読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【感想記事】ラブライブ!サンシャイン‼︎ 第11話「友情ヨーソロー」

物語もラストに近づいています。

ラブライブ!サンシャイン‼︎第11話「友情ヨーソロー」感想記事です。

 

前回のラブライブ!サンシャイン‼︎ですが…

今回も無かったです。

 

アバン部分

 f:id:gleebear:20160914122017p:image

梨子を見送るメンバー。

梨子のピアノコンクール出場はすんなり受け入れられたようです。

 

 f:id:gleebear:20160914122048p:image

ルビィは安定の

がんばルビィ⌒°( ・ω・)°⌒

 f:id:gleebear:20160914122059p:image

ダイヤの「東京に負けてはダメですわよ。」

やはり、東京に一度負け…たわけではなかったんですよね。

 

 f:id:gleebear:20160914122201p:image

 次のステージは絶対一緒に歌おう、と約束して梨子を送り出した千歌。

 f:id:gleebear:20160914122224p:image

もちろん、と嬉しそうに旅立つ梨子。

 

今回もちかりこは順調そうです。

 

f:id:gleebear:20160914122309p:image

梨子を送り出して練習にもどる8人、と思いきや、

 f:id:gleebear:20160914122454p:image

梨子を送り出した千歌はその場に留まる。

 f:id:gleebear:20160914122503p:image

それに気づく、今回の主役曜ちゃん

 

というところで、オープニング

f:id:gleebear:20160913013011p:image

 曜ちゃんの主役回です。

 

 

 

ここから本編です。

 f:id:gleebear:20160914161450p:image

今回もダイヤさんは特訓です。

 f:id:gleebear:20160914161502p:image

前回もやったのでさすがにメンバーも呆れています。

と、ルビィがとある情報を入手。

 

f:id:gleebear:20160914161650p:image

TOKYOでAqours(当時6人)にスクールアイドルの厳しさを痛感させたものの、惜しくも9位で入賞を逃したSaint Snow

 

北海道予備予選をトップ通過したらしいです。

 f:id:gleebear:20160914161940p:image

北海道のトップになりました。

 

さあ、ここをツッコまずにはいられないでしょう。

 

東京じゃなかったのか!

 

f:id:gleebear:20160914162044p:image

てっきり、東京の人たちだとばかり思ってました。

 

北海道からはるばる来たのならそりゃ

 f:id:gleebear:20160914161753p:image

遊びじゃない!ですね。

 

f:id:gleebear:20160914161853p:image

結構きついことも言われたような気もしますが、千歌にとってはともに上を目指すライバルのようです。

 

そして、

f:id:gleebear:20160914162207p:image

まずは目の前の予備予選に集中すべきというアドバイス、に見せかけた巧妙なかなまりです。

 

ということでダイヤさんによる特訓

f:id:gleebear:20160914162435p:image

f:id:gleebear:20160914162307p:image 

に見せかけたプール掃除です。

f:id:gleebear:20160914162414p:image 

足元がヌルヌルする。

多分ルビィに「ヌルヌル」と言わせたかったのでしょう。

 

f:id:gleebear:20160914181215p:image

ここで鞠莉から裏事情の暴露

どうやら、ダイヤがプール掃除の手配を忘れていたようです。

 

忘れがちですが、鞠莉は理事長です。

ここ数話で完全に馴染んでしまっていますが、偉い人なのです。

 

f:id:gleebear:20160914181330p:image

そこから久しぶりのダイヤvs鞠莉

 f:id:gleebear:20160914181413p:image

生徒会長と理事長がこんなんで大丈夫なのか。

善子と果南、初の会話です。

f:id:gleebear:20160914181609p:image 

加入時に忙しいから〜と言っていたダイヤでしたが、生徒会長の仕事をメンバーが手伝うという条件で加入したらしいです。

 

そこへ「ヨーソロー」といういつもの掛け声とともに登場したのは

f:id:gleebear:20160914181914p:image

今回の主役の曜です。職業制服好きが爆発してます。

デッキブラシ→甲板掃除→セーラー服という発想からこのような感じに

f:id:gleebear:20160914182102p:image

 f:id:gleebear:20160914182036p:image

滑って千歌と笑い合う。久しぶりのようちかな気がします。

 

プール掃除も終了。

f:id:gleebear:20160914182128p:image

「やってやれないことはございませんわ。」と語るダイヤ、恐らくいつものドヤ顔です。

 

 f:id:gleebear:20160914182330p:image

果南の提案でダンスを練習することに。

さすがはダンス担当。願わくば残り数話でもっと活躍してくれることを。

 f:id:gleebear:20160914182449p:image

果南の提案に真っ先に乗るのが鞠莉とダイヤというのがいいです。

「滑って怪我しないでよ。」

ダイヤがタメ語を使っている貴重なシーンです!

 

 f:id:gleebear:20160914182653p:image

ダンス練習開始ですが…

 f:id:gleebear:20160914182702p:image

このポーズは!

f:id:gleebear:20160914182607p:image

このフォーメーションは!

 の前に

f:id:gleebear:20160914182735p:image

どうやら梨子不在時のフォーメーションを考えていなかったようですね。

 

ちなみに空いた位置からして千歌と梨子がメインだったようです。

 

f:id:gleebear:20160914182908p:image 

フォーメーションからしてそれっぽい位置にいたからか、付き合いが長いからか

曜が梨子の代わりをすることになりました。

 

f:id:gleebear:20160914220452p:image

そんなこんなで梨子の代わりを曜がやるわけですが、

どうしても歩幅が合わずにぶつかってしまいます。

 f:id:gleebear:20160914220640p:image

もう一度やり直しますがタイミングが合わずにまたぶつかってしまう。

 f:id:gleebear:20160914220738p:image

それでもまだ遠慮しあう二人に鞠莉は複雑な思いを抱きます。

 

練習も終わり、今週の1年生パート

 f:id:gleebear:20160914220822p:image

まったりと過ごすルビィと花丸

 

だが…、

「リトルデーモンのみなさん!」

 f:id:gleebear:20160914183340p:image

(´・Д・)!

 f:id:gleebear:20160914183432p:image

 f:id:gleebear:20160914183400p:image

「私に力を!漆黒教の力を!

f:id:gleebear:20160914183149p:image

f:id:gleebear:20160914183220p:image

この隻手に!」

 f:id:gleebear:20160914183123p:image

安定のD、堕天のD!

 

善子の不運設定ってやっぱり生きてたんですね。

 

 

千歌と曜ですが…二人でまだ練習をしているようです。

 f:id:gleebear:20160914220937p:image

 しかし、やはり上手くいかない。

f:id:gleebear:20160914221048p:image 

千歌が言うには梨子とやっていた時と同じ歩幅で動いてしまうのが原因のようです。

f:id:gleebear:20160914221123p:image 

1年生組がスタンバイ

 f:id:gleebear:20160914221158p:image

曜がもう一度やってみようということで再チャレンジ

f:id:gleebear:20160914221243p:image

すると…天界的合致!(by善子)

 

千歌は練習していた通りに動き、

 曜が梨子のように動く、

 

なんとも器用ですが、これが曜の出した答えでした。

 

渡辺曜ではなく、あくまでも桜内梨子の代わりとして役目を果たす。

 

f:id:gleebear:20160914221605p:image

ナイスタイミングで梨子からの着信です。

 f:id:gleebear:20160914221628p:image

ちかりこワールドがまた展開されています。

 f:id:gleebear:20160914221646p:image

千歌がめちゃくちゃ嬉しそうです。

 

「みんなに代わるから」ということで、

 

まずは花丸。

f:id:gleebear:20160914221737p:image 

すっごい警戒しています。なんとか喋ったのが

f:id:gleebear:20160914221813p:image 

「もすもす?」

 

f:id:gleebear:20160914221911p:image 

それに反応する梨子

着信画面の画像がなんだかおかしなことになってます。

 

花丸はスマホどころか携帯電話を使ってるシーンもないのでそういうものは持っていないのかもしれません。

となれば、いつもの

f:id:gleebear:20160914222456p:image

「未来ずらー!」

とはいえ、スマホは何度も見ているはずです。 

善子のツッコミが入りました。

 

それに反応する梨子! 

f:id:gleebear:20160914222906p:image

堕天で忙しい(本人談)善子はルビィを生贄に。

f:id:gleebear:20160914222657p:image 

 ルビィはもちろん、ピギりました。

 

善子と梨子ってアニメだとあまり絡みがないですね。

というか、1年生組って梨子と個人的に絡んでるシーンなかった気が。

その辺りは考察のネタですね。

 

f:id:gleebear:20160914223200p:image

一通り1年生組とのやりとりをした後で

曜にも話が振られます。

梨子に話しておくことはないか

f:id:gleebear:20160913183427p:image

後ろのルビィが怖いです。

f:id:gleebear:20160914223351p:image 

しかし、電池切れ。

 f:id:gleebear:20160914225859p:image

「またって言わないでよー…まただけど」

というセリフがちかりこの進行具合を表してしまっています。

 f:id:gleebear:20160914225927p:image

 f:id:gleebear:20160914225945p:image

電話を切る時も二人とも笑顔です。

 f:id:gleebear:20160914230021p:image

f:id:gleebear:20160914230053p:image

アイスを取り出そうとする曜ですが…そのアイスですらなぜか分離

 

作中では8月だと思われるので、梨子が転校してきてから4ヶ月でいつの間にか千歌の隣は梨子の居場所になっていたようです。

 

f:id:gleebear:20160914232124p:image

もうちょっとだけ頑張ろうかと言われて笑顔で答える曜ですが

 f:id:gleebear:20160914232433p:image

アイスを戻したビニール袋が軋んだ音を立てます。

 

 

その頃、3年生組は…

f:id:gleebear:20160914232502p:image

ダイヤが生徒会の仕事を溜め込んでいたようです。6話で言ってましたが他の役員は兼部で忙しいので…

って、ダイヤも兼部してます!

 f:id:gleebear:20160914232536p:image

幼馴染パワーで鞠莉と果南が助けてくれるようなのでこれからはなんとかなりそうです。

鞠莉は理事長なので生徒会の仕事に手を出すと問題があるのですが、そこはあまり触れない方向で。

 

 f:id:gleebear:20160914232808p:image

今となっては懐かしい一枚の紙が床に落ちました。

スクールアイドル部の申請書です。

 

 f:id:gleebear:20160914232828p:image

初めは千歌と曜だったことに驚く鞠莉。

そういえば鞠莉は3人になってからしか知らないですね。

 

今となっては千歌と梨子の方がしっくりくるというのは残酷な現実です。

 

f:id:gleebear:20160914233314p:image

二人だけの練習が終わり帰る曜ですが、

完全に気落ちしてます。

 

それはそうですね。ついこの間転校してきた梨子と話している方が、今までずっと一緒だったはずの自分といるよりも楽しいことを見せつけられ、

その上、自ら進んで渡辺曜としてではなく梨子の代わりとして千歌の隣に立つことを決めてしまった。

 

 f:id:gleebear:20160914233551p:image

(これでよかったんだよね)

 

心の中でまで本心を言えないという…。

 

そこへ、

 f:id:gleebear:20160914233918p:image

これは…わしわし!

 f:id:gleebear:20160914235357p:image
©2013 プロジェクトラブライブ!
出典:U-NEXT

先代紫の十八番、わしわしの構え!

 f:id:gleebear:20160914235535p:image

これは果南に劣らぬ…などど言ってます。

やはり理想の乳は果南ぱいのようです。

f:id:gleebear:20160914235735p:image 

しかし、相手が悪かったです。見事な一本背負い

 

護身術も心得ている。

曜はどこまで優秀なのでしょうか。

今となってはその優秀さが仇となっていますが。

 

 f:id:gleebear:20160914235837p:image

「鞠莉ちゃん!?」

f:id:gleebear:20160914235905p:image 

上級生でしかも理事長をちゃん呼びはどうかと思いますが、

 

f:id:gleebear:20160915000222p:image

ここでアイキャッチです。

 

f:id:gleebear:20160915000415p:image

後半戦、鞠莉に千歌と上手くいってなかったことを指摘された曜。

 

f:id:gleebear:20160915000307p:image 

ここはびゅうおです。

 f:id:gleebear:20160915000334p:image

5話では善子との追いかけっこのゴール地点でした。

 

 f:id:gleebear:20160915000248p:image

尻をさする鞠莉。

自業自得ですが一本背負いのダメージは大きいようです。

 

「千歌と上手くいっていないと」いう指摘に、練習して上手くいったから大丈夫と返した曜ですが。

 

ダンスではなく、千歌を梨子に取られて

f:id:gleebear:20160915000549p:image 

嫉妬ファイア〜〜〜〜〜〜

なことだと鞠莉は話を核心に近づけます。

 

こういうことを言うということは鞠莉も嫉妬ファイア〜〜〜〜〜〜したことがあるんでしょう。

 

f:id:gleebear:20160915001221p:image

また誤魔化そうとする曜ですが、ここはぶっちゃけトークする場だからとそれを認めません。

 

f:id:gleebear:20160915004858p:image

千歌にも梨子に話せないだろうからと促され、

 

f:id:gleebear:20160915004923p:image

これまで溜めてきた想いを曜は語り始めました。

 f:id:gleebear:20160915004759p:image

昔から千歌と一緒に何かやりたいと思っていた

 f:id:gleebear:20160915004836p:image

しかし、中学生になり、水泳部に入った曜は千歌と一緒に何かをすることは叶わなかった。

 f:id:gleebear:20160915005330p:image

だから千歌が一緒にスクールアイドルをやりたいと言ってきた時は嬉かった。これで一緒に何かできると思った。

 f:id:gleebear:20160915005214p:image

しかし、梨子が入り、千歌と梨子が二人で歌を作るようになり、

f:id:gleebear:20160915005247p:image

メンバーも増え、

 f:id:gleebear:20160915005559p:image

もしかしたら、千歌は自分と二人きりは嫌だったのかもしれないと思うようになった。

 f:id:gleebear:20160915005628p:image

全然そんなことないのに、要領がいいと思われている自分と一緒にいることで千歌はやりにくかったのではないか。

 

ここ、太字の部分でちょっと指摘したいことがあるのですが、話の腰を折るのも嫌なので考察記事に持ち越します。

 

 曜の想いを聞いた鞠莉のアドバイスは

 f:id:gleebear:20160915005926p:image

一人で勝手に決めつけない!

f:id:gleebear:20160915010311p:image

ようはちかっちのことが大好きなのだから

本音でぶつかった方がいい。

 

ここ、「曜は」と「要は」がかかっているような気がするのはさて置き、

 鞠莉ならではの励まし方ですね。

「一人で勝手に決め付ける」「話すべきことを話さない」というのは鞠莉たちもやっていたことですから。

 

f:id:gleebear:20160915010557p:image

鞠莉のアドバイスを受け、千歌に本音をぶつける覚悟をした曜。

 

f:id:gleebear:20160915010346p:image

元気よく部室のドアを開けます。

 f:id:gleebear:20160915010703p:image

そんな曜を出迎えた千歌は

 f:id:gleebear:20160915010642p:image

シュシュを見せました。

シュシュで合ってますかね。腕につけてますが。

 

f:id:gleebear:20160915010818p:image

みんなにお礼として送ってくれたようです。

梨子ちゃんが!

 

色違いのお揃いです。

 f:id:gleebear:20160915010749p:image

1年生組の盛り上がりからもこのプレゼントの影響力がわかります。

 f:id:gleebear:20160915013426p:image

梨子もこれをつけて演奏する。離れていても心は一つ、粋な計らいです。

 f:id:gleebear:20160915013528p:image

もちろん曜のもあります。

 f:id:gleebear:20160915013600p:image

そのまま練習が始まり、曜が千歌に言えたのは「頑張ろうね」とだけでした。

 

覚悟をしてきた曜でしたが、

 

曜が悶々としていた同じ頃、梨子はメンバーのことを考えていた。

梨子のおかげでメンバーはより一層団結した。

たまたまそういうタイミングだっただけですが、そんな状況で本音をぶつけられるわけもないです。

 

f:id:gleebear:20160915013705p:image

ベランダで梨子からのシュシュを手に悩む曜。

 f:id:gleebear:20160915013731p:image

ここまで一度も出なかったのですが、曜は家では眼鏡らしいです。

 

鞠莉は「本音でぶつかった方がいい」と言っていましたが、

そもそも曜にはその本音が見えていないのです。

 

曜は本音を伝える自分を想像します。

 

シーン1

 f:id:gleebear:20160915013842p:image

壁ドン!

 f:id:gleebear:20160915013905p:image

千歌ちゃん、

 f:id:gleebear:20160915013956p:image

私と梨子ちゃんのどっちが大切なの?

 f:id:gleebear:20160915014027p:image

はっきりして!

 

梨子が喜びそうなシチュエーションです。

 

シーン2 

f:id:gleebear:20160915014137p:image

千歌ちゃん…

私のことあんまり…

 f:id:gleebear:20160915014307p:image

好きじゃないよね?

 

f:id:gleebear:20160915014216p:image

千歌には遠回しなのは伝わらないし、こうなるとは思いますが、

想像の中とはいえ、なかなか残念な評価をされています。

 

 シーン3

f:id:gleebear:20160915014620p:image

私、渡辺曜は千歌ちゃんのことが

 f:id:gleebear:20160915014740p:image

前速前進ヨーソロー!

 

とりあえずヨーソローと言っておけばなんとかなる。ネタに困った時のしゅかしゅーみたいです。

 

 f:id:gleebear:20160915015220p:image

そんなタイミングで着信

相手は梨子。これまた無断撮影っぽい着信画面

 

f:id:gleebear:20160915020419p:image

曜が自分の代役となったことを聞いて電話してきたようです。

f:id:gleebear:20160915020142p:image

自分のことは気にしないで千歌と曜のやりやすい形でやっていい、と梨子は言うものの

 

f:id:gleebear:20160915022147p:image

「でも…もう…」

何度も失敗した末に梨子の代わりをすることでうまく行かせた。

 

それを知ってかしらずか、無理に合わせたら駄目、曜には曜の動きがある、と梨子はアドバイスしましたが、

「….そうかな? 」

自分の動きでは千歌とぶつかってしまうことを嫌というほど味わった曜は無理にでも千歌と梨子の動きに合わせてなんとか形にしようとしたのです。

 

 f:id:gleebear:20160915024430p:image

「千歌ちゃんも絶対そう思ってる。」

 

「そんなこと…ないよ。」

  

f:id:gleebear:20160915024551p:image

曜の返答に驚く梨子。

 

 f:id:gleebear:20160915024230p:image

「千歌ちゃんの側には梨子ちゃんが一番あってると思う」

 f:id:gleebear:20160915030050p:image

「だって、千歌ちゃん、梨子ちゃんといると嬉しそうだし」

 f:id:gleebear:20160915044058p:image

「梨子ちゃんのために頑張るって…言ってるし。」

 

f:id:gleebear:20160915044610p:image

千歌が梨子に好意を向ける影で曜が何を考えていたか、 

f:id:gleebear:20160915044344p:image

少なくとも二人の間ではそれが伝わりました。

 

f:id:gleebear:20160915044412p:image

泣いていることに気づいて慌てて涙を拭う。

誰が見ているわけでもないのに涙を拭ってしまうのは、元気っ娘としての意地なのでしょう。

 

f:id:gleebear:20160915050032p:image

梨子は千歌が前話していたという、とある言葉を曜に伝えました。

 

それを聞いた曜に

 

「曜ちゃーん」

f:id:gleebear:20160915050202p:image 

曜は振り向きますが誰もいません。

 

気のせいだったのかと思いきや、

f:id:gleebear:20160915050138p:image 

「曜ちゃーーん」

 f:id:gleebear:20160915104120p:image

千歌が家の前まで来ていました。

 

千歌は曜と練習をしにきました。

f:id:gleebear:20160915091132p:image

曜が自分のステップで、千歌と梨子に合わせるのではない振り付けを、曜と千歌で一から二人で作り直すために。

 

 f:id:gleebear:20160915091153p:image

曜は急いで外へ

 f:id:gleebear:20160915091213p:image

梨子が伝えた千歌のとある言葉とは、

 

 f:id:gleebear:20160915091316p:image

あのね…千歌ちゃん、前話してたんだよ。

f:id:gleebear:20160915091420p:image 

曜ちゃんの誘い、いっつも断ってばかりで

 f:id:gleebear:20160915091507p:image

ずっとそれが気になっているって

 f:id:gleebear:20160915091613p:image

だからスクールアイドルは絶対一緒にやるんだって

 f:id:gleebear:20160915091742p:image

絶対曜ちゃんとやり遂げるって

 

曜が本音を言った相手は千歌ではなくて梨子、

千歌の本音は梨子によって曜に伝わった、

鞠莉のアドバイスとは違いましたが、これが今の2年にできる妥協点だったのだと思います。

 

そして、やはりここのシーンも気になるポイントがあるのですが、考察記事に。

 

f:id:gleebear:20160915091826p:image

家の前まで出てきた曜ですが、千歌の方を向くことはできません。

ついさっきまで泣いてたので。

 

 f:id:gleebear:20160915092027p:image

後ろ向きに千歌に近づいて

f:id:gleebear:20160915092146p:image

 千歌に触れます。

 f:id:gleebear:20160915091938p:image

千歌は汗びっしょりでした。

 f:id:gleebear:20160915091909p:image

バスもなく、姉に送ってもらうこともできなかった千歌は自転車でここまで来ました。

f:id:gleebear:20160915102748p:image 

曜がずっと気にしていたからいてもたってもいられなくなったと言う千歌は

 f:id:gleebear:20160915102815p:image

ファーストライブで千歌を励ましたみとねーがそうだったように、いつも通りの千歌でした。

 

f:id:gleebear:20160915103014p:image

「私…バカだ」

 f:id:gleebear:20160915103027p:image

「バカ曜だ」

 

バカ千歌、と対応させて考えるなら、

「千歌は自分ではなくて梨子のことが大切なんだ」「梨子の代わりをしないと千歌とは上手くやれない」という勘違いに対してなのでしょう。

f:id:gleebear:20160915015022p:image 

千歌に抱きつく曜。梨子にもらったシュシュをちゃんと付けています。

 

そして、ピアノコンクール&ラブライブ!予備予選当日

 f:id:gleebear:20160915103120p:image

舞台袖にいるAqours8人

 f:id:gleebear:20160915103254p:image

f:id:gleebear:20160915103311p:image

腕には梨子とおそろいのシュシュ

 

 f:id:gleebear:20160915125814p:image

「さあ、行こう。ラブライブ!に向けて」

 f:id:gleebear:20160915125831p:image

「私たちの第一歩に向けて」

 f:id:gleebear:20160915125940p:image

f:id:gleebear:20160915130135p:image

「今、全力で輝こう」

f:id:gleebear:20160915130206p:image

Aqours…」

 f:id:gleebear:20160915130415p:image

 f:id:gleebear:20160915122753p:image

‼︎」

 

もはや恒例となった掛け声ですね。

 f:id:gleebear:20160915122822p:image

梨子もやってます。

 

f:id:gleebear:20160915103425p:image

f:id:gleebear:20160915103534p:image

f:id:gleebear:20160915103450p:image

場所は離れていますが一緒にステージに向かう9人

 

梨子と曜は千歌にとってのスクールアイドルとは何かについて話します。

f:id:gleebear:20160915130835p:image 

どうして千歌がスクールアイドルを始めようと思ったのか、スクールアイドルでなければ駄目だったのか

 f:id:gleebear:20160915130853p:image

千歌にとって「輝く」ということは自分ひとりではなく、誰かと手を取り合いみんなで一緒に輝くこと

 f:id:gleebear:20160915130955p:image

普通のみんなが集まって、ひとりではとても作れない大きな輝きを作る

 f:id:gleebear:20160915131027p:image

その輝きが学校や聴いている人に広がっていく

 f:id:gleebear:20160915151731p:image

つながっていく

 f:id:gleebear:20160915151741p:image

それが千歌のやりたかったこと、スクールアイドルの中に見つけた輝き

 

f:id:gleebear:20160915092333p:image

梨子のピアノ演奏開始とともに、

 

Aqoursの予備予選曲

ステージの8人と梨子でともに演奏する

f:id:gleebear:20160914072601p:image

f:id:gleebear:20160914072608p:image

『想いよひとつになれ』です。

 

今回もまた記事がひとつ増えました。

 

演奏が終了し、

 f:id:gleebear:20160915122427p:image

梨子ママの涙と

 f:id:gleebear:20160915122447p:image

f:id:gleebear:20160915122458p:image

おそろいのシュシュをつけた9人で

 

第11話『友情ヨーソロー』終了です。

 

ここまでまるで完璧超人のような扱いだった曜の抱える悩みが描かれました。

解決はしていませんが、それは2期ありきの構成なのでしょう。というか、曜以外についても本当に問題が解決しているメンバーはまだいないので。

今回は3人ではなく、2人ずつの関係が主軸でした。2期ではこれが3人で一つの関係として描かれていくのでしょう。

 

次回、第12話『はばたきのとき』f:id:gleebear:20160914072027p:image

f:id:gleebear:20160914072036p:image

f:id:gleebear:20160914072049p:image

f:id:gleebear:20160915092713p:image

サブタイトルからも映像からも話が読めないです。

13話まであるだろうことを考えると、最終話への準備になりそうですが、どんな話になるのやら。果南の顔から不穏な空気が漂ってます。

 

この記事内の画像については、個別に表記していないものはすべて
©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
出典:U-NEXT
となっています。