読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【考察記事】ラブライブ!サンシャイン‼︎ 第12話「はばたきのとき」

ラブライブ!サンシャイン‼︎第12話「はばたきのとき」考察記事です。

これはすでに視聴済みであることを前提に、その話で気になったことを妄想をまじえながら、書いていくという記事です。

感想については別記事で用意してますのでライトな記事をご所望であればそちらへ

【感想記事】ラブライブ!サンシャイン‼︎ 第12話「はばたきのとき」 - 音ノ木坂&浦の星 非公式研究室

 

・曜に起こった変化

12話では曜の心境の変化ととれるシーンがありました。

f:id:gleebear:20160923204734p:image

まずは「9人で全員揃ってラブライブ!に」発言です。

 

11話にて曜はその胸の内を少しだけ明かしました。

曜は千歌と一緒に何かに一生懸命になりたかったのが加入の理由であり、千歌が自分以外と仲良くなるにつれて、千歌は自分と一緒にいたくないのかもしれないと思うようになっていました。

 

曜にとってはAqoursは千歌と一緒にいるための場所であり、曜自身の性質から他のメンバーと仲良くなることはあっても、まずは千歌ありきであり、曜にとってのスクールアイドルのやりがいは「千歌」だったのです。

裏を返せば、曜はスクールアイドルがやりたいわけではなかった。もちろん、曜の性格からしてスクールアイドルにも手は抜いていないはずですが、「ラブライブ!に優勝する」ことも「廃校を阻止する」ことも「スクールアイドルとして輝く」ことも千歌が目指すから曜も目指していたのです。

 

曜にとってはスクールアイドルは目的ではなくて千歌と一緒にいるための手段だったわけです。そんな曜が「9人全員」で「ラブライブ!に出る」ことを望むというのは一つの変化でしょう。

 

さらに、今回はもう一つ曜の変化を表していると思われるシーンがありました。

f:id:gleebear:20160923202301p:image

ここです。新しい円陣のアイディアを提案するのに「みんなで繋いで」と言っていたのはもちろん、ここのセリフ「ゼロから〜」を表すのに指を閉じていないのです。

閉じた円であるゼロをわざわざこのような形で表す。

多少こじつけかもしれないのですが、曜の中では指が二つでは閉じられない関係が生まれつつあるのではないでしょうか。

 

とはいえ、これをもって曜の問題が解決したとは言えないでしょう。なぜなら曜の問題は「曜が器用に立ち回れるようで、千歌に対しては不器用である」こと、「曜の不器用さを千歌が知らないであろう」こと、さらに「曜自身は自分が器用に思われることを良しとしない」ことであり、これらは何ひとつ解決していないのです。

 

・羽根について

今回の注目シーンといえば

f:id:gleebear:20160924025813p:image

千歌が羽根を受け取ったシーンでしょう。

 

このシーンをμ'sからのバトンとすると千歌は真の意味でμ'sの後継者になったと言えます。

私自身この解釈は好きです。

ただ、この解釈をするときに一つ気がかりなのが、

f:id:gleebear:20160924030756p:image

©2013 プロジェクトラブライブ!
出典:U-NEXT

そのμ'sもまた羽根を受け取っているわけで、μ'sの受け取った羽根は何なのか?

ということです。

 

μ'sもまた先人から羽根を受け取っている、と説明もつきますし、誤解のないように書きますと、私は千歌はμ'sから羽根を受け取ったという解釈を否定したいわけではありません。

というか、私自身1話の羽根が出たシーンで「μ'sからの〜」と書いています。

 

ただ、今回の話を踏まえると羽根をμ'sからのバトンとしても良いものかどうかとも思います。

μ'sは「気持ちがつながっていればそれでいい」と後世に何も残さなかったことがわかりました。

μ'sに縛られずに自分たちの道は自分たちで決めてほしいというのがμ'sの意思ならば、そのμ's自身が羽根を落とすという形で後世に影響を与えようとするだろうか。

 

もしかしたらμ'sが受け取った羽根と千歌が受け取った羽根は同じものなのではないかと考えて以下の説を書きます。

 

・μ'sと千歌の羽根は同じもの

羽根はμ'sからのバトン以外の解釈ができるのではないか。世のメジャーとなっている「羽根=μ'sからの贈り物」に一石を投じるべくこれを書きます。

 

例えば1話のこのシーン、

f:id:gleebear:20160920124249p:image

千歌も梨子も羽根に気づきませんでした。

f:id:gleebear:20160920124330p:image

ちなみにこの羽根は

千歌の周囲を回るかの動きをした後

 f:id:gleebear:20160923205205p:image

梨子の音ノ木坂制服に着地しました。

 

1話の時点ではこれをμ'sからのバトンと考えましたが、

ここでμ'sからのバトンが不完全な形であれ梨子に渡されるという以外にも解釈があるのではないでしょうか。

 

「羽根は輝きを放つものに引かれて現れ、自分の輝きに気づいたものはその羽根を手に取ることができる。羽根の登場は輝きの発現を、羽根の入手は輝きの自覚を表す。」これが私のもう一つの羽根の解釈です。

 

μ'sの方でもそれは適用されていたのではないでしょうか。
すでに1期で自らの問題と向き合ったメンバーもいましたが、2期になって問題と向き合ったにこや凛や希は個人回で自らの輝きに気づいたのです。
(ただし、2期で個人回がなかったメンバーについてはなぜその話で羽根を受け取ったのかが上手く説明できないのも事実です。ハロウィン回は真姫よりことりの方が…などなどもっと良い順番もありました)

 

 

サンシャイン!1話では千歌と梨子のどちらか、もしくは両方が輝きを放ったために羽根が現れたが、まだ自分の輝きに気づいていなかった二人はμ'sが取れた羽根を取れないばかりか、気付くことすらできなかった。

羽根は千歌に近づこうとするが近づけず、あの場でもっとも羽根を引き寄せる梨子の音ノ木坂の制服に落ちた。

こういうことではないでしょうか。

なぜ、音ノ木坂制服に落ちたのかは次で書きます。

 

・千歌と梨子の輝き

千歌と梨子があの場面で輝きを放ったと書きましたが、そもそも千歌と梨子の輝きは何なのでしょうか。

 

輝きは一人一人ちがうのだと思います。

 

千歌にとっては「自分に胸を張ること」が輝く条件ではないかと思います。

1話では自分に胸を張るどころか「普通」という低評価を当たり前のように自分に対してしていました。

しかし、あの一瞬に限れば「私も輝きたい!」と言い切ったのです。μ'sのいる場所に自分も行けるかもしれないと思ったのです。

 

一方、梨子の輝きは「過去と今と未来を結ぶこと」なのだと思います。

ピアノの才能を評価され、自作の曲を披露するほどであったが、ピアノを弾けなくなった過去の梨子

浦ノ星で千歌と出会い、Aqoursの一員としてスクールアイドルをする現在の梨子

ピアノを弾けるようになったことでピアニストとして活躍するであろう未来の梨子

これらはまだつながっていない、というより梨子の中では過去の自分と今の自分が対極にあるのではないかと思います。だからスクールアイドル(現在)とピアノ(過去)がどちらか片方だけのものになっていました。

1話のあのシーンでは梨子が音ノ木坂から転校してきたことを千歌に言ったことでわずかではあるけれど過去の梨子と現在の梨子に接点ができたのだと思います。

 

しかし、千歌にしても梨子にしても輝きは瞬間的なものであり羽根は認識されなかった。

そして落ちた先は梨子の音ノ木坂制服。

それは過去の梨子と今の梨子をつなぐものであり、梨子の輝きのためには欠かせないアイテムでした。

 

・他のメンバーの輝き

今後、他のメンバーにも羽根が舞い降りる機会があると仮定して、その時にどんな輝きを放っているか。

 ちょっと予想してみます。

◯曜

不器用な自分を素直に見せ、それでも受け入れられることを知る。

 

◯ダイヤ

ルビィや生徒会のやるべきことまで引き受けてしまう、責任感からの解放。誰かに頼ることができるようになる。

 

◯ルビィ

黒澤家の娘としての責任を姉に押し付けている現状に気づき、姉を助けられる自分を目指す。

 

◯花丸

スクールアイドルを通じて「無理して合わせても辛いだけ」と閉じこもっていた自分の世界から抜け出す。

 

◯善子

堕天使ヨハネを生み出した原因(作中では明かされていない)を堕天使ヨハネを好きなまま善子自身が乗り越える。

 

◯鞠莉

浦ノ星に戻るために放り出した留学問題の決着、この先どうするかに答えを出す。

 

◯果南

小原家である鞠莉はこのまま一生内浦にいるべきなのか。鞠莉が内浦に戻ってきた一番の理由である果南が鞠莉とともに決める。

 

・振り向くのがワンテンポ遅れる鞠莉

鞠莉は

f:id:gleebear:20160924112159p:image

f:id:gleebear:20160924112455p:image

f:id:gleebear:20160924112542p:image

 こんな感じで毎回振り向くのがワンテンポ遅いんですよね。特に視界の外でなにかあった時に。

もしかして耳が…というのはさすがに考えすぎですね。

 

・「輝きたい」と「ゼロをイチにしたい」へ

千歌の目指すものは今まで「輝きたい」でしたが、「ゼロをイチにしたい」が追加されました。

「輝きたい」は千歌個人がどうなりたいか、「ゼロをイチにしたい」はAqoursをどうしたいかであり、2期では千歌個人の目標とAqoursの目標の2つで話を展開していくのでしょう。

 

・SaintSnowの考え方

μ'sと自分たちの違いを探すAqoursに対して、同じところまで行かなければ違いはわからないだから今は上を目指すと言ったSaintSnow。

ストーリーの進行上、Aqoursの方がラブライブ!サンシャイン‼︎における正解のようになってしまいますが、SaintSnowの考え方も一つの正解だとおもいます。

SaintSnowはA-RISEに憧れてスクールアイドルを始めているので実力をつけることが憧れに近づく第一歩なのです。

 

A-RISEはμ'sに負けはしましたが、μ'sの活動期間を通じて王者であり続けました。というより、μ'sの勝利は、

・希の要望を聞いた時にたまたま雪が降ってきたことで歌詞が決まり新曲を短期間で作成できた

・その曲が雪をモチーフにしたものであり、たまたま地区予選の日に雪が降っていた

というものであり、言ってみれば僅差をラッキーパンチで埋めたようなもので、既存曲を晴れた日に行えばA-RISEが勝っていた可能性は充分にあるわけです。

 

μ'sは普通の高校生(ということにしておきます)が全力で輝こうとするのに対して、A-RISEはエリートが集まる学校のそのまたさらにエリートの集団です。

そんなA-RISEに憧れるSaintSnowもまた「エリート」を目指すのは無理もない話で、

目指すべき場所ややるべきことを模索して立ち止まる時間があるのならその時間でとりあえずでも進むほうが現実的であり、

高みにいるものの景色は低いところからあれこれ語るよりも同じ高さに登ったほうがわかるのも事実であり、

想いや運命の力で夢を背負って輝いたμ's寄りのAqoursとは方向性が違うのもまた必然で、一概にSaintSnowは間違いとはいえないのです。

ただ、幾つかの誤解というか、思い込みであらぬ方向に進んでいるのは事実であり、そこをどう方向転換するかですね。

A-RISEだってただ勝ちたかったわけではないのです。歌うのが好きで、お客さんを楽しませてもっと大きな世界に羽ばたきたくて、そのために強くあろうとしたのがA-RISEだったはずです。

 

・剥がされたポスター

「μ'sを追うのではなく、μ'sのように走る」ことを決めた千歌はμ'sのポスターを剥がしました。千歌の部屋が出るたびにしつこいくらい出てきたμ'sのポスターは剥がされることで最大の役目を果たしました。

 

今まで悩みがあると見上げてきたμ'sのポスターはμ'sよりも下に自分たちがいるというイメージの象徴であり、μ'sを追い続ける千歌にとっては目の見えるところにμ'sがいることが走り続けるための力となっていました。

だから、ポスターがある限り千歌はμ'sを追ってしまうのだと思います。μ'sを追わないと決めたからには今まで支えてくれたポスターが逆に邪魔になってしまう。

 

どことなく、スクールアイドルにおけるμ'sの立ち位置に似ています。「存在することでスクールアイドルの成長を邪魔してしまうなら」と自らの活動を終わりにしたことで最後にして最大の役割を果たしたμ's、「決意が鈍ってしまうから」と剥がされたことで千歌の決意をより強くしたポスター。

 

さて、μ'sポスターですが、2期のラストあたりにもう一回くらい出番があるのではないかなと思います。あくまでも予感がする程度ですが。

 

μ'sを受け継いだ千歌とAqours

上の方で羽根に関してμ'sからのバトンではないかもしれないと書きましたが、千歌がμ'sの思いを受け継いだのは確かだと思います。

 

劇場版でのμ'sの答えは後に託すことでした。μ'sやA-RISEという一部ではなく、スクールアイドルみんなが凄いのだ。スクールアイドルは限られた時間を互いに手を取り合って全力で駆け抜ける。その姿そのものに価値があるのだ。

だから、μ'sやA-RISEに頼らなくても一つ一つのグループがスクールアイドルという存在を支えることができる。

 

それが穂乃果をはじめとするμ'sが出した答えであり、評価されたμ'sがμ'sの理想とするスクールアイドルの姿を歪めないために音ノ木坂に何も残さなかった。

 

Aqoursは何かと比べるでもなく、ただ全力で手を取り合って駆け抜ければいい。AqoursAqoursの景色を探せばいい。

千歌はμ'sのコピーでないAqoursの姿にたどり着きました。

 

アニメ前の一人一人についての記事で千歌は憧れの先に行けるのかと書きましたが、

 【アニメ前考察】高海千歌 〜憧れの先にあるものは?〜 - 音ノ木坂&浦の星 非公式研究室

立派に憧れの先に行ってしまいました。1期でここまでやるということは2期では千歌の「普通」コンプレックスが焦点となるのでしょうか。

 

・最終話どうなるのか

12話で綺麗にまとまっているのでここで何をするか、2期にどうつなげるか。ここまで来てこれといった予想ができない。

2期で取り組むべき大きな問題が出て、私たちのラブライブ!はこれからだ!→新曲!

くらいが妥当でしょうか。

廃校問題がいきなり解決!とかはしてほしくないです。

 

では、最終話まであと…6時間。

 

この記事内の画像については、個別に表記していないものはすべて
©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
出典:U-NEXT
となっています。