついていますが…

 

ダイヤが気になっていたのは果南と鞠莉が急に下級生と仲良くなったことでした。

 

その場は誤魔化しましたが、果南と鞠莉はダイヤの悩みに見当がついたようです。ダイヤさんわかりやすい。

f:id:gleebear:20171104062905p:image 

イルカにも煽られてます。

 

そんなダイヤを見て鞠莉が繰り出したのは 

f:id:gleebear:20171104063106p:image

スメールぷんぷん

嫉妬ファイア〜〜〜〜

 

これは…1期11話で鞠莉が放った必殺技

f:id:gleebear:20171104040335p:image

嫉妬ファイア〜〜〜〜〜〜

の発展系ですね。

 

直接は言わないダイヤさんですが、

淡島から帰る船の中でそっとつぶやく

 f:id:gleebear:20171104063324p:image

鞠莉ちゃん、果南ちゃん…か

でもはや確定です。

 

資金面の問題については、

お金がないならバイトをすればいいじゃない

というわけでバイトを探すことになりました。

 f:id:gleebear:20171104063436p:image

バイト探し中の2年生に近づくダイヤさん

不審な動きに「お腹痛いんですか?」されるも、負けずに後輩とのコミュニケーションを試みます。

 

バイトを探すなら沼津の方がいいというダイヤさんのアドバイスから 

ここでまたもや地元プッシュがはじまります。

 f:id:gleebear:20171104064413p:image

カフェ、珈琲波无って店のようです。

 

f:id:gleebear:20171104064504p:image

お花屋さん、これは イーラを出て仲見世商店街に入ってすぐのところにあるhana花・Flowers?

 

f:id:gleebear:20171104064528p:image 

写真スタジオ、つじ写真館ですね。猛烈な善子推しなのでリトルデーモンはすべからく行くべし。

 

なんかたのしそー、と沼津バイトを決定しようとする千歌、

 

そこに!

 

f:id:gleebear:20171104064712p:image 

ぶっぶーですわ!(戒め)

f:id:gleebear:20171104064819p:image

安直すぎですわ!バイトはそう簡単ではありません!大抵は土日含む週4日からのシフトですので9人揃って練習ってのも難しくなります!

f:id:gleebear:20171104064909p:image

だいたい、何でも簡単に決めすぎてはいけません!

f:id:gleebear:20171104065010p:image

ちゃんとなさい!

 

なるほど、たしかにお金が無ければ活動はままならない。しかし、お金を得るために活動に制限が出てしまうのは本末転倒。

学生のバイトあるあるです。

さすがダイヤさん。

 

2年生組も的確なアドバイスに感心

とはいえ、目的の達成はならず…

 

ダイヤさんのアドバイスを受けてバイト以外でお金を稼ぐ方法を考えることになりました。

 

女子高生が手っ取り早くお金を稼ぐ方法といえば…そう、

 

f:id:gleebear:20171104065338p:image 

フリマです!

 

ラブライブ!サンシャイン‼︎はNHKお墨付きの健全なアニメ、

あんな手段やあんな手段なんて使わないのです。

 

 f:id:gleebear:20171104065433p:image

 フリマに出店することを言い出したのはダイヤさん、

 f:id:gleebear:20171104065520p:image

1年生組からの評価も高いダイヤさんです。

 

このまま信頼を得られれば…

f:id:gleebear:20171104065617p:image

f:id:gleebear:20171104065701p:image

f:id:gleebear:20171104065743p:image

ダイヤちゃん!

も夢ではないです。

 

f:id:gleebear:20171104065856p:image

妄想爆発にメンバーも引き気味です。

鞠莉が磨いているのは

f:id:gleebear:20171104070052p:image

2話で小原家にあった銅像です。

売る気なのか!?

 

 f:id:gleebear:20171104070139p:image

千歌はみとねーからみかんの着ぐるみを借りて参戦。

 

みかんの着ぐるみ…何かを思い出す!

剥かないで!私はまだ青い果実!

 

f:id:gleebear:20171104070451p:image 

幼女がぬいぐるみを買いにきました。

f:id:gleebear:20171104070540p:image

所持金額は5円…話にならん!親を呼べ!

とはならず。

 

ぁまりのょうじょのカ)わぃさレこぃ

 f:id:gleebear:20171104070628p:image

ちカ)っちもめろめろナこ゛ぁ

 

ということで5円でお買い上げ。

 

ただ同然でぬいぐるみを売った千歌にダイヤさんはおこです。

 

ちゃんとなさい。とぬいぐるみを1000円に値切ろうとする外道な客にダイヤさん流接客術を披露します。

 

f:id:gleebear:20171104070802p:image

いらっしゃいませ!(威圧)

残念ですが、原価的にそれ以下はぶっぶーですわ!(断り)

f:id:gleebear:20171104071019p:image

はっきりと言っておきますが、

新品ではございませんが未使用品!

出品にあたっては一つ一つ丁寧にクリーニングを施した自慢の逸品

それをこのお値段…すでに価格破壊となって……

f:id:gleebear:20171104070922p:image

おりますわ!

 

はっきり言ってやったよやったねダイヤさん!

 

格の違いを見せつけた代わりに何かを失ったダイヤさん

 

f:id:gleebear:20171104071342p:image 

当然こうなりました。なお、2年生組には好評だった模様。

 

フリマでの売り上げはかんばしくなく、このままでは活動が危うい。

 

鞠莉の銅像、善子の羽はまったく売れなかったようですね。

 

OK、予想通りです。

私はそんな二人を推して行きます。

 

f:id:gleebear:20171104071504p:image

突然の風に舞う黒い羽、

f:id:gleebear:20171104071800p:image

それはまるで善子の心を癒すかのよう。

 

ですがそのままばら撒いておくわけにもいかないので協力して拾うことに。

 

f:id:gleebear:20171104071622p:image

落ち込むダイヤを見て千歌はダイヤに何かあったのではと勘づきました。

 

千歌は「何かわからないけど何かあった」というアンテナが鋭いです。友情ヨーソローの時もそうでした。

 

ダイヤの悩みは付き合いの長い果南と鞠莉がちゃんと引き受けることになりました。

f:id:gleebear:20171104071924p:image 

「下級生と仲良くなりたい」というダイヤの悩みをここぞとばかりにいじくるかなまり

 

ダイヤさん、必死の否定です。

 

ここで新事実が判明です。

 f:id:gleebear:20171104072043p:image

ダイヤさんは誤魔化す時、ほくろを掻く癖があるそうです。

 

そういえば1期でも

f:id:gleebear:20171102201105p:image

第2話でμ'sファンなのがばれそうになった時、

 

f:id:gleebear:20171102201527p:image

第3話で鞠莉が帰ってきて嬉しいのに平静を装っているであろう時、

 

f:id:gleebear:20171102201934p:image

第5話でルビィのごめんなさいで引き下がりかけたものの「とにかく」と切り出した時、

 

f:id:gleebear:20171102202529p:image

第9話でAqoursの名付け親なのがばれた時、

 

f:id:gleebear:20171102202723p:image

第10話で早朝集合を言い出したにもかかわらず来なかったのを話題をそらして乗り切ろうとした時、

 

f:id:gleebear:20171102203509p:image

第11話で生徒会の仕事を溜め込んでいるのがばれた時、

 

ちゃんと…

 

 

掻いてねえ!

すがすがしいまでにまったく!

 

いや、たしかに厳密には誤魔化そうとはしてないかもしれないです。

でも、こういうのって心理的な負荷がかかった時の防衛反応なのではないかなと。

 

あれです!映ってないところでめっちゃくちゃ掻いてたんですね!もう血が出るんじゃないかってくらい!

 

ということで本編戻ります。

 

 幼馴染には隠し事は通じない!

というわけでダイヤは素直に果南と鞠莉に悩みを話すことに。

 

f:id:gleebear:20171104072341p:image

笑わないと前フリした果南と鞠莉が吹き出すダイヤの悩みは?

というところで

 

f:id:gleebear:20171104041600p:image

前半終了のアイキャッチ

 

○後半パート

 

ダイヤの悩み、それは

自分だけがちゃん付けで呼ばれないこと。

うん、知ってました。

 

メンバー間に距離があるのはやっぱりよくなくなくなくなくないですね。

ナイス建前ダイヤさん。

 

f:id:gleebear:20171104072450p:image

ちなみに服からしてアイキャッチ前後で日にちが変わったみたいです。

 

ここはかの有名な伊豆・三津シーパラダイス。通称、「みとしー」です。

 f:id:gleebear:20171104072625p:image

曜が知り合いづたいに1日アルバイトを取ってきたらしいです。

 

みとしー…曜…うっ!頭が!

 

なお、この時どこかの幼稚園生が映りますが…まさかあんなことになろうとは。

 

ここで距離が近づけばダイヤちゃんと呼ばれるかもしれない

f:id:gleebear:20171104072830p:image

ダイヤさんは期待に頰が緩みます。

 

空色カーテンオープンしそうなイルカのジャンプ

 f:id:gleebear:20171104074223p:image

イルカしゃんしゅごい!

 

曜はもちろんうちっちーの中です

 f:id:gleebear:20171104075517p:image

行方不明になった挙句に階段から転落しないことを祈りましょう

ちなみに曜は前にみとしーでバイトした事があるんだとか。

 

3人ずつのチームにわかれましょう。ということで、

 f:id:gleebear:20171104075608p:image

売店担当の千歌・花丸・ダイヤ

 

花丸の麺類苦手設定が2期にして初登場です。

 

まずは千歌と花丸との距離を縮めようと

 

話しやすい話題を振ってみることに

 f:id:gleebear:20171104080716p:image

今日はいい天気ですね。

 f:id:gleebear:20171104081506p:image

花丸さん、うどんはお嫌い?

 

恐らくは視聴者のトラウマをえぐっているであろう

「話しやすい話題を振ってみたけど後が続かない」パターン!

 

ぎこちない笑顔も相まって「すっごい怒っている」と誤解されてしまいました。

 

人も減ってきたからと売店からステージ清掃に移ったダイヤさん

 f:id:gleebear:20171104081636p:image

梨子・ルビィと合流です。

 

アシカのエサやりの時間になったのですが、

 f:id:gleebear:20171104081739p:image

アシカさんって思ったより大きい

アシカって犬っぽい

となかなかエサをあげられない梨子とルビィ。

 

アシカがエサをよこせとばかりに突進してきます。これが野性なのか。

 f:id:gleebear:20171104081917p:image

パニックになる梨子とルビィ

 

二人を助けるために、ダイヤさんが動く!

 f:id:gleebear:20171104082538p:image

ルビィが落とした調教用の笛を拾い、

アシカをプールに戻しました。

 f:id:gleebear:20171104082522p:image

さすがダイヤさん。

 

ダイヤちゃんと呼ばれないだけで実はかなり好感度は上がっているのですが…ダイヤちゃんと呼ばれたいダイヤにとっては失敗のようです。

 

f:id:gleebear:20171104083103p:image

果南と鞠莉はダイヤ…ではなくて、ペンギンの世話をしていました。

f:id:gleebear:20171104083158p:image

実は沼津には大量の野良ペンギンが棲息しており、征服の機会をうかがっているとか。

 

自分から近づかなくちゃとは言うもののダイヤは今回は自分から近付いていってはいるんですよね。

ただ、近づいたところで「ダイヤちゃん」にはならない。

 

なかなか上手くいかない「ダイヤちゃん」計画

まずはダイヤの方からちゃん付けで呼べばいいのでは?

 

f:id:gleebear:20171104083306p:image

ということで次にやってきたのは入り口です。

曜と善子が来場者対応をしています。

曜がもはやうちっちーの着ぐるみを着ている意味がないような。

善子が配っているのはフリマで売ろうとしていた羽です。

 

曜がダイヤさんに風船を手渡す瞬間

 f:id:gleebear:20171104083357p:image

ありがとう…曜ちゃん。

 f:id:gleebear:20171104083458p:image

ただ、ちゃん付けで呼んだだけなのに違和感で凍りつく空気、さすがダイヤさん。

 

売店に戻ってきたダイヤさん。

千歌と花丸は食器洗いをしてますが、

f:id:gleebear:20171104083611p:image

早く綺麗になるように洗剤全部入れたずら。

 

明らかにおかしい。戻ってきたダイヤさんもいつもならぶっぶーですわするところですが全く怒らない。

 

ダイヤさんがおかしい。

怒っている?悩んでいる?

1・2年生に緊張がはしります。

 

f:id:gleebear:20171104083716p:image

さすがにこれ以上は引き延ばせないと果南と鞠莉による事情説明です。

 

小さい頃から黒澤家のお嬢様として「ちゃんとして」きた、それを全うできるだけの能力も器量もあった。みんなの望む「ダイヤさん」をしてきた。

f:id:gleebear:20171104083933p:image 

しかし、周囲の期待に応えてきたダイヤは優秀というレッテルで距離を置かれる存在になってしまった。

 

周囲の望むものを実現できる優秀さがあったがゆえに「同じ」なのだとみてもらえない

 【2期準備記事】渡辺曜〜同じ景色をみるために〜 - 音ノ木坂&浦の星 非公式研究室

 前に曜について書いたときに出した問題がダイヤの個人回で使われるとは。

f:id:gleebear:20171104085454p:image 

ひとり物思いにふけるダイヤさん。

 

と、ここで事件発生です。

 f:id:gleebear:20171104085454p:image

みとしーに来ていた幼稚園児たちか何かの拍子に勝手に駆け出してしまう。

収拾のつかなくなった園児たちは自分勝手にやりたい放題です。

 f:id:gleebear:20171104085452p:image

いつもみんなのまとめ役をしていると思われる子が声を張り上げて止めようとしますが、まったく止まらない。

 

ちゃんとするために一人で背負いこむその姿はまるで小さいころのダイヤでした。

 

Aqoursも騒動に巻き込まれてしまい、もうどうしたらいいかわからなくなったその時、

 

笛の音が鳴り渡ります。

 

笛の主はダイヤさん。

園児を上手く誘導して騒ぎを収めることに成功、ちゃんとしなきゃと言っていた子も笑顔になりました。

 

さて、バイトも終わり、

f:id:gleebear:20171104084129p:image 

一日中試行錯誤したものの、ダイヤは「ダイヤちゃん」にはなれませんでした。

結局、ダイヤはダイヤでしかない。どこか一歩引いた距離でしか接することができない。

ため息まじりにそう痛感したダイヤでした。

 

しかし、

f:id:gleebear:20171104084943p:image

それでいいのだと、千歌はダイヤに言いました。

 

ダイヤさんにはダイヤさんでいてほしい。

いざとなったときに頼りになる「ダイヤさん」

叱ってくれる「ダイヤさん」

求められた姿を全うするためにちゃんとしようとする「ダイヤさん」を千歌たちは好きになったのです。

 

ダイヤは「ダイヤさん」でいていいのです。

みんなが望み、ダイヤ自身が努力した姿をダイヤは誇ってよいのです。

f:id:gleebear:20171104084056p:image 

私はどっちでも良いのですよ。別に…

と、ダイヤが「ホクロを掻きながら」答えて、

 

一同、一斉に 

ダイヤちゃん!

と呼んだところで、

 f:id:gleebear:20171104084944p:image

ラブライブ!サンシャイン‼︎2期第4話、ダイヤ個人回「ダイヤさんと呼ばないで」終了です。

 

○まとめ

今回は廃校も奇跡も関係ない話でした。

しかし、無駄な話かといえばそうではなく、むしろこういった話がラブライブ!なのだと思います。

 

ダイヤは後輩の存在が鍵、まさにそうでした。

予想していた個人回とは少し違いますが、今回のダイヤの悩みを解決するにあたり重要だったのは、「ダイヤのままでいい」のだと後輩が言ってあげることでした。

 

後輩と今のように距離を置いたままでいいのか?果南や鞠莉のように近い距離で接した方がいいのでは?

できることなら近い距離で接してみたい!

 

ダイヤは目に見える心の距離の近さにこだわったのですが、実は2期3話まででダイヤがとってきた行動がすでにダイヤと後輩の距離を縮めていました。

注意をしてくれる、叱ってくれる、助けてくれる、それが後輩から見たダイヤなのです。

 

果南と鞠莉が「そのままでいい」ではなく、「自分から近づかなくちゃ」と言ったのは同じ先輩としての目線で「ダイヤちゃん」になるためにはどうしたらいいかのアドバイスです。

 

しかし、後輩はそもそもダイヤに「ダイヤちゃん」になってほしいとは望んではいない。だから、ダイヤは「ダイヤさん」であることが後輩との関係の最適解だったのです。

ダイヤちゃんになりたいという願望は残念ながら我慢をしてもらいましょう。とはいえ、これまでとは「ダイヤさん」の意味は変わってくるので我慢など必要ないのかもしれないです。

 

それはそうと、エンディングの一人ずつ当番であろうシーン

f:id:gleebear:20171104085855p:image 

なぜか曜でした。ダイヤさんじゃないのか!

 

次回は「犬を拾う」

f:id:gleebear:20171104085207p:image

f:id:gleebear:20171104085210p:image

f:id:gleebear:20171104085207p:image

善子と梨子?たしかに組み合わせとしてはありですが、アニメでこの組み合わせは新鮮です。

 

何より犬というワードと梨子の組み合わせ

まさか、しいたけとの和解?

 

この記事内の画像については、個別に表記していないものはすべて
©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
出典:U-NEXT
となっています。