【2期10話視聴前に】ラブライブ!サンシャイン‼︎2期10話を「ロックオーン」に楽しむポイント

この記事はその回のネタバレをなるべくしないように、最新回を見る際に押さえておきたいポイントを記事にしてみよう。という感じでやります。

押さえておきたいポイントということはそれに関することが起きるわけで、遠回しなネタバレなるかもしれないです。そこはご了承ください。

以下ネタバレ防止スペース。

 

 

 

その少女はなんでも手に入れることができた。

 

家がお金持ちだからなんでも買えた。

 

f:id:gleebear:20171210052356p:image

少女の名前は「小原鞠莉

世界的なホテルグループ、ホテルオハラのご令嬢である。

 

でも、鞠莉はひとりだった。なんでも手に入るかわりにひとりだった。

 

そんな鞠莉のひとりの日々に、二人の少女が現れた。

 

f:id:gleebear:20171210052510p:image

f:id:gleebear:20171210052902p:image

果南とダイヤ、ニッポンのウチウラで出会った二人は

f:id:gleebear:20171210052722p:image

 f:id:gleebear:20171210052813p:image

 鞠莉が通うことになる学校のクラスメイトでもあった。

 

その日から鞠莉はひとりではなくなった。

 「友達」ができた。

お金では買えないものをたくさん知った。

 

高校生になり、

 f:id:gleebear:20171210053244p:image

f:id:gleebear:20171210053343p:image

学校の統廃合阻止のためにとスクールアイドルに誘われて、同じ夢を追いかけた。

 

しかし、彼女は知る。

 

「お嬢様」だから、彼女は手に入れないといけないものがあることを。

手放さないといけないものがあることを。

 

f:id:gleebear:20171210053554p:image

彼女はそれでも手放すことを拒んだ。

「果南とダイヤとスクールアイドルを続けたい」そのためには将来なんてどうでも良かった。

 

しかし、その選択は鞠莉自身を追い詰め、

f:id:gleebear:20171210053647p:image

一緒にいたいと願った果南とダイヤによって、鞠莉の願いは否定されてしまう。

 

鞠莉が手に入れたかったもの、鞠莉が手に入れないといけないもの、果南とダイヤが手に入れてほしいと願ったもの

 

f:id:gleebear:20171210053959p:image

f:id:gleebear:20171210054052p:image

互いの気持ちと願いがすれ違ったまま、鞠莉は二人と離れ離れになる。

 

なんでも手に入るはずだった鞠莉は一番ほしかったものを手に入れられなかった

 

…はずだった。

 

鞠莉は諦めなかった。

 

 もう一度果南とダイヤと一緒にスクールアイドルをやる

f:id:gleebear:20171210054946p:image

そのためにニネンブゥリに帰ってきた。

f:id:gleebear:20171210054711p:image

理事長という地位を手に入れた。

f:id:gleebear:20171210054825p:image

後輩のスクールアイドル活動すら利用した。

 

しかし、鞠莉は一番大切なものを手に入れていなかった。

 

f:id:gleebear:20171210071131p:image

ダイヤは鞠莉に真実を語る。

 

果南とダイヤが何を思い、鞠莉を留学に送りだしたのか。

 f:id:gleebear:20171210055733p:image

それを知った鞠莉は、果南に気持ちをぶつける。

 

そして、

f:id:gleebear:20171210055623p:image

あの時一番必要だったもの、気持ちをぶつける勇気をやっと鞠莉は手に入れた。

 

そして、鞠莉にはもう一つ大事なものがあった。

鞠莉とっての思い出の場所、浦の星女学院

 

統廃合の迫った学校を守るため鞠莉は頑張った。しかし、

f:id:gleebear:20171210060228p:image

 鞠莉が頑張ってもどうにもならないほど事態は深刻になっていた。

 

f:id:gleebear:20171210061502p:image

統廃合の決定、それを一度は受け入れた鞠莉。

 

けれども、千歌は、Aqoursはまだ抗うことをやめなかった。

 f:id:gleebear:20171210061700p:image

鞠莉もまた、Aqoursに賭けることにした。 

 

入学希望者を100人集めたら統廃合は取りやめる。その条件でAqoursは統廃合阻止に挑み、そして…。

 f:id:gleebear:20171210064711p:image

 f:id:gleebear:20171210064522p:image

f:id:gleebear:20171210064834p:image

f:id:gleebear:20171210063208p:image

f:id:gleebear:20171210064932p:image

 f:id:gleebear:20171210062722p:image

 

そして…

f:id:gleebear:20171210062559p:image

 統廃合が決定する。

 

f:id:gleebear:20171210063908p:image

救えなかった悔しさに鞠莉は涙するが、

 

f:id:gleebear:20171210065153p:image

f:id:gleebear:20171210064404p:image

ラブライブ!に優勝して名前を残すことで学校を救う、その道がまだ残されていた。

 

f:id:gleebear:20171210065623p:image

f:id:gleebear:20171210065735p:image

北海道にも行った。

 

そんなこんなで鞠莉回です。

 

あと、ファンミ…実は行けてないです。

まず、現地当選は千葉の一回のみなのに加えて

ライブビューイング行こうにもどういうわけかファンミの日に限って外せない用事が入るというテイタラク!

 

さて、ネタバレ覚悟の方のみスクロールを

 

 

 

 

 

 

 

 

・3年生の昔話

幼い頃の3年生3人のエピソードが今につながる。ベタな展開ですがやはり見逃せない。鞠莉にとっての果南とダイヤは何なのか。

 

・あの人たちがまた登場

あの人たちがまた出ます。前回、前々回の逆ですね。関係性の変化にも注目です。

 

・まさかのスキルが

3年生=誕生日がくれば18歳、鞠莉は6月生まれ、鞠莉は留学して海外にいた、鞠莉はアメリカの国籍を取得している可能性がある。

実はこの条件から鞠莉は「あること」が許されています。次回予告で実は少しヒントが出てました。

 

・3年生のこの先

今回の話では3年生の今後について触れられます。

3年生が何を選んだのか。これを考えると成長したんだなと。3人とも私の予想とは違う部分もあり、それでも3人あわせての選択は「ああ、やっぱり」と思いました。

 

・高海家と小原家の家族事情

千歌の家庭と鞠莉の家庭の新情報が公開されました。

 

鞠莉が絡むと長くなりますね。10話感想はどうなるのか。その前にまずは9話の記事書かねば。

【感想記事】ラブライブ!サンシャイン‼︎ 2期第8話「HAKODATE」

ラブライブ!サンシャイン‼︎9話放送されましたね。

燃えました。とくにライブシーン!

というわけで8の感想です。

すみません。明らかにほぼ1週遅れているわけですね…。

ここからがんばルビィ⌒°( ・ω・)°⌒でペースを取り戻すことが今の私の目標であります。

 

○アバンパート

前回のラブライブ !サンシャイン‼︎は鞠莉。

 

ちなみに次の次(10話ですね)は鞠莉回です!

 

さて、今回はサブタイトルからして北海道に行くのですが、

 f:id:gleebear:20171207214103p:image

いきなり吹雪です。

 f:id:gleebear:20171207214155p:image

鞠莉が昇天しかけたり、

f:id:gleebear:20171207214324p:image

善子が謎の避けるべししたり、

f:id:gleebear:20171207214239p:image 

千歌はどう見ても銀行強盗だったり、

 f:id:gleebear:20171207214441p:image

寒さに永遠の眠りにつきかけたり、

 

前回が嘘のようなネタをかましましたが。

 

f:id:gleebear:20171207214539p:image

Aqours、北海道に無事到着です。

 

 f:id:gleebear:20171207214721p:image

そして、オープ二ング!

 

○前半パート 

そもそもなぜAqoursが北海道に来たのか?

 

北海道地区予選に招待されたみたいです。

決勝進出者の特権ですね。

 

さらに…次回予告で物議を醸したシーン

 f:id:gleebear:20171207214936p:image

ぽっちゃり系の花丸!

どうやら重ね着をしまくった結果こうなっているようですが

 

なぜ声まで変わるのか!?

 

ああ、これ…1期7話の「TOKYO」と同じだ。

ギャグ回だ。サブタイもそっくりだし。(当時の感想)

 

で、予選会場に到着。

 

 f:id:gleebear:20171207215040p:image

 Saint  Snowももちろんエントリー

「函館聖泉女子高等学校」という学校のスクールアイドルらしいです。

ちなみに、

北海道では最古の歴史を持つ函館のお嬢様女

子高。東京における「学習院」のような由緒

あるエリート校。

だそうな。

やっぱエリートか。でもって伝統校か。

前回の地区予選トップ通過グループで全国ランキング8位、

当然、優勝候補です。

 

さらに、

f:id:gleebear:20171207215423p:image

チェキを求められるAqours、決勝進出グループともなればこんなところ(悪意はない)でもファンがいます。

 

f:id:gleebear:20171207215636p:image

 もはや顔馴染みのSaint  Snowの楽屋にやってきたAqoursです。決勝進出ともなれば楽屋にだって顔パスです。

 

f:id:gleebear:20171207215519p:image

こころよく出迎える姉・聖良

決勝で戦うのはまだ先、今日は楽しんでいってほしい。

 

地区予選はあくまでも通過点、これが強者の余裕というやつです。

 

f:id:gleebear:20171207220027p:image

なお、ここでもAqoursの人気は健在なようで、現地のスクールアイドルと曜鞠莉が何やら交流をしています。

 

ラブライブ!は諦めた方がいい」と酷評をして千歌のメンタルを粉々にした聖良ですが、

 f:id:gleebear:20171207220442p:image

今やAqoursの力を認め、当時の発言を詫びるまでになった。

 

これが強者!素直に相手の実力を評価し、自らの落ち度にはためらうことなく謝罪をする。

 

決勝はAqoursとSaint  Snowでラブライブ!の歴史に残る大会にしよう、

f:id:gleebear:20171207220611p:image

と握手を交わした両グループのリーダー、

 

一方、ここまで全く話に参加しない理亞。

 f:id:gleebear:20171207220811p:image

本番に向けて集中しているのか、イヤホンをしているとはいえ姉の言葉も聞こえていないようです。

東京で出会った Saint  Snowの妹、理亞。

 

Aqoursに敵意丸出しで、ラブライブ!は遊びじゃない!」「こいつらバカ?」などなどきつい言葉と剥き出しのナイフのような性格で周りを威圧してきた彼女。

いつものように無愛想な振る舞いです。

 f:id:gleebear:20171207220957p:image

しかし、その手は震えていました。

 

それに気づいたのは

 f:id:gleebear:20171207221036p:image

ルビィです。

 

そんなことをしているうちに北海道地区予選がはじまりました。

 f:id:gleebear:20171207221121p:image

いつもとは違う、見る側として大会に参加したAqoursが楽しみにするのは

 f:id:gleebear:20171207221205p:image

もはや決勝進出は間違いないSaint  Snowのステージです。

 

 

 

しかし…

 

 

 

f:id:gleebear:20171207221253p:image 

北海道地区予選、決勝進出グループ3組に

Saint  Snowの名前はありませんでした。

 

あんなことがあったから…

 

それはAqoursにとって他人事ではなく、一歩間違えば自分たちもそうなるかもしれない。

ちなみにこの時点では Saint  Snowに何があったかは具体的に触れられていません。

 

ところで、

一度ミスをすると立ち直るのは本当に難しい

このセリフを梨子=りきゃこが言うと重みがありますね。

1stライブ2日目の「想いよひとつになれ

そこでミスをしたばかりか、ピアノ演奏を止めて、さらには曲そのものを止める事態をおこしてしまったりきゃこ。

まさに今回の理亞と同じ状況でした。そこから立ち直って演奏をやりきった。メンバーの励ましと観客の声援と何よりもりきゃこの意志で乗り越えたあの瞬間は「みんなで叶える物語」にふさわしいものでした。

 

ちなみに、普通ならばアクシデントととしてカットされてもおかしくないあの瞬間はそのまま

 

 

 

こちらのBDに収録されています。1stライブを見たことのない人は是非とも見てほしいです。

 

失敗は失敗であり、このような方向での宣伝は良くないのかもしれませんが…それでも見てほしいです。

 

さて、本編に戻ります。

 

「あんなこと」があったSaint  Snowは楽屋に戻ったもののすぐに帰ってしまったようです。

 f:id:gleebear:20171207221341p:image

Aqoursにチェキを要求した3人はスクールアイドルだったようです。

 

ここでSaint  Snowに起こった「あんなこと」が明らかになります。

 f:id:gleebear:20171207221435p:image

f:id:gleebear:20171207221528p:image

立ち位置を間違えたのか、接触からの転倒。

 f:id:gleebear:20171207221617p:image

あってはならないミスを大事な場面でしてしまった。

 

どうやら喧嘩もしていたようです。

 

 f:id:gleebear:20171207221919p:image

理亞の今まで決して見せることのなかった表情が動揺を示しています。

 

f:id:gleebear:20171207222243p:image

まさかのSaint  Snowがしかもステージ上のミスで敗退。ホテルに向かう路面電車Aqoursはそれを噛み締めます。

 

会いに行かない方がいい。

あの二人なら大丈夫。

 

AqoursはSaint  Snowを信じて「何もしない」ことにしました。

 f:id:gleebear:20171207222404p:image

ただ一人、理亞の異変に気付いていたルビィ

 f:id:gleebear:20171207222437p:image

そして、ルビィの異変に気付いたダイヤ

 

黒澤姉妹はお互い気になることがあるようです。

 

さて、それはひとまず置いておき…

 

翌日、Aqoursは函館観光を楽しみます。

 f:id:gleebear:20171207222544p:image

まずは五稜郭です。

 f:id:gleebear:20171207222815p:image

美味しそうと謎の感想を述べる花丸

また食べています。

 f:id:gleebear:20171207222929p:image

善子は善子で厨二心をくすぐる五稜郭の形に大興奮。巨大な魔法陣に見立てて伝説の超巨大リトルデーモンを召喚しようとします。

 f:id:gleebear:20171207223006p:image

曜は…カッコいいというのは多分に服に対してでしょう。

 f:id:gleebear:20171207223110p:image

果南が高いところが苦手というのは意外です。

 f:id:gleebear:20171207223358p:image

楽しそうな9人ですが、ルビィはやはり何かが気になっています。

 

「内浦と同じ空気を感じる」、「この街はアキバに似ている」みたいなものでしょうか。

 

とはいえ、海が近い、潮の香り、坂の上の学校などなど頷ける点もあり、

 

f:id:gleebear:20171208064426p:image

あ…

 

なるほど、そういうことだったんですね。

9話を見ている人にはおわかりだと思います。

 

f:id:gleebear:20171208081015p:image

……

…………

 

なんで、服を着ただけで声まで変わるのか?

 

そろそろティータイムにしようと近くにあった喫茶店らしき店に入ることにしたAqours

 

花丸が苦しそうなんですが寒いのか重いのか

 

 

 f:id:gleebear:20171208205018p:image

そろそろ花丸につっこむのもどうかと思ってます。

 f:id:gleebear:20171208205111p:image

ちなみに入って服を脱いだらいつもの花丸に戻りました。

 

あと、鞠莉のぜんざいのイントネーションがおかしいような気もしますがこれはハーフ設定からでしょうか。

 

何かに気づいたルビィは奥の方に進みます。

 f:id:gleebear:20171208205310p:image

聞こえてきたのはすすり泣く声、その声の主は

 

 f:id:gleebear:20171208205213p:image

理亞?

 

なぜこんなところにいるのか?

その格好はなんなのか?

 

喫茶店に入ったと思ったら Saint  Snowの部屋があった!

 f:id:gleebear:20171208205529p:image

そんな急展開に驚きつつ、アイキャッチ

 

 ○後半パート

f:id:gleebear:20171208205614p:image

いきなりの甘味です。

f:id:gleebear:20171208205730p:image 

さりげなく撮影する梨子です。

「いんすた」とかに投稿して「いいね」をもらうんですかね。いかにも「いんすたばえ」しそうずらね。

オラはまったくわからないずら。

 

はい、そして

 f:id:gleebear:20171208205945p:image

聖良さんがそれっぽい格好で接客してます。

 

どうやらこの店はSaint  Snowこと鹿角姉妹の実家だったようです。

 

旅館の娘、ホテルの娘、ダイビングショップの娘、地元の名家のお嬢様×2、寺の娘、教師の娘、船乗りの娘、

さらに喫茶店の娘×2

 

親が普通に会社員とかしてるのは梨子くらいですね。

 

なお、渡辺さんの感想は

f:id:gleebear:20171208210233p:image

「その制服も可愛いし」

 

ぶれない!

 

花丸はまた食いまくる

 f:id:gleebear:20171208210316p:image

こっちもぶれない!

 

鹿角姉妹の夢はこの店を継ぐこと。

古き良き時代を感じさせる店、是非とも受け継いでいってほしい。

 

あと、できればAqoursがこの制服を着ているところも見てみたい。

 

地区予選の話もでますが、

 f:id:gleebear:20171208210400p:image

「食べたらさっさと出て行って!」

 理亞がラーメン屋の頑固オヤジみたいになってます。

f:id:gleebear:20171208210454p:image 

さらにルビィに「さっきのことを言ったらただじゃおかない」と脅しをかけて奥へと戻ってしまう。

 

最後のチャンスがダメになってしまいましたが、聖良はそれでも後悔はしていませんでした。

f:id:gleebear:20171208210621p:image

それがラブライブ!なのだと、これからは理亞に託すと、聖良は静かに語ります。

 

しかし、それを否定する理亞。

f:id:gleebear:20171208210544p:image

「Saint  Snowはもう終わり!スクールアイドルも続けない! 」

ラブライブ!もスクールアイドルも関係ない!」

 

一見わがままな理亞ですが、ルビィにはそうではないものが見えてしまったようです。

 f:id:gleebear:20171208210756p:image

同じ妹であり、理亞が泣いていたのを見たことでルビィは理亞の真意に気づきました。

 

さて…

1期4話で加入してからというもの、ルビィはどうだったのか?

がんばルビィ⌒°( ・ω・)°⌒というセリフを言うだけの存在にされたり、

高校1年生とは思えない幼児性をあてがわれたり、

黒澤ルビィはアニメという舞台で明らかに虐げられてきました。そこに悪意は無かったにせよ、幾らかの見せ場もあったにせよ、

彼女は不遇なまま、ここまできてしまった。

 

しかし、ここにきて、

同じ想いを持つルビィならば理亞を理解できる

という強みが生まれました。

 

さあ、ここからがルビィのターンです。

 f:id:gleebear:20171208211117p:image

Aqoursが来たのはラッキーピエロというファストフード店。

北海道では有名なようです。何店舗かあるようですが、有志の方々の特定によるとマリーナ末広店というところのようです。

売りは

 f:id:gleebear:20171208211214p:image

このめちゃくちゃ積み上がったハンバーガー!

『フトッチョバーガー』!

f:id:gleebear:20171208211251p:image

ちなみにこれよりも積み上がった『超びっくりノッポハンバーガー』1日限定20食!というのもある

…らしいです(行ったことないものですみません)。

 

スクールアイドルはもうやらないとまで言ってしまった理亞、何が彼女をそこまで意固地にさせるのか?  Saint  Snowはこれからどうなるのか?

 

メンバーはそれを考えます。

 Saint  Snowは鹿角姉妹2人のグループであり、聖良が卒業したら理亞が一人でやることになる。

新しいメンバーを入れれば…しかし、そう簡単に割り切れない。

 

ここの、「新しいメンバー」について鞠莉が言い出す→「って、簡単には考えられないでしょ?」と果南が返す→「まあ…ね」と鞠莉の素が出る→「私たちもそうだった」とダイヤが過去の3年生と重ねる、という流れが秀逸です。

 

かつて3人で始めたAqoursに一番こだわったのは鞠莉です。「新しいメンバーでいい」なんて考えられていたら1期中盤のように苦しむことも無かったし、3人の仲が修復されることも無かった。

それは果南もダイヤも同じで、割り切れなかったからAqoursとして今3人は一緒にいるわけです。

 

ステージのミスはステージで取り返すしかない。

しかし、すぐ切り替えられるほど人の心は単純ではない。

自信を無くしてしまったのか?

 

誰もが理亞の心を図りかねているなか、

 

 

違うと思う。

 

ルビィが切り出します。妹として、姉とともにスクールアイドルをしてきたルビィにしかわからない気持ちがあります。

f:id:gleebear:20171208211715p:image 

姉と一緒に続けられないのが嫌なのではないか?

姉がいないならもう続けたくないのではないか?

 

それをルビィが言うと、単に理亞のことを言っているのとは別の意味を持つ言葉になります。

f:id:gleebear:20171208211840p:image

特に姉=ダイヤにはその意味するところがわからないはずはない。

 f:id:gleebear:20171208212101p:image

たった一人、理亞の気持ちをわかったこと。

そこまでルビィが思い詰めていたこと。

同じ学年の2人は驚きます。

 

慌てて理亞が泣いていたことを言いかけて店を飛び出すルビィ、ルビィの真意を知ったダイヤ、

黒澤姉妹のストーリーもまた、あらたな局面を迎えました。

 

f:id:gleebear:20171208212214p:image 

ルビィを追いかけてきたダイヤはそっとルビィにコートをかけます。

 

姉妹揃ってスクールアイドルになることを夢見て、それが今叶っている。しかし、姉妹であるがゆえに、ダイヤとルビィとでは残された時間が違う。

 

せっかく、スクールアイドルになれたのにダイヤはもうあと少ししかスクールアイドルでいられない。

 

 f:id:gleebear:20171208213447p:image

ダイヤを想うルビィの目からは涙が溢れます。

 

それでもダイヤは満足していると答えました。

f:id:gleebear:20171208213545p:image

果南と鞠莉と2年生と1年生と一緒に、何よりルビィと一緒にスクールアイドルをして、決勝にまで出られる。それでもう充分に幸せなのです。

 

しかし、ルビィの夢はそこで終わらない。

もっとダイヤと一緒にスクールアイドルをしたい、同じように汗をかいて、姉の背中を追いかけていきたい。

 f:id:gleebear:20171208213630p:image

ルビィを置いていかないで。

それは追い続けてきたルビィだから言えるわがままです。

 

終わったらどうするつもりか?

姉妹は互いにきき合いますが、その答えはどちらも出せていません。

 

場面が変わってAqoursの泊まるホテル、 

f:id:gleebear:20171208213958p:image

曜は千歌に「姉」についてききます。

 

千歌は1期3話のファーストライブを思い返して答えます。

 f:id:gleebear:20171208213755p:image

バカチカ!といつもどおりの呼び方で、いつもどおり助けてくれたあの関係が千歌にとっての姉なのです。

生まれた時からいて、いるのが自然で、どこか気になる存在。兄や姉がいる人は大いにうなづける話だと思います。

 

 

そして、場面はまたルビィへ。

 f:id:gleebear:20171208214206p:image

ルビィは行きたいところがあるからと外に出ました。

 

ルビィのためにと買ったハンバーガーは花丸の胃袋へ。

f:id:gleebear:20171208214256p:image 

そんなに食べて大丈夫なのか?

善子の言うフラグの回収、まさかあんなことになるとは…

 

函館の街を歩きながらルビィはダイヤの話を思い出します。

 

 

終わったらどうしたいか。それはわからない。

f:id:gleebear:20171208214721p:image

ただ、ルビィがダイヤにスクールアイドルになりたいと言ってきた時、ダイヤはとても嬉しかった。

 f:id:gleebear:20171208214748p:image

ルビィが自分の知らないところでこんなにも考えて、自分の足で答えにたどり着いた。

それがたまらなく嬉しかった。

 

f:id:gleebear:20171208214854p:image 

f:id:gleebear:20171208214953p:image

多分、1期4話のここですね。

 

はじまりは姉と一緒で、ずっと姉の背中を追いかけてきたルビィでしたが、スクールアイドルになることを決めたのはルビィ自身の意思でした。

 

ルビィが自分でスクールアイドルになることを選ぶ、1期4話で鞠莉が言っていたように、それはダイヤの希望でした。

 

 さて、

f:id:gleebear:20171208215134p:image

ルビィが向かった先、昼間立ち寄った喫茶店には理亞がいました。

 

話があるからと理亞を連れ出したルビィは自分も理亞と同じように姉がいることを話します。

もちろん、理亞はダイヤがルビィの姉であること、同じグループに所属していることは知ってます。

 

しかし、

 f:id:gleebear:20171208215246p:image

でも、私の姉様の方が美人だし、歌もダンスも一級品だし…

 

「姉」、それは理亞にとってゆずれない誇りです。

 

ルビィも同じです。自分の姉はすごいと思う、姉の話になったらいつもの何倍も熱くなる。

 f:id:gleebear:20171208215401p:image

だって大好きだもん。お姉ちゃんのこと。

 

二人とも姉を思う気持ちは同じ。

 

だからルビィは理亞に伝えたいことがあります。

 

それでね、ルビィ…お姉ちゃんと話してわかったの。

f:id:gleebear:20171208215553p:image 

嬉しいんだって。お姉ちゃんがいなくても、別々でも、頑張ってお姉ちゃんの力無しで、ルビィが何かできたら嬉しいんだって。

 f:id:gleebear:20171208215843p:image

きっと、聖良さんもそうなんじゃないかな?

 

妹を想う気持ち、それはダイヤも聖良も同じ。

 

そんなのわかってる。

 f:id:gleebear:20171208215503p:image

だから…頑張ってきた。

姉様がいなくてもひとりでできるって。

安心してって。

 f:id:gleebear:20171208220328p:image

なのに…最後の大会だったのに…

 

聖良がいなくても理亞がスクールアイドルを続けることが聖良の望み。

理亞もそれはわかっている。しかし、わかっていても理亞は「自分は大丈夫だ」と言うことができなかった。大丈夫だと伝える機会を理亞自身が奪ってしまったのだから。

 

 f:id:gleebear:20171208220416p:image

じゃあ、最後にしなければいいんじゃないかな!

 

ルビィは理亞の手を引いて走り出します。

そこにあったのは大きなクリスマスツリー。

 

 f:id:gleebear:20171208220530p:image

歌いませんか?

一緒に曲を、 

お姉ちゃんに贈る曲を作って、 

この光の中でもう一度。

 

 イルミネーションが灯るツリーの前でルビィは理亞に「もう一度」ライブをやることを提案します。

 

 ツリーの光に負けないくらい眩しい姉妹の絆、そして、まさかの妹どうしでつながったAqoursとSaint  Snowの絆。

次回どうなるかを実は知っていながらも…次回が楽しみですね。などどいいつつ、

ラブライブ!サンシャイン‼︎2期8話「HAKODATE」終了です。

 

そして、エンディングのあのシーンは

 f:id:gleebear:20171208220641p:image

黒澤姉妹です!姉妹です!お姉ちゃんと妹です!

やったぜ╭( ・ㅂ・)و̑ グッ

 

○まとめ

・サブタイトル→ギャグ回?

 サブタイトルからギャグ回を予想していただけに見事にやられました。だって「TOKYO」と「HAKODATE」ですから。

知らず知らずのうちにあの話が頭をよぎってしまっていました。

まさかここまでやってくれるとは。

 

・念願の「姉妹回」

黒澤姉妹と鹿角姉妹、今回の話は2つの姉妹が主役になりました。

 

グループ内に姉妹がいるとわかった時から「姉妹回は是非ともやってほしい」とあちこちで言われ続けてきました。

まさか、ダブル姉妹回をもってくるとは。

私自身、このブログで幾度となく姉妹回について書いてきただけに感無量です。

今回はまさに「みんなの夢」が叶った話です。

 

姉妹で同じグループ、 1年生と3年生、

2つの姉妹は共通するところがありながらも、片方は(少なくとも姉妹にとっては)終わりがきてしまい、片方はわずかながらこれからがある。

その2つの姉妹の妹どうしが姉への想いで繋がるまでの、前後編でいうなら前編が今回の話でした。

まあ、すでに9話を見てるからというのもあるのですが、この後に「妹→姉」の想いが中心となる話がくるためにもここで「姉→妹」の想いをしっかりと話してもらえたのは良かったです。

 

・さらに念願のルビィ回

2つの姉妹の物語はルビィを軸に展開しました。ルビィだからこそわかる気持ちがある、というのはなかなか熱い話の作り方だったと思います。なんだかんだ次もルビィ回ですね。

ルビィ推しの方々はここまでよく耐えました。

想いは報われるのだと、噛み締めながら9話を見ましょう。

 

次回は第9話「Awaken the Power」

f:id:gleebear:20171208224542p:image

日本語訳するとめざめるパワー!

 

そして、何よりもルビりあ回です。

あと、あれとかあれとか。

 

今回は9話を見た後での記事のため、どことなく未来がわかった上での感想になった気がします。でもって、この後9話感想に取り掛かるわけですが、9話はじっくりと書きたい話でもあり…

気長にお待ちいただけると嬉しいです。

 

この記事内の画像については、個別に表記していないものはすべて
©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
出典:U-NEXT
となっています。  

【2期9話視聴前に】ラブライブ!サンシャイン‼︎2期9話を「うゆっと」楽しむポイント

先週に引き続き前回の記事ができていないのですが、最新話の記事書きます。

 

この記事はその回のネタバレをなるべくしないように、最新回を見る際に押さえておきたいポイントを記事にしてみよう。という感じでやります。

押さえておきたいポイントということはそれに関することが起きるわけで、遠回しなネタバレなるかもしれないです。そこはご了承ください。

 

まずはネタバレ防止スペース

 

皆さん、すでにお気づきかもしれないですね。

 f:id:gleebear:20171203061155p:image

このブログは基本サンシャイン‼︎についてばかり書いているのですが、ブログ名には「音ノ木坂」が入っています。

 

 f:id:gleebear:20171203061532p:image

始めた当初はμ'sについても書いていく予定だったし、それなりにネタも用意してたけど、気づいたらサンシャイン‼︎で手一杯になってここまできたずらね。

 

 f:id:gleebear:20171203062607p:image

そんな名前詐欺ともいえるこのブログですが、新たな問題が浮上しました。 

それは…

「虹が咲はどうするか?」

 

 f:id:gleebear:20171203062901p:image

今のところは虹が咲学園同好会の展開は小規模だけどこれから先、大きくなっていった時に彼女たち9人についても書くのか?

今後もっと増えたらどうするのか?

 

f:id:gleebear:20171203093233p:image

今…試される覚悟!!!

 

 

虹が咲学園スクールアイドル同好会もだんだん活動が本格化してきましたね。これからアニメ化もすると思います。

サンシャイン‼︎のアニメ開始をきっかけにブログをはじめたわけで、虹が咲もアニメ化を一つの目安にしようかなとは考えていますが、展開によってはそれ以前にも触れるかもしれないです。

 

あと、そろそろμ'sについてなんか書こうかなとも思います。まずは未完の2期8話記事を書かないとですが。

 

あ、ぱいちゃん武道館ライブ行きました。

ちなみに「feat.ラブライブ!」を発表する前から、というよりも受け付け開始初日にチケット申し込みしましてVIPシートでの参加でした。

 

「feat.ラブライブ!」なのでぱいちゃん本人よりもラブライブ!に偏ってしまわないか?

ぱいちゃん本人に焦点をあてたらあてたで「ラブライブ!を集客だけのために使った」と言われてしまわないか?

などなど心配だったのですが、

まさに絶妙なバランスでした。

ぱいちゃんのライブとして来た人もラブライブ!の延長のライブとして来た人も両方とも満足できるものであったと思います。

 

さらにぱいちゃんのレベルアップも感じられるライブでした。

ぱいちゃん、Pileさんは元々が歌手ということもありμ'sの中でも歌唱力には定評があります。

とはいえ、さすがに長時間のライブ(とくに動き回るμ'sでのライブ)では疲れから歌い方が力押しになってしまうことも多く、ソロの方でもその傾向がありました。

 

まあ、力押しでなんとかできるというのも実力ですし、プロとして歌ってる人にどうこう言える立場ではないのですが

今回のライブではそういう力押しになる場面が減ってきた、それでいてパワーは失われていない。出力はそのまま安定した歌になっていました。

 

さて、本題。ネタバレを覚悟できる方のみここからスクロールを。

 

 

 

 

 

 

 

・新曲

8話のラストから予想されているように新曲が来ます。ですが、予想を超える事態が起こります。まさに豪華絢爛。

 

・ルビィ覚醒

前回に続き、今回もルビィにスポットライトが当たります。2話を使っただけあってルビィ関連の精度は抜群です。

 

・理亞の決意

 前回はSaint  Snowの話でした。そして、今回は理亞の話です。なぜSaint  Snowではなく理亞なのか?それは見ればわかります。

あと理亞がかわいい。

 

・脂肪フラグ回収

食べたら太る、そのフラグが回収されてしまいました。

ただ、なんと言うか意外でした。でも良く考えたらなんとなく納得できる結末です。

 

・鞠莉にもある変化が

「父親を説得するには自分たちの力でやらないと」と統廃合阻止で小原家の力を使わないようにしていた鞠莉ですが、もう統廃合は決定してしまいました。

ならばそのルールはどうなるのか?

 

・次回は

まだ単独でメイン回のなかったあの子の話です。そう…鞠莉!

 

・真の驚きはその後に

ラブライブ!の展開の方向性が明らかに変わりました。おそらくその告知は地上波なら絶対に入るし一部の配信サービスでもあると思います。

まさかあの人たちがライブをするとは。

 

9話についてはこんなところです。 

まずは8話記事を書かないとですね。 

 

この記事内の画像については、個別に表記していないものはすべて
©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
出典:U-NEXT
となっています。

【感想記事】ラブライブ!サンシャイン‼︎ 2期第7話「残された時間」

かなり遅れてしまいました。

ラブライブ!サンシャイン‼︎2期7話「残された時間」の感想です。

 

2期ももう折り返しです。

折り返し地点とは方向を変えて今まで来た道を戻る起点、turnするpointです。

文字通り今回はAqoursのターニングポイントになりました。

 

○アバンパート

前回の〜は曜、またヨーソローしてます。

 

f:id:gleebear:20171130203359p:image 

地区予選の結果発表からはじまりました。

 f:id:gleebear:20171130203443p:image

もはや当たり前のようにいるアキバレポーターさんです。

 

さあ、傷だらけになりがらも必殺技を習得したAqoursは地区予選を突破して決勝に進めるのか?

 

結果は…

 f:id:gleebear:20171130203526p:image

f:id:gleebear:20171130203618p:image

 f:id:gleebear:20171130203712p:image

f:id:gleebear:20171130203751p:image

f:id:gleebear:20171130203841p:image 

f:id:gleebear:20171130203926p:image

地区予選、優勝!

前回は涙を飲んだ地区予選、Aqoursはリベンジを果たしました。

 

 

夢じゃないです。

f:id:gleebear:20171130204024p:image 

Aqoursが決勝に進出しました。

 

決勝進出を祝しての

 

前速前進〜

f:id:gleebear:20171130204133p:image 

ヨーソロー!

 f:id:gleebear:20171130204210p:image

からの敬礼!

 f:id:gleebear:20171130204308p:image

でオープニング

ヨーソローは何度もしてますが「からの敬礼」までやるのは珍しいです。

 

○前半パート

f:id:gleebear:20171130204345p:image 

緊張で何も喉を通らなかった花丸はやっとのっぽパンタイムです。

 

実はずっと食べていたようですが。

のっぽは別カウントのようです。

 

決勝に進出したことでモチベーションの上がる一同、

 f:id:gleebear:20171130204430p:image

地区予選のパフォーマンスが早速放送されています。

 

たくさんの人に評価されて地区予選突破をしたAqours、もう一つの目標の統廃合阻止はどうなったのか気になります。

 

鞠莉によると、

 f:id:gleebear:20171130204524p:image

どうもあまり状況は良くないらしいです。

 

地区予選の日がタイムリミットなのであと数時間で100人の入学希望者が集まらなければ統廃合が決定してしまいます。

 

まだ時間はある、学校に行けば正確な数もわかるとのことで

Aqoursは沼津に戻りました。

 

f:id:gleebear:20171130204653p:image

時刻は午後8時、

 f:id:gleebear:20171130204723p:image

希望者は80人、

 

あと4時間で20人増えなければ統廃合です。

Aqoursの動画再生数は増えている一方で入学希望者は増えない。現実は非情です。

 

鞠莉がパパに掛け合ってくると出て行き

f:id:gleebear:20171130204901p:image

午後9時、

 

翌日の朝5時まで期限の引き延ばしをしてもらうことができました。

 

鞠莉は父親に「決勝に進出して、動画再生数がすごいことになっている」ことを報告しました。

普通の父と娘の会話ならこれで終わり、鞠莉も父親も嬉しくないわけがないのです。しかし、互いの立場がそれを許さない。

 

小原家の特殊な親子関係。

もし、鞠莉の個人回があるならそこをやってほしいですね。

 f:id:gleebear:20171130204823p:image

鞠莉にこんな顔させたくらいですから。

 

 

午後の5時まで期限が延び、わずかながら希望者も増えた。

 

千歌はどうにかして希望者を増やそうと焦って駅前での呼びかけ、ライブの配信などをしようしますが、

 

待つしかない!

 

f:id:gleebear:20171130205140p:image

追い詰められた千歌っちかわいい。

 

そんなこんなでタイムリミットまでの時間を9人で学校に泊まって一緒に過ごすことにしました。

 

理事長と生徒会長が揃っていると、こういう時にスムーズに事が運びます。

 f:id:gleebear:20171130205315p:image

日付が変わって午後1時、あと4時間です。

f:id:gleebear:20171130205357p:image 

果南のあぐらは予想通りですが、

善子のあぐらは意外です。なんか興奮しますね。

ではなく、

 f:id:gleebear:20171130205500p:image

87人、あと13人。

しかし、入学希望者は増えない。

どんなにAqoursや浦の星や内浦が魅力的だろうとそこに通うかは別の話。

 

昼から何も食べていないからと

食料調達に1年生がコンビニへ行きます。

 

2話で思いっきり3年生に噛み付いていたりしましたが、やはり年功序列は存在したのか?

 

あと、

 f:id:gleebear:20171130205556p:image

約1名明らかに食べてましたが…

 

f:id:gleebear:20171130205645p:image

コンビニから帰る途中、1年生は自分たちはAqoursにとっての何なのかを話します。

今のAqoursを作ったのは2年生、

2年前のAqoursを作ったのは3年生、

自分たちはそこに参加をしただけの存在。

 

そこに責任を感じる花丸

花丸は運動が苦手でありながら、「やりたい」という願望から加入しました。今でもやりたいことをやる一方で力不足であると責任を感じているのかもしれません。

 

責任なんて感じなくていいだろう。少なくとも感謝しか私は感じない、と返す善子。

善子はAqoursが自分のありままを見せられる、そしてそれを受け入れてくれる場所だから加入したのです。だから、遠慮をして壁を作るくらいなら互いにありのままでぶつかりたい。そうしてくれるAqoursに感謝している。

 

いいですね。こういう何気ないところにキャラの掘り下げがあって、それが今までのことを振り返る機会をくれる。

 

 f:id:gleebear:20171130205822p:image

イムリミットも近づいてきました。

 f:id:gleebear:20171130205926p:image

入学希望者は94人、

f:id:gleebear:20171130205957p:image 

残り時間は40分弱

各所でツッコまれ尽くしてますが…

こんな時間に希望者が増えるってどうなのでしょう。

 

さすがの曜ちゃんも睡魔には勝てなかった

 f:id:gleebear:20171130210101p:image

かと思ったら起きてました。

スイマーが睡魔に…とかは言わないです。

 

千歌、曜、果南は外に出ます。

 f:id:gleebear:20171130210259p:image

12月の5時前の空にしては妙に明るいのですが…

 f:id:gleebear:20171130210355p:image

青春時代かつ、徹夜明け特有のテンションで叫びます。

 

梨子は「保証するー!」だとウ母音で叫びにくいから「保証するわー!」の方がいいんじゃないかな。

 

f:id:gleebear:20171130210501p:image

で、入学希望者も97人。あと3人です。

 f:id:gleebear:20171130210557p:image

残りは10分。

 

9人で見守る中、98人目の申し込みが。

 

f:id:gleebear:20171130210703p:image

残りは約1分。

 

あと2人、届くのか?

 

その結果は?

 f:id:gleebear:20171130211112p:image

タイムオーバー!

そんな気はしてたんです。

あと1ならともかく、あと2って時点で。

まず、「待ってたらギリギリ100で成功です」なんていうご都合主義はここまで神の見えざる手を否定してきたサンシャイン‼︎らしくない。

あと1で失敗などというこれもまた誰かが用意したような失敗パターンもなさそう。

となれば、あと2くらいで失敗にするかなと。

 

 

…………。

 f:id:gleebear:20171130211213p:image

統廃合が決まりました。

 

あと少しで届かなかった。ラブライブ!決勝に進出しても統廃合は止められなかった。

1・2年生はあと少しまってもらえば達成できると主張するものの、もう引き延ばせないのが現実と3年生は答える。

 

やれることを全部やって、それでもダメだった。

 

悔しさとやるせなさを千歌はパソコンにぶつけ…

 f:id:gleebear:20171130211401p:image

る寸前でなんとか止まりました。

千歌を見て、鞠莉はまた交渉に向かおうとするものの、それをやれば鞠莉は理事長でいられないかもしれない。

 

頑張ったから、全力だから願いが叶うわけではない。

 f:id:gleebear:20171130211733p:image

そんな現実を思い知りながらアイキャッチです。

 

○後半パート

 f:id:gleebear:20171130211918p:image

全校生徒の前で鞠莉は統廃合の決定を知らせました。

 

明るい声が逆に痛々しいです。

 

統廃合を阻止できなかったという事実、それが千歌にのしかかります。

 f:id:gleebear:20171130212556p:image

決勝進出し、456トリオに激励されるものの千歌の心は晴れない。

 

曜も梨子も千歌をどう元気付ければいいかわからない。

 

 

今は前を向こう、と練習を始めたAqours

 

ルビィが言うように3年生にとっては最後の大会、統廃合の阻止という目的は無くなったけれどラブライブ優勝という目標は無くなったわけではない。

 

f:id:gleebear:20171130212935p:image

前を向いていこうとするメンバーを見て千歌も決意しました。

 

今はラブライブに集中する

 

 でも、

 

それでも嘘をつき通すことができないのが千歌です。

f:id:gleebear:20171130213148p:image

千歌の目からは涙が。

 

 しかし、千歌は自分が泣いていることを自覚していない。

 絶対に学校を救う!それまでは泣かない!
2期1話での千歌の決意は千歌自身を縛ってしまったわけです。

 

  f:id:gleebear:20171130213537p:image

 f:id:gleebear:20171130213606p:image

f:id:gleebear:20171130213918p:image

f:id:gleebear:20171130213838p:image

 千歌を見るメンバー、1期8話と同じく千歌の無理はメンバーにはまるわかりです。

 

とはいえ、1期8話とまったく同じというわけでは無かった。今は3年生がいます。

 

ましてや千歌は自分の感情を無かったことにしようとしている。
かつての東京のイベントの時と同じく、乗り越えるのではなく無かったことにしようとしている。

 

f:id:gleebear:20171130214300p:image

3年生が率先して「立ち止まってみる」ことを提案します。

「どうするべきか」ではなく「どうしたいか」を、誰かのためでない選択を一人一人が考えてみる。

 

前に進もうとしていたAqoursですが、
千歌の涙から目をそらしてまで進むことはしませんでした。

 

統廃合が決まったのにラブライブ!に出る意味はあるのか?

一人一人がその問いへの答えを出すことにしました。

 

 そして流れる挿入歌

 

 f:id:gleebear:20171130215529p:image

うまくいかなくて

 f:id:gleebear:20171130215605p:image

泣きそうになる時は

 f:id:gleebear:20171130215735p:image

くちびる噛みつつ願うんだ

 f:id:gleebear:20171130215806p:image

「あしたは晴れ!」

 f:id:gleebear:20171130215852p:image

繋がりそうで 繋がらないの

 f:id:gleebear:20171130220018p:image

心と心

 f:id:gleebear:20171130220135p:image

船が夕焼けを渡るよ

 f:id:gleebear:20171130220300p:image

悩みを持ち去るように

 f:id:gleebear:20171130220352p:image

私はまだまだ頑張れる 

 f:id:gleebear:20171130220428p:image

消える波に語ろうか

f:id:gleebear:20171130220629p:image 

ほらもう大丈夫!

f:id:gleebear:20171130220818p:image

家まで走って行こう

 f:id:gleebear:20171130220902p:image

面白いことしたくなったと

 f:id:gleebear:20171130220936p:image

君に伝えなくちゃ

 f:id:gleebear:20171130221027p:image

家に帰ったら…

 f:id:gleebear:20171130221249p:image

1期BD2巻特典曲、「空も心も晴れるから」

9人バージョンです。

 

f:id:gleebear:20171130221127p:image 

羽は9人の前に現れますが、9人はそれに気づけない。

 

 

それぞれにどうしたいかを考えた9人は自然と屋上に集まっていました。

f:id:gleebear:20171130221511p:image

f:id:gleebear:20171130221604p:image

f:id:gleebear:20171130221645p:image

このシーン、無印劇場版のアキバライブ提案シーンを彷彿とさせます。

 

9人はそれぞれの答えを言います。

ラブライブ に出た方がいいというのはわかる。

でも、学校は救えなかった。

なのに決勝に出て歌って

例えそれで優勝しても…

2年前のAqoursのはじまりは統廃合の阻止のため、千歌たちも統廃合阻止を目標にここまでやってきました。

 

たしかにそうだ。

でも、千歌たちは学校を救うためにスクールアイドルを始めたわけではない。

輝きを探すため、

みんなそれぞれ自分たちの輝きを見つけるために、

そう、千歌たちのはじまりは統廃合の阻止ではない。「輝きたい」という想い、統廃合阻止とは別のものを目指して始まったのが今のAqoursです。

 

でも…

見つからない。これで優勝しても学校は無くなってしまう。

奇跡を起こして、学校を救って、だから輝けた。

f:id:gleebear:20171130222045p:image

学校を救えなかったのに、輝きを見つけられるなんて思えない。

 

名前は出していませんが、ここでμ'sの輝きに千歌は言及します。

 

今はラブライブなんてどうでもいい、自分たちの輝きなんてどうでもいい。
学校を救いたい。

 

あれほどこだわり続けた輝きを捨ててでも千歌は学校を救える未来を望みます。

 

それは千歌にとって、廃校阻止という目標の達成が輝きの条件になっていたからです。

しかし、

 

それを砕いたのは意外な人物でした。

 

だったら救ってよ!

ラブライブに出て、優勝して。

 f:id:gleebear:20171130222558p:image

屋上で繰り広げられたAqoursだけの語り、それこに乱入したのは456トリオをはじめとする浦の星の生徒たちです。

 

できるならそうしたい!みんなともっと足掻いて、学校を存続させられたら…

千歌はもう救えないことを悔やみます。

 

ですが、救いはありました。

もう、終わりが決まってしまった学校を残すことができる可能性をAqoursは手に入れていました。

 

「救う」、ここまでの話では統廃合の阻止が学校を救うことでした。Aqoursも浦の星の生徒も統廃合の阻止で学校が救われるのだと信じてきました。

 

だから、それができなくなった時、千歌は救えなかった無力さを悔やみました。

 

しかし、

本当に統廃合阻止だけが学校を救うことなのか?

 

 

浦の星の生徒たちはAqoursに願いを伝えます。

 f:id:gleebear:20171130222754p:image

優勝して、"浦の星女学院スクールアイドルAqours"の名前を残してほしい。

f:id:gleebear:20171130222825p:image

学校が無くなってもAqoursとともに浦の星女学院の名前を残してほしい。

f:id:gleebear:20171130222917p:image

"浦の星女学院"をラブライブの舞台に永遠に刻まれる名前にしてほしい。

 

それは今なおAqoursに残された、Aqoursにしかできない救い方です。

統廃合を止められなかったけれど、Aqoursのこれまでは無駄ではなかったのです。

 

つい、数分前まで自棄になっていた千歌ですが、もう千歌は心を決めていました。

願いはまだあった。

救いは終わっていなかった。

輝きもまだまだこれから手に入るのです。

 

ここまでのやるせなさも無力さもすべてを吹き飛ばし、

千歌は高らかに宣言します。

 

優勝する!ぶっちぎりで優勝する!

相手なんか関係ない!アキバドームも、決勝も関係ない!優勝する!

f:id:gleebear:20171130223038p:image

優勝してこの学校の名前を、一生消えない思い出を作ろう!

 

f:id:gleebear:20171130223818p:image

千歌だけでなく、他のメンバーにも火がつきました。

 f:id:gleebear:20171130223910p:image

失敗を引きずりながらただ前を向いて決勝に望むのではなく、野望を抱いて決勝に望むのだから当然です。

 

一つの夢は潰えたけれど、新たな夢に気づいたばかり

未来を変えることはできないかもしれないけれど、何度も立ち上がることができる

 f:id:gleebear:20171130224233p:image

ただ舞うだけだった誰も気づかなかった羽を千歌が見つけ、

 f:id:gleebear:20171130224615p:image

水=Aqoursの色に染まったのを見届けたところで、

ラブライブ!サンシャイン‼︎2期7話「残された時間」終了です。

 

エンディングのあのシーンは果南。

鞠莉ではなかったか。

 

○まとめ

ラブライブ!サンシャイン‼︎というのはもともと、廃校が決まってしまった学校のスクールアイドルの話でした。

しかし、アニメが近づくにつれ、廃校確定の設定は曖昧になり、アニメでは1期6話でμ'sと同じく廃校を阻止する話ということになりました。

 

そして、今回ついに統廃合が決定しました。 

 

ようやく、ここに戻ってきた。そんな言葉が出てしまいます。

終わってしまう学校の最後の、まるで命の最期の煌めきのような力強い輝き

それは穂乃果たちμ'sが「限られた時間の中で精一杯に輝こうとする」ことにスクールアイドルの価値を見出したことにも通じます。

 

・モブの活躍

さて、今回は今まで特に活躍してこなかったモブ生徒が未だかつてない働きをしました。まずはそこについて。

 

Aqoursのターニングポイントをモブに任せてしまっていいのか?というのは若干ありますが、「優勝して学校の名前を残す」という方向に持っていくにはモブに言わせるのも一つの手だったのかなと思います。

 

「統廃合の阻止ができなくても学校を救う方法」

そこにAqoursだけではたどり着けないことに意味があったのだと思います。少なくとも学校のために統廃合阻止を言い出してしまったアニメ版では。

 

Aqoursは統廃合阻止を目標にしてきました。

「統廃合阻止」それがAqoursが叶えようとした物語です。「輝きたい」「ラブライブ優勝」というのもありますが。

 

Aqoursは統廃合の阻止という目的ありきでここまで来たので、今回の前半部分までは統廃合阻止のために奔走してきたので、「阻止できなくても学校を救える」という発想が入り込む余地はなかった。

もしも「統廃合を阻止しなくても学校を救える」という発想がAqoursにあるならばAqoursのやっていることは何なのかという話になるわけで、 学校を救う唯一解が統廃合阻止であることがAqoursの支えになっていました。

 

だから統廃合が決定することがAqoursにとっては学校を救えないことにつながりました。

 ここで「名前を残すことで救う」に切り替えるなら、学校を救うことと統廃合の阻止を切り離して考えることが必要になるのですが、Aqoursはあくまでも「統廃合阻止=学校を救う」を貫いておいた方が良い。

 

では誰が学校を救うことと統廃合の阻止を切り離すのか?

 

正直、Aqours以外なら誰でも良いと思います。みとねーでも、しまねーでも、8話で北海道に行くならSaint Snowとのやりとりで気づいたとかでもいい。

 

 ただ、モブ生徒がやった方が展開は早くなると思います。生徒側から言い出せば「優勝して学校の名前を残す」を浦の星の総意にするためのプロセスを簡略化できるので。

ただ、私としてはこの辺りはストーリー上重要な部分なのでじっくり時間をかけてもよかったと思います。あと1話くらいかけてもいいです。

 

きっかけとなる出来事→Aqoursが「統廃合阻止はできなかったが名前を残すことはできる」と気づく→生徒たちにせめて名前を残したいと提案→みんなそう思っていた、これでストーリーとしては成り立ちますし、それくらいしてもよかったのではないかなと。

 

とはいえ、モブ生徒たちの活躍を無駄にしないためにもモブ生徒の行為に意味を持たせる考察もしていきます。

 

 ・モブ生徒=願う存在、の持つ力

ラブライブ!サンシャイン‼︎におけるモブ生徒は千歌たちAqoursに願いを託す存在として描かれています。

 

1話で劇中に登場した小道具になぞらえてAqoursを紙飛行機、モブ生徒を折り鶴に当てはめたことがありますが、

同じ紙であっても紙飛行機は飛ぶことができ、折り鶴は飛べないのです。

折り鶴にできるのは集まって千羽鶴となって、願うことだけです。

 

1話時点では私はこれを「無力」と書きました。

しかし、その後の話で、「人の想いが力を持つ」という可能性が仄めかされます。3話しかり、5話しかり、6話しかり。

ならば願うだけのモブ生徒は「願う」という力を持っていると見ることもできます。

力なき者の願いが力ある者を助ける、いわゆる元気玉やミラクルライトの原理ですね。

 

願うことがAqoursに力を与え道を示す、これはサンシャイン‼︎2期が今まで描いてきた人の想いが持つ力の一つの形です。

そして、そこから生まれるのはラブライブ!がずっと掲げてきた「みんなで叶える物語」の考え方です。願いの力で物語を動すことができるのです。

 

1期13話でモブ生徒は表舞台に出てAqoursと同じ役割を担おうとしました。しかし、それは願いを託す立場でなくなるということです。

今回はようやくモブ生徒の本来の役割である「願い」が物語において重要になりました。

 

・統廃合は意味のある必然?  

Aqoursは統廃合を阻止しようとしました。

しかし、それはできなかった。

現実は非情、できないこともあるんだ。

ということなのかもしれないのですが、ここで5話の梨子のセリフを思い出してみます。

 

この世界に偶然ってないのかもって思ったの

いろんな人がいろんな想いを抱いて

その力が見えない力になって引き寄せられて

運命のように出会う

すべてに意味がある

 

統廃合に意味があるとしたらそれはなんなのか。

そもそも、なぜ千歌たちは統廃合を阻止したかったのか。

千歌たちが残したかったものは学校だったのか。

 

さて、余談ですが…

実はμ'sは学校を廃校から救ってはいないんですよね。μ'sは学校の知名度を上げたかもしれませんがそれ以外は特に廃校阻止に何かやったわけでもない。

むしろμ'sの手によるものでない廃校阻止がμ'sの歩みを止めてしまったのが真実。

だから「μ'sは廃校を阻止したから輝けた」わけではない。

 

詳しくは、

 

 無印の1期12話を見てほしいです。

 

 

さらに、μ'sの輝きは廃校阻止とは別のところにあったのですが、それはアニメ1期、2期や

 

 劇場版でも見てもらえればわかるかと。

 千歌はそこを知らなかったがために廃校を阻止すれば輝けると思ってしまった。

果南もダイヤも鞠莉もスクールアイドルになって学校を救えると思ってしまった。

 

つまり、μ'sという先人を想定し統廃合阻止を軸とした物語は

最初から間違っていたのです。

だってμ'sは学校を救ってはいないのですから。

 

「μ'sとは別の自分たちの輝きをめざす、」1期12話で千歌たちが決めて、2期6話で千歌が悩んだことこそがサンシャイン‼︎の本当の物語です。

 

その物語では「μ'sと同じく」学校を廃校から救うという目標は不要どころかむしろ邪魔でしかない。

だから統廃合の阻止ができないのは必然なのです。

 

ではなぜ、そんな邪魔でしかない目標が立ったのか?Aqoursは統廃合阻止のためにあんなにも苦しんだのか?

そこにも意味があります。

「統廃合は止められないものである」ということがはっきりしたからです。すべてを懸けたから、Aqoursはちゃんと統廃合阻止という夢に敗れることができた。

さらに、統廃合阻止のためにやってきたことは、ラブライブに優勝して学校の名前を残すことができるチャンスにつながりました。

 

・これからどうなるのか?

2期のちょうど真ん中にして大きく方向転換をしたサンシャイン‼︎

すでに放送されている8話、そして次の9話は北海道でのSaint Snowを中心とした話であることから、ストーリーの進行に使えるのはあと4話です。

4話でまだ残っている諸々を片付けるのはやろうと思えばできなくもない。しかし、そんなに急いでやってほしくないところです。

ここは残り4話はストーリーよりもキャラの掘り下げに使って、3期or劇場版でフィナーレという形にしてほしいです。

 

 

次回は第8話「HAKODATE」

 f:id:gleebear:20171130224734p:image

f:id:gleebear:20171130224838p:image

f:id:gleebear:20171130225115p:image

f:id:gleebear:20171130225359p:image

もう放送されて4日経ってますね…書きます!

ところで、98人だったということはあと2人で100人、Saint Snowは2人なのですがまさか98+2で100!?

そんなことになったらショックで立ち直れなくなりそうですが…

 

この記事内の画像については、個別に表記していないものはすべて
©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
出典:U-NEXT
となっています。

【2期8話視聴前に】ラブライブ!サンシャイン‼︎2期8話を「全速前進」楽しむポイント

実はまだ前回の7話の記事ができてないのですが、さきにこっちをやります。

というのも今回は早くなんか書きたいくらいの良回だったもので…

 

その回のネタバレをなるべくしないように、最新回を見る際に押さえておきたいポイントを記事にしてみよう。という感じでやります。

押さえておきたいポイントということはそれに関することが起きるわけで、遠回しなネタバレなるかもしれないです。そこはご了承ください。

 

まずはネタバレ防止のスペース

 

 f:id:gleebear:20171126002010p:image

ついに、この時がきてしまったわ。

 

f:id:gleebear:20171125233618j:image

 ことのぞイベント!

 

f:id:gleebear:20171126002114p:image

事情説明から入ると、筆者のμ'sの推し

1番が希、2番がことりなの。

ことり推しから入って、希とことりの両方で迷う期間を経て、2期8話で希推しジョブチェンジ。それから現在まで希推しね。

 

f:id:gleebear:20171126002218p:image

基本的に絡みが少ないことのぞだけにBDの小説や劇場版で絡みがあったときは震えたわ。

 

ちなみにことりのイメージカラーはグレー、希のイメージカラーはなので

f:id:gleebear:20171126002427p:image

Aqours(善子鞠莉)と推しのイメージカラーがかぶっていることになりまーす。

 

μ'sの流れが繰り返された場合は今後鞠莉推しに傾いていくことも。

 

 

まずはすみません。

7話放送終了あたりから「舞MY☆TONIGHT」の記事を書いていたのですが、ことのぞがお揃いの服を着ているという稀に見る事態に遭遇しました。

他にも色々と様々な事情で時間が取れなかったところにスクフェスでイベントを走っていたために現在7話の感想記事が未完成です。

統廃合が決まったあたりまでは書けているのでもう少々お待ちください。

 

では、ネタバレ覚悟で8話について知りたい人のみスクロールを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・前回の次回予告の花丸

f:id:gleebear:20171126001506p:image

 これですね。

現実でした。

なんかしかも複数回出ます。

 

Saint Snow

北海道ということで当然出ますが…

今回は彼女たちにある問題が。

 

Aqoursにも主役が

ついにあの子にスポットライトが当たりました!

Saint Snow姉妹ユニット。姉妹の気持ちは姉妹だからこそわかる。となればAqoursでは誰にスポットライトがあたるかはわかりますね?

 

・さらにあの人にもスポットライトが

あの子にスポットライトが当たったことで当然スポットライトがあたる人がいます。

ずっとやってほしかったあの組み合わせの掘り下げが今回されます。

 

・予想的中

エンディングで以前書いていたある予想が当たりました。

結構多くの人が予想していたので王道ではあると思います。

 

ということで7話と8話の感想早く書きます。

 

 この記事内の画像については、個別に表記していないものはすべて
©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
出典:U-NEXT
となっています。 

【サンシャイン‼︎曲感想】2期第3話挿入歌「MY舞☆TONIGHT」

 ラブライブ!サンシャイン‼︎曲感想記事、2期の第3回です。

f:id:gleebear:20171124195532p:image

今回は第3話挿入歌「MY舞☆TONIGHT」です。

 

○この曲は…

ラブライブ!後期大会の予備予選にて Aqoursが演奏した曲です。

 

この曲については作られた経緯、演奏までの経緯、ともにストーリーに絡んできます。 

ということで、 第2話「雨の音」から振り返っていきます。

 

予備予選を控えた Aqours

彼女たちは一つの新たな試みをしました。

 

それは「グループ内で同時に2つの曲を作る」というものでした。

 

当時 Aqoursは学校説明会でライブをする予定でしたが、「ラブライブ!で演奏する曲は未発表のものに限る」という制約から学校説明会用の曲とは別に予備予選用の曲を作る必要がでたのです。

 

しかし、2曲同時に曲を作るというのは思っていた以上に大変でした。

それまで2年生がやっていた曲作りですが…

いざ、2曲同時にやってみると全く進みません。

そこで提案されたのが、1・3年生も曲を作るという2ライン体制です。

 2年前に3人でスクールアイドルをしていた3年生がいる=3年生も曲を作れるという状況をうまく利用しました。

 

かくして、1・3年生でラブライブ!予備予選のための曲を作ることになったのですが、

 

そこで新たな問題が…

 

それは価値観の違い

 

 f:id:gleebear:20171123215949p:image

外で体を動かすことが好きで、みんなでわいわい楽しめる曲にしたい果南と鞠莉、

 f:id:gleebear:20171123220111p:image

静かに落ち着いて、互いの考えを交わして思索を深め合うことが好きで、テーマ性を重視した曲を作りたい善子と花丸、

 

「いい曲をつくりたい」という気持ちは同じはずなのに、やりたいことも作りたい曲の方向性も噛み合わないために、曲作りどころか話し合いすらもまともに進みません。

 

f:id:gleebear:20171124201125p:image

そんな1・3年の関係に変化をくれたのは急に降り出した雨でした。

 

雨やどりのために6人は花丸の知り合いのお寺に行ったのですが、そこで雨漏りに襲われます。慌ててて茶碗やら皿やらで雨漏りに対処する6人。 

いつのまにか1・3年は協力していました。

 

f:id:gleebear:20171123221227p:image 

雨漏りにも一通り対処したころ、6人はある音に気づきます。

 

形も大きさもばらばらな器にタイミングもばらばらに落ちる水滴、それらは一つの音楽を奏でていました。

 

ばらばらでも、むしろばらばらだから、それらが一つになれば音楽になる。

 

f:id:gleebear:20171123221432p:image

違ったままで一つになった6人は予備予選のための曲を完成させました。

 

しかし、

 

話はそう簡単には終わりませんでした。

 f:id:gleebear:20171123221720p:image

鞠莉の元にある知らせが届き、物語は第3話「虹」に進みます。

 

 鞠莉に届いた知らせ、学校説明会の一週間延期によりAqoursは学校説明会とラブライブ!予備予選を同じ日に行わなくてはならなくなりました。

 

両方とも出る手段はないか、どちらかを諦めるしかないのか、様々な可能性を模索した結果

次善の策として学校説明会と予備予選で2チームに分かれることになりました。

 

これで良かったのか?誰もが疑問に思いながらも学校説明会と予備予選に挑む Aqours

f:id:gleebear:20171123222732p:image

予備予選には2年生と黒澤姉妹が挑みます。

 

予備予選突破を目指して5人はステージへ。

 

 

f:id:gleebear:20171124201650p:image

しかし、応援してくれる浦の星の生徒は学校説明会でこられない。拍手もまばら。

改めて5人では足りないことを実感することに…

 

そんな時、

勘違いしないように

というセリフとともに

 f:id:gleebear:20171123222941p:image

学校説明会で来れないはずの4人、この曲を作るためにぶつかり合った善子・鞠莉・花丸・果南が駆け付けました。

 

学校説明会はどうするのか?こっちにきて間に合うのか?

というのはまた別のお話。

 

9人揃った Aqoursは予備予選に挑みます。

 

○曲調

昨今のオタクどもに人気のジャンル、和ロックです。和ロックの定義はあまりはっきりしないのですが、まあ和楽器+ロックとか和風の音階+ロックとかいう解釈でいきます。


μ'sでは『私たちは未来の花』、『だってだって噫無情』といった「和っぽい」かつ「勢いの良い」曲がありました。

 Aqoursでは「未熟DREAMER」が和風でした。※衣装や演出に左右されるところが大きく、曲そのものは出だしを除くと音の構成など見てもそれほど和風ではないかなとも思います。

 

この「MY舞☆TONIGHT」はそうしたなんとなく和っぽい曲の系譜を引いています。そして、明らかに和ロックを意識したと思われる曲になっています。

日本の

 

さらに、1・3年生が作ったのが和ロックというのも高ポイント。和ロックは和風の音とロックという一見噛み合わないものを合わせたジャンルです。噛み合わなかった1・3年生が協力して作るにふさわしいジャンルです。

 

○衣装

和風というのはもちろん、花魁のような華やかさが目を引きます。

f:id:gleebear:20171124212328p:image

 

さらに注目なのは、

f:id:gleebear:20171124213228p:image 

ルビィがはじめて衣装作成に関わったということです。

 f:id:gleebear:20171124213248p:image

ダイヤさんの衣装には特に力を入れたようです。

 

いつものごとくベースは共通しつつも細かなところに違いがあります。

 f:id:gleebear:20171124213443p:image

花丸がノースリーブだったり。

 

f:id:gleebear:20171124213738p:image

善子の腕に黒猫のブレスレットがついてたり。

 

f:id:gleebear:20171124214209p:image

果南の髪飾りはイルカだったり

 

個人的にグッときたのは

f:id:gleebear:20171124214027p:image

鞠莉の腰のしめ縄!

 

 みなさんもグッとくるポイントを探してみましょう。

 

○映像(とか歌詞とか)

現状の公開部分が短いのですがまた一言ずつでもコメントしていきながら

 

この曲は尺八と琴の音色からはじまります。すぐに和風とわかります。これはダイヤの意見でしょうか。

 

f:id:gleebear:20171124214537p:image

はい、このフォーメーション

黒澤姉妹がセンターです。

f:id:gleebear:20171124215111j:image

黒澤姉妹がセンターです!

 

踊れ 踊れ

熱くなるため

人は生まれたはずさ

サビのメロディを出だしに持ってくるパターンです。

 f:id:gleebear:20171124215330p:image

ダイヤの口元アップ

 f:id:gleebear:20171124215426p:image

ルビィの口元アップ

後ろのメンバーがなにやら技の予備動作のような構えをしているのがカッコいい。

 

姉妹の腕の交差する向こうには花丸。

f:id:gleebear:20171124220431p:image

 

f:id:gleebear:20171124221015p:image

そこから一旦カメラが引いて

 

花丸のアップになるのですが

 f:id:gleebear:20171124220351p:image

花丸のこのポーズ、覚えおいてください。

 

「生まれたはずさ」のあたりで黒澤姉妹です。

 f:id:gleebear:20171124221226p:image

f:id:gleebear:20171124221426p:image

1・3年生をつなぐという方向で考えたときに黒澤姉妹を軸にする動きが生まれたのでしょう。

今までは学年を分けて3人ずつ、もしくはルビィは花丸とセットだったことが多く、ありそうでなかった動きです。

 

そして前奏

f:id:gleebear:20171124222552p:image

 f:id:gleebear:20171124222642p:image

 f:id:gleebear:20171124224858p:image

f:id:gleebear:20171124225010p:image

f:id:gleebear:20171124225136p:image

ポーズを決めていく。

ここ好きです。

 

いま 小さく燃えてる

まだ 小さな焔が

 f:id:gleebear:20171124225735p:image

花丸・ダイヤ・ルビィ、

 f:id:gleebear:20171124225923p:image

鞠莉・善子・果南

で手の向きと動きが真逆になっています。

小さいということを2回言っている。強調しているということはこの後の2番では大きい何かが出るのでしょうか。

 

一つになれば

 f:id:gleebear:20171124230750p:image

ここの振り付け、一つになれば→手を1にして入れ替わる

のですが、これをやるのは1・3年の6人、

というより、2年生の3人は後方待機(ただ立っているわけではないですが)です。

互いの立場、すれ違い、曲を作った1・3年の経緯がここに表れています。

 

奇跡が生まれ

f:id:gleebear:20171125032950p:image

f:id:gleebear:20171125033200p:image

善子の決めポーズからのダイヤさんソロ

善子とダイヤさんをなにかと組ませる意向は今回も健在です。

 

この世界はいつも

諦めない心に

 f:id:gleebear:20171125033828p:image

2年生が前に出ます。ローアングルすぎです。

 

答えじゃなく

 f:id:gleebear:20171125035118p:image

ルビィアップ、このポーズは花丸と同じです。

 f:id:gleebear:20171125035210p:image

この曲はこのように焔をイメージした場面転換が使われます。

 

道を探す

 f:id:gleebear:20171125035359p:image

鞠莉のエアギター

多分ここは鞠莉の意見でしょう。

 

手がかりをくれるから

最後まで強気でいこう

 f:id:gleebear:20171125035907p:image

ここまでは3列が基準でしたが2列にフォーメーションチェンジ

ただし、1・3年生を前に出して、前6後3という形です。この曲は1・3年生の曲、なんだかんだで2年生がおいしいとこ取りをしてきた従来の曲とは違うのです。

f:id:gleebear:20171125041944p:image

とはいえ、千歌アップもします。

 

踊れ 踊れ

熱くなるため 人は生まれてきたの

 f:id:gleebear:20171125040749p:image

サビ突入。「踊れ」で飛び上がる動き。とても好きです。

f:id:gleebear:20171125042745p:image

メンバー一人ずつのアップで妙な光の粒子が見えるのですがこれはいったい何なのか?動きからして汗ではなさそう。

 

踊れ 踊れ

きっとそうだよ だから夢見て踊ろう

 f:id:gleebear:20171125041501p:image

「踊れ」で飛び上がるのいいですね。

f:id:gleebear:20171125043614p:image

そしてやはり謎の粒子。

 

MY舞☆TONIGHT (danchng tonight)

最高の

 f:id:gleebear:20171125042238p:image

衣装の一部が発光します。多分ライブでやる気です。

 

MY舞☆TONIGHT (danchng tonight)

今日にしよう

 f:id:gleebear:20171125044128p:image

上から見るとこんな動きになるそうな。ライブではスタンド席の人が得をする箇所ですね。

 

ここで終了。1分40秒。

f:id:gleebear:20171125045914p:image

短い気もしますが、短いながらも気になったフレーズもあります。

 

・小さな焔が一つになれば奇跡が生まれる。

 

f:id:gleebear:20171125050759p:image

焔というのはロウソクの火からの発想でしょう。

一つ一つは焔、火だが…二つ合わされば炎になる。炎となったガン○スターは無敵だ。

ではなく、2話を経て1・3年が真っ先に言いたい言葉がこれだったのでしょう。

 

・この世界はいつも、諦めない心に答えじゃなく道を探す手がかりをくれる

 

これは図らずもこの後の千歌に通じます。諦めなかった千歌が見つけたのは道でした。

 

・きっと熱くなるため人は生まれてきた。だから夢見て踊ろう。

 

サビのフレーズですが、まだまだこの奥に伝えたい言葉がある気がします。

フルで聴けばその先の言葉が明らかになるのでしょうか。

 

○まとめ

本格的に和を意識したであろうメロディといい、和ロックというジャンルの選択といい、衣装といい、 高評価間違いない曲かと思います。

今まで2年生ありきで進んできたAqoursに変化が起きた曲でもありますね。

ただ現状はまだ歌詞が弱いかなという気もします。

とはいえ、フルで聴く前に判断もできないのでまずは発売日を心待ちにします。

 

この記事内の画像については、個別に表記していないものはすべて
©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
出典:U-NEXT
となっています。

 

 

 

【2期7話視聴前に】ラブライブ!サンシャイン‼︎2期7話を「ゾウサモナク」楽しむポイント

この記事ではその回のネタバレをなるべくしないように、最新回を見る際に押さえておきたいポイントを記事にしてみよう。という感じでやります。

押さえておきたいポイントということはそれに関することが起きるわけで、遠回しなネタバレなるかもしれないです。そこはご了承ください。

以下ネタバレ防止スペース

 

 

f:id:gleebear:20171118235230p:image

いつものごとく最速の感想なのだけれど、今回は結構な急ぎで書いてるわ

 f:id:gleebear:20171118235329p:image

というのも、筆者が明日開催のとあるカードゲームイベントに行くのだけど諸々の準備がまだなの。

 

f:id:gleebear:20171118235507p:image

ああ、例の28点入れたら勝ちの「キャンセル!」とか叫ぶ、白とか黒とかゆうやつ?

 

f:id:gleebear:20171118235625p:image

元々カードゲームはそれなりにやってたけれど、「ラブライブ!」が参戦しているカードゲームってことで興味を持って今はそれがメインよ。

 

f:id:gleebear:20171118235958p:image

どんなに良いデッキ、完璧なプレイングをしても負けるときは負けるいわゆる「運ゲー」の要素が強いのが特徴ね。

 

f:id:gleebear:20171119000133p:image

しかし、その中でいかに「運」ではない部分で勝ちを引き寄せるかという楽しみ方もあれば

ファンデッキでガチデッキを倒すことも一応は可能という楽しみ方もある

 

 f:id:gleebear:20171119000453p:image

ここまで書いといてなんだけど別にそんなに強くないけどね。わかる人にはわかるように書くと「クライマックス8枚戻りしたのに4点とか5点が通る」「3連続でクライマックスをトリガー」っていうのが多発するのが筆者のヴァイスシュヴァルツらしいよ。

 

 

以前どこかで書いた気もしますが、ヴァイスシュヴァルツやってます。

どっちかというとファンデッキ寄りのプレーヤーで勝率とか勝てるデッキとかきかれると困るんですが…。

明日は弱いなりにがんばルビィ⌒°( ・ω・)°⌒してきます。

 

 

ここから先はネタバレ覚悟の方のみスクロール

 

 

 

 

 

 

 

Aqoursのルート確定 

これが見たかった。

その一言が今回のすべてです。サンシャイン‼︎のストーリーって2通りのルートが予想されていたかと思うんですが、今回でルート確定します。

 

・予選突破は?統廃合阻止は?

あまり書くのは避けたいのですが、人生そんなに甘くないです。

 

・まさかの挿入歌

意外な曲が挿入歌として使われました。

 

・鞠莉回だったの?

鞠莉がおいしいポジションだったような、そうでないような。

 

・「それまで泣かない!泣くもんか!」

2期1話で千歌が言ったセリフ、統廃合阻止までは泣かないという決意ですが、あるシーンでこのセリフが効いてきます。