読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【感想記事】ラブライブ!サンシャイン‼︎ 第6話「PVを作ろう」

もう6話ですね。週を追うごとに投稿が後ろにずれている気が…

 

前回のラブライブ!は花丸!

加入順ということですかね。

 

f:id:gleebear:20160810041310p:image

前回ラストのメールですが、

廃校でした。

 

全国のラブライバーが予想したであろう内容でしたね。廃校のワードは初期からあったのですが、ここまで出てこなかったので消えたと思っていましたが…6話にして廃校問題です。

 

f:id:gleebear:20160810041407p:image

どうやら鞠莉が待ってほしいと強く訴えているので廃校は決定していないようです。

 

鞠莉は廃校を阻止するために理事長になったようです。

 

f:id:gleebear:20160810041434p:image

そして、浦の星は鞠莉にとって大事な場所。

 f:id:gleebear:20160810041452p:image

 

前に鞠莉は廃校を進めるために小原家が送り込んだのではないかと書いたのですが、

まったく逆でした。

 

廃校を阻止するにはスクールアイドルか必要だと鞠莉は考えているようです。

 

「あの時も言ったでしよ。『私は諦めない』と。」

f:id:gleebear:20160810042050p:image

「今でも決して終わったとは思っていない

 

「あの時」とは?「今でも」ということは…?

キーワードが増えていきます。

 

f:id:gleebear:20160810042413p:image

「本当、ダイヤは好きなのね。果南が。」

ダイヤがスクールアイドルをやらないのは果南が好きだからと鞠莉は考えている。

 

あまり書くと長くなりそうなのでこのあたりは考察記事で。

 

オープニングへ

f:id:gleebear:20160810043105p:image

今回は屋上のシーンにしてみました。

 

前回、堕天使ヨハネを受け入れた善子

f:id:gleebear:20160810043035p:image 

さすがに常時ヨハネではないです。

挙動不審ですが、「善子ちゃん面白いよね」「本当」などなかなか好評なようです。

 

 f:id:gleebear:20160810043259p:image

疲れ果てた善子に花丸が

 f:id:gleebear:20160810043323p:image

黒い羽根を刺すと

 

深淵の深き闇から

f:id:gleebear:20160810043645p:image

ヨハネ堕天!

f:id:gleebear:20160810043716p:image

 

大変なニュースを知らせるために走ってきたルビィ

 f:id:gleebear:20160810043832p:image

どこかで見覚えのあるシーンです。

第2回ラブライブ?ドゥーム?

 

浦の星の統廃合が1・2年にも伝わりました。

来年の入学希望者の数を見て決定らしいです。

 

そして、廃校という状況についに…

 f:id:gleebear:20160810044007p:image

「キタ!ついにキタ!」

そりゃそうなりますよね。

「廃校を阻止するためにスクールアイドル」憧れのμ'sと同じ状況になったんですから。

 f:id:gleebear:20160810044850p:image

「音ノ木坂と一緒だよ!」

って言ってるのですが

μ'sのコピーになることを喜んでいる。

 

5話までは千歌は千歌なりの目的を持ってスクールアイドルしてたのですが。

だから6話まで廃校設定出さなかったのかと納得した瞬間でもあります。

 

他のメンバーはというと、

 f:id:gleebear:20160810045211p:image

花丸は沼津に通えるのが嬉しそう。

統廃合賛成派です。

 

ここで善子からの過去の花丸エピソード

f:id:gleebear:20160810045418p:image

足を伸ばす花丸。

f:id:gleebear:20160810045442p:image

それを検知してライトが点く

 f:id:gleebear:20160810045339p:image

「未来ずらー」

この調子で花丸善子のエピソードをもっと出してほしいです。

 

善子は統廃合賛成かと思いきや、花丸の中学時代の友達に会える発言により統廃合反対に。

f:id:gleebear:20160810050430p:image

それが嫌でわざわざ浦の星に入ったようなものですから。

善子の脱厨二設定がここでも役に立ちました。

 

Aqoursは統廃合から学校を救うために行動することを宣言

 

ただ、具体的に何をするかは考えていなかったようで練習しながら話し合ってます。

 f:id:gleebear:20160810052455p:image

善子の練習着が初出しです。

 

f:id:gleebear:20160810052903p:image

浦の星の入学希望者と入学者のデータです。

左のグラフからすると

現3年 41人希望38人入学

→現2年 27人希望24人入学

→→現1年 14人希望12人入学

1学年1クラス、全校生徒74人+途中編入1人で75人ということに。

 

音ノ木坂はまだ人数がいたからなんとかなっていましたが、1年生12人の時点ですでに絶望的です。鞠莉がどれだけ無理なことをやろうとしているのかがわかります。

 

入学者数を見ていたのはダイヤでした。

f:id:gleebear:20160810053141p:image

生徒会室にルビィが来て今日は帰りが遅くなることをダイヤに伝えます。同じ学校に姉妹がいるからこそのシーンです。

 

ダイヤはルビィにスクールアイドルはどうかとききます。

f:id:gleebear:20160810054554p:image

 

f:id:gleebear:20160810054646p:image

 楽しいと答えたルビィに安心したダイヤ

 

他の生徒会の人は他の部との兼部で忙しいらしいです。だから今までダイヤさんしかいなかったんですか。

他の人は名前だけで実質ひとりでやってるんじゃないかという疑惑は置いておいて。

 

他の人は兼部をしているのに、ダイヤは兼部をしていない。これは過去に何らかの部活をしていた展開の伏線であり、今後部活に所属するフラグでしょう。

 

f:id:gleebear:20160810061313p:image

ダイヤに何かいいかけたルビィですが

 f:id:gleebear:20160810061256p:image

「早く行きなさい!」

「ここは私に任せて先に行きなさい!」ばりのかっこよさです。

 

 

PV撮影が始まりました。

f:id:gleebear:20160810061423p:image

カメラマンは曜です。ペロってます。

 

内浦の良いところをアピールする作戦のようです。

はりきってるのは千歌と曜だけ

 

1年生が増えたことで掛け合いにもバリエーションが

 

雄大な富士山、きれいな海、

f:id:gleebear:20160810062641p:image

 f:id:gleebear:20160810061509p:image

さらにみかんがどっさり

ちなみにこれは寿太郎みかん。

 

そして街には

f:id:gleebear:20160810080151p:image

ぬまづの干物!

特に何もない。

 

ここで曜にバトンタッチ

f:id:gleebear:20160810082322p:image

あいかわらずの営業力

 f:id:gleebear:20160810083511p:image

大都会か?お店もたーくさんあるか?というのは触れてはいけないです。

f:id:gleebear:20160810083607p:image 

しかし、曜をもってしても限界。交通面での不便さは拭えない。

 

ならば人気生主の堕天使ヨハネの出番です。

 f:id:gleebear:20160810083731p:image

リトルデーモンのあなた?
堕天使ヨハネです。

 f:id:gleebear:20160810083810p:image

今日はこのヨハネが堕ちてきた地上を紹介しましょう。

まずこれが…

 f:id:gleebear:20160810083842p:image

土!

f:id:gleebear:20160810083919p:image 

おぉ!土すげー!╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

 

…この路線は前回でアウトなんですがね…。

 

部活も終わり、今日は松月で集まってます。

f:id:gleebear:20160810113634p:image

松月を知らない人のために説明しておくと、『元気全開DAY!DAY!DAY!』のドラマパートでCYaRon!がバイトしていた地元のお菓子屋さんです。 

 

千歌いわく、 

ケーキやクッキーのような洋菓子だけでなく、和菓子も取り揃え、幅広い年代に愛される地元イチオシのお店

 です。

 

なぜ、松月で集まってるのかと疑問に思う善子ですが、

f:id:gleebear:20160810114023p:image

 

梨子がしいたけを避けているので千歌のところではなく、松月になったそうです。

 

f:id:gleebear:20160810114339p:image

どら焼き(みかんどら焼き?)を頬張る花丸&それを取る曜

 

f:id:gleebear:20160810114547p:image

ケーキの食べ方がワイルドな千歌

 

ここで、しいたけの恋敵の登場です。

 f:id:gleebear:20160810114757p:image

わたちゃん!

 

 驚きかたが尋常じゃないです。

 f:id:gleebear:20160810120545p:image

「大きさは関係ないわ。その牙、噛まれたら…死!」

 

梨子はしいたけではなくて犬全般が苦手だったんですね。

可愛いよ〜と梨子にわたちゃんを差し出した千歌でしたが、

f:id:gleebear:20160810120823p:image

わたちゃん の したでなめる! 

きゅうしょに あたった!

f:id:gleebear:20160810120916p:image 

りこはにげだした!

 

さて、撮ったPVの出来ですが、

 f:id:gleebear:20160810121000p:image

編集担当、善子!

さすが人気生主。そっち方面のスキルがありました。あと色からして、このパソコンは善子の私物ですかね。

 

出来はお世辞にも良いとは言えないようです。

 

f:id:gleebear:20160810121631p:image

沼津市街の映像を使うという千歌ですが、壁越しの梨子からのツッコミ。

 f:id:gleebear:20160810121723p:image

沼津方面の終バスが来たので曜と善子は離脱。

去り際に「ヨーシコー」という合わせ技を披露。言ってるのは曜だけでしたが…。

 f:id:gleebear:20160810121922p:image

さらに、日が暮れるまでに帰る約束だったルビィが花丸を連れて離脱。

口にあんこついてるよ。から花丸を引っ張っていくところに母性を感じたのは私だけでないはず。

 

f:id:gleebear:20160810122549p:image

f:id:gleebear:20160810122307p:image

残されたのは千歌梨子。また、この組み合わせです。

わたちゃんがいるので壁越しの会話です。

学校を守りたい、千歌の想いが語られました。

f:id:gleebear:20160810122455p:image

幼馴染な方々を差し置いて千歌梨子は今回も順調ですね。

 

 

f:id:gleebear:20160810122730p:image

さあ、鞠莉の部屋です。確認しておくと淡島です。

 f:id:gleebear:20160810122755p:image

部屋の中にはウエットスーツの果南が

まさか海から入ってきた?

 

勝手に入ってきたら家の者が激おこぷんぷん丸らしいです。

 

f:id:gleebear:20160810132922p:image

廃校については果南の耳にも入ったらしいです。

 

f:id:gleebear:20160810132648p:image

廃校阻止のためにもう一度果南の力が欲しいと言った鞠莉に、

 f:id:gleebear:20160810132718p:image

「本気?」

前々回も「本気?」と言っていなかったか、ウエットスーツで忍び込んできた人がそれを言うのか、などなどあると思いますが、

廃校を阻止するのは果南から見ても無謀。

 f:id:gleebear:20160810132815p:image

「私は果南のストーカーだから。」

鞠莉は毎回良い素材を提供してくれます。このセリフだけで幼少時の3年組の短編小説が書けるのではないかと言うくらいはかどります。

 

ここでアイキャッチ

 f:id:gleebear:20160810151601p:image

 

後半戦突入

 

作ったPVを鞠莉に見てもらう6人

 f:id:gleebear:20160810151636p:image

がんばルビィ⌒°( ・ω・)°⌒

後ろはシーラカンスミュージアムです。深海水族館の2階部分と言えばわかるでしょうか?

 

f:id:gleebear:20160810151755p:image

PVを見る鞠莉ですが…

 f:id:gleebear:20160810151813p:image

寝ていま…さっき、起きてましたよね!?

 

 f:id:gleebear:20160810151903p:image

その態度に千歌は激おこぷんぷん丸

「本気なのに、ちゃんと見てください!」

そして、鞠莉の本領発揮

 

 f:id:gleebear:20160810152020p:image

「本気?それでこのテイタラクですかあ?」

明らかに日本語話せるのにちょこちょこ怪しい外人訛りが入るのはなんででしょうか。

 

それはさすがにひどい、作るのがどれだけ大変だったか、と抗議した曜と梨子でしたが、

 

f:id:gleebear:20160810152239p:image

「努力の量と結果は比例しません!」

「大切なのはこのtownやschoolの魅力をちゃんと理解してるかです!」

 

ならば鞠莉は魅力をわかっているのか?

 善子は聞き返します。

というか、ここまできてなんですが善子は上級生相手でも、仮にも理事長の鞠莉相手でもタメ口です。

 

f:id:gleebear:20160810152627p:image

「少なくとも、あなたたちよりは…

キキタイデスカ?」

 

冒頭の廃校阻止への意気込みからしても鞠莉は内浦・浦の星についてこだわりがあるんでしょう。

鞠莉の考える魅力、恐らく

 f:id:gleebear:20160810152724p:image

このエピソードに関係あるのでしょう。

 

 f:id:gleebear:20160810153022p:image

千歌は鞠莉の答えを聞かなかった。自分で気づけなければPVを作る資格はない。

多分それが正解なのでしょう。

 

今日は千歌の家で作戦会議らしいです。

 

部室に忘れ物をしたので取りに帰る千歌 。 

f:id:gleebear:20160810163429p:image

f:id:gleebear:20160810163325p:image

体育館のステージで舞うダイヤを発見しました。

※解説しておくと、スクールアイドル部の部室は体育館を通って行くようになってます(3話参照)

 

f:id:gleebear:20160810163645p:image

 

f:id:gleebear:20160810163611p:image

ダイヤがスクールアイドルを嫌いなことはわかっている、と前置きをしてダイヤをAqoursに勧誘しました。

 

そうですねだいやさんがすくーるあいどるをきらいなことはみんなわかってます。

あえて前置きをするということに意味があるのです。

 

f:id:gleebear:20160810184725p:image

勧誘を断りつつも、「気持ちは嬉しく思う、お互い頑張りましょう」と去っていくダイヤ。

 

ダイヤは前はスクールアイドルが大好きだった。もはや周知の事実ですが、ここでルビィの口から改めて語られました。

 

同じくスクールアイドルを愛する者として、ダイヤをAqoursに入れようと動いた千歌

f:id:gleebear:20160810163750p:image

それを止めたのはルビィ!

「今は言わないで!」

 

さあ、ここで…

 f:id:gleebear:20160810163913p:image

我々の待ち望んだ答え合わせの時間です。

 

 

3年生はかつて…

f:id:gleebear:20160810163844p:image 

スクールアイドルをしていました!

 

この衣装には見覚えがありますが、

 

ライブスタート!

 f:id:gleebear:20160810184824p:image

客席を見た果南に

 f:id:gleebear:20160810184935p:image

何やら異変が

 f:id:gleebear:20160810184952p:image

歓声が止まる。いったい何があったのか? 

 

回想はここで途切れます。

f:id:gleebear:20160810191755p:image 

「ダイヤ、逃げていても何も変わりはしないよ?」

「進むしかない、そう思わない?」

ここのところ出現度が上がっている本気モードの鞠莉です。

 f:id:gleebear:20160810193014p:image

「逃げてるわけじゃありませんわ」

「あの時だって」

 

「あの時」というのは鞠莉も言ってましたね。

考察記事が忙しくなりそうです。

 

 

一方、1・2年は千歌の部屋で作戦会議です。

f:id:gleebear:20160810194054p:image

恐る恐る入ろうとする梨子。しいたけがいないか確認しています。

 

f:id:gleebear:20160810194133p:image

「しいたけいないよ。ね、千歌ちゃん。」

らしいです。

 

肝心のPVは何もアイディアが出ていない。

 

f:id:gleebear:20160810195039p:image

久々の志満ねー、お母さんではなくお姉さんです。

 

f:id:gleebear:20160810195147p:image

ベッドに腰掛ける梨子。

 

f:id:gleebear:20160810195420p:image

明日はみんな早いからあまり遅くならないようにという志満ねーの言葉に首をかしげる一同の前に

 

f:id:gleebear:20160810195312p:image

海開きだからと千歌が登場。

 

ということはベッドにいたのは

 f:id:gleebear:20160810195453p:image

しいたけ!

また絆が深まりました。

 

 と、普段のごとく、しいりこでしたが、

このシーンはあまり受け入れられない人もいるようで、私もその一人ではあります。

 

見方によっては梨子が犬が苦手なことを知っていて、ベッドにいるのがしいたけであることを気づいていながらわざと黙っていたようにも解釈できるんですよね。

 

f:id:gleebear:20160809233354p:image

このシーンや昇降口でのやりとり、梨子・千歌の入室のタイミング、千歌登場時のセリフの解釈によってはそうなるってだけなのでここでは流しますが、考察記事で忘れてなかったら書きます。

 

 f:id:gleebear:20160810195814p:image

翌朝、というかその日の深夜27時半というのが正しいのかもしれないですが

梨子が起きました。それほど寝相が良いわけでもない。パジャマには梨子のマークが付いています。

 

f:id:gleebear:20160810195920p:image

海岸に行くと、千歌と曜、

f:id:gleebear:20160810195943p:image 

他にもたくさんの人が

f:id:gleebear:20160810200049p:image

町中の人や浦の星の生徒が集まっているそうです。その黒い羽根に何があるのか気になります。

 f:id:gleebear:20160810200508p:image

f:id:gleebear:20160810200528p:image

こんなところで3年生がはじめて3人揃いました

 f:id:gleebear:20160810203725p:image

バスがない時間であることを考えると浦女の生徒でバス通学の人とかは帰ってないのでしょうか?

f:id:gleebear:20160810203756p:image

誰かの家が車を出したのかもしれません。

 

地域の人が集まって何かをする。都会で生活してきた梨子には珍しい光景だったのかもしれません。

 f:id:gleebear:20160810204116p:image

「これなんじゃないかな?この町や学校のいいところって。」

こうして集まってなにかをやろうとするコミュニティの力、人々の想いこそがこの町や学校のいいところではないか。

 

都会から内浦に来た梨子の言葉、

f:id:gleebear:20160810204234p:image

千歌はPVで伝えたい魅力を見つけたようです。

 

千歌は早速動き出しました。

f:id:gleebear:20160810205147p:image

それは千歌の見つけた魅力をPVにするために真っ先にするべきこと

 

f:id:gleebear:20160810204707p:image

「あの、皆さん!」

f:id:gleebear:20160810204723p:image

「私たち、浦の星女学院でスクールアイドルをやっているAqoursです!」

 

さて、曲が始まりました。

 

f:id:gleebear:20160810204807p:image

「私たちは学校を残すために、

 f:id:gleebear:20160810204821p:image

ここに生徒をたくさん集めるために、

皆さんに協力してほしいことがあります。」

 f:id:gleebear:20160810205848p:image

 屋上で踊る6人のシーンが挿入され、

f:id:gleebear:20160810210100p:image

「みんなの気持ちを形にするために!」

 

ラブライブ!初の1・2年曲

f:id:gleebear:20160810210341p:image

「夢で夜空を照らしたい」です。

 

曲感想は別記事にて。

 

 

PV撮影が終わった千歌

屋上からは朝日が見えます。

 

f:id:gleebear:20160810210525p:image

私、心の中でずっと叫んでた

 f:id:gleebear:20160810210542p:image

『助けて』って、『ここには何もない』って

 f:id:gleebear:20160810210612p:image

でも違ったんだ

 f:id:gleebear:20160810210717p:image

追いかけてみせるよ、ずっと!ずっと!

 f:id:gleebear:20160810210758p:image

この場所からはじめよう、できるんだ!

 

何もない=「普通」、が嫌だった千歌。

それは内浦という土地についても抱いてきたコンプレックスだったのですが、何もないのではないということに気づいた。

μ'sと同じになって止まったのかと思ったら少し進んだのかもしれません。

 

f:id:gleebear:20160810211559p:image

エンディングは3年生です。

 

次回、第7話「TOKYO」

f:id:gleebear:20160810211640p:image

f:id:gleebear:20160810211732p:image

f:id:gleebear:20160810211807p:image

f:id:gleebear:20160810211831p:image

 …ん?

f:id:gleebear:20160810211907p:image

 

物語も中盤戦ですね。

6話ということでμ'sの方での1期2期ともに新曲がくると考えた方も多かったようですが、なかなか珍しいのがきました。

この話のテーマは自分たちのアピールできるものは何かということなのでμ'sと対比させるなら2期10話「μ's」だと考えてます。

支えてくれる人たちの存在によってファーストライブを成功させたAqoursですが、ここでも人々の想いの力に助けられました。

ラブライブ!サンシャインもまた「みんなで叶える物語」ということですね。

 

考察記事&曲感想をなんとかしなければ!

 

この記事内の画像については、個別に表記していないものはすべて
©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
出典:U-NEXT
となっています。